バルミューダ加湿器Rain。新しさに値段をつける。

その新しさに惚れて、バルミューダの加湿器Rainを発売後即買いました。
新しさに値段をつけるのはアリだと思っています。
バルミューダ Rain
※自宅にて iPhone X

値段をどう決めるか

ひとりしごとでは、値段を決めるのも仕事です。
自分が提供するモノ、サービスの値段を決めなければいけません。

高すぎると誰にも買われないでしょうし、安すぎると自分がつらくなります。
そのいいバランスを見出すのはかんたんではなく、自分がずっと考えるべきものです。

値段を決めるには、
・原価から考える
・相場から考える
・かかった時間から考える
などといった方法がありますが、1つの方法として、新しさもあります。

「他にはない」という新しさは値段を決める要因です。

かっこいいバルミューダの加湿器Rain

新しさといえば、バルミューダ。
扇風機、トースターなどを新しさを打ち出し、加湿器もあります。

加湿器、Rainを発売当初に買ってみました。
その新しさに惚れたからです。
見た目はこんな感じ。
IMG 1396

従来の加湿器とは明らかに違います。
大きいといえば大きいのですが、従来の加湿器(加湿空気清浄機)と比べるとそれほど変わりません。
IMG 1399

表記は有機ELでかっこよく、新しさを感じさせます。
モビルスーツのコックピットっぽいですし。
IMG 1389

この部分を回すと、設定を変更できたり、目標湿度、風量を変えたりできます。
IMG 1390

給水方法も新しく、なんと直接給水できるのです。
やかんで。
(やかんでないと、水がこぼれる可能性があります)
IMG 1395

従来の加湿器はタンクを外して、それをキッチンか洗面所に持っていき、水を入れて持ってきます。
それと比べると、重くなく、かつ、多くの水(4.2リットル)を一度に給水できるので楽です。

そして、Wi-Fi対応。
スマホアプリがあり、外出先からの操作もできます。

IMG 1391

IMG 1392

加湿能力は、スペック上は17畳。
我が家の場合、11畳のリビングに加え、3畳のキッチンがつながっているので、実質14畳と考えても、十分加湿されています。

・見た目
・給水
・Wi-Fi
という新しさと性能を兼ね備えた加湿器です。

新しいもの好きの娘(10ヶ月)も気に入っています。
EX IT

新しさに値段をつける

このバルミューダのRain、最大の欠点は、値段。
定価49,680円(税込)です。

標準的な加湿器で同等の加湿能力がある機種だと、2万円前後。

Rainは、利便性やデザイン、性能、省エネといった特徴があるとして高いのは高いです。
新しさに価値を見出すかどうかでしょう。
実際、置いているとおしゃれで気に入っています。

そもそも私が新しいものに飛びつくイノベーターということもあるのですが。
新商品を購入する層は、
・イノベーター 2.5%
・アーリーアダプター 13.5%
・アーリーマジョリティ 34%
・レイトマジョリティ 34%
・ラガード 16%
といわれています。
(私が買ったRainは2代目なので、Rainについてはアーリーアダプターかもしれませんが)

どの層がいいというわけではなく、イノベーターやアーリーアダプターならでは損失もあります。

新しさに価値を感じ、高くても買うという層があるというわけです。
実際、このRainは、今(2018年1月11日)、手に入りにくくなっています。
Amazonはプレミア価格(20万)なので買わないようにしましょう。
ヨドバシ、ビックなどは完売扱いです。

公式サイトは、3月上旬の発送。
https://www.balmuda.com/jp/rain/

楽天で、2月中旬かつ定価のところがあります。

高くても売れるという理由の1つは、新しさでしょう。
自分が値段をつけるときに、この新しさを意識しています。

「新しいもの、他と違うものを提供しようとしても、少人数しか買ってくれない」と思いがちですし、現にイノベーターやアーリーアダプターーの割合は少ないものです。
ただ、少なくて問題ありません。

ひとりしごとで、大多数に買っていただくことは難しく、できたとしても安くしないと難しいでしょう。
それならば、新しさに値段をつけて、イノベーターやアーリーアダプターにご利用いただくというのも1つの方法です。

売上=単価×数 なのですから、「高い×少なく」でも「低い」×「多く」でも問題ありません。
たくさん売ろうとすると、大手や中小との戦いになります。

Rainの例で言えば、もし性能がいいから49,680円という値段がついていたらそれほど売れなかったでしょうし、私も買っていません。
新しさに価値があるわけです。

私自身、「他にはない」「新しさ」ということも考えて、値段をつけています。

新しさを出すには、
・古きものを研究する
・自分が「新しい」を体験する

・たくさん売れなくてもいいとい割り切る
といったことをやってみましょう。

 

 


【編集後記】

昨日は、タスク×時間管理セミナーを開催。
お伝えする手法は、効果はあるのですが、現実を突きつけられるのでつらいことも。
時間もお金も現実を見ないと使い方がうまくならないので、やむを得ません。
ぜひ続けていただければと思います。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

目黒の会議室
ファミマのホットコーヒー
南紀白浜トライアスロン申込

【昨日の娘日記】

財布が好きで、見つけると突進してカードやお札といった中身を出してしまいます。
どういったものかはわかっていないのでしょうが、取り出すのが楽しんでしょうね。

Spread the love