現金を使わないのは時間をつくるため。現金を使わないようにするには。

現金を使わない主義で、ほとんど使いません。
その理由の1つは、時間をつくるため、時短です。
IMG 4498
※肉フェスにて iPhone X

現金を使わないと得する?

現金を使わないようにしています。
その理由として、お金面のメリットがあるのも事実です。
クレジットカードで払えば、ポイントやマイルが貯まりますし、Suicaで払ってもポイントがたまりSuicaと交換できるしくみがありますし、交通費をSuicaで払うと運賃が多少割引されます。
Suica専用改札はいい流れです。

先日行った肉フェス(お台場)では、なんと、ID(ドコモの決済サービス)を使うと、並ばずにすむファストチケットがありました。
感激です。
こういった行列があっても、IDの列はガラガラ。
意外と普及していないのかもしれません。
この肉フェスではカード、Suica決済のみ。現金決済をする場合は、入り口近くのチケット売り場で事前にチケットを買わなければいけません。
Suica決済するならこの列に直接並べます。
(この日は初日金曜日の夕方。後日、5/6の昼頃の大行列でもファストレーンですいすい買えました)
IMG 4498

ドコモの決済サービスですがドコモで契約してなくても使え、私はAppleWatchで使っています。

ただ、現金を使わないからと行って必ずしも得をするわけではありません。
カード払いの手数料が高いため、現金のほうが安い、現金のほうがポイントが高い場合もあります。
近所のスーパーは、現金払いだと3%引きというシステムです。
EX IT

現金を使わないメリットは時間

この現金払いで3%引きだとしても、私はこのカードを使っていません。
現金で払うと、手間がかかるからです。
現金を使わなければこういった手間がなくなり、時間をつくれます。

現金支払時の手間をなくして時間をつくれる

現金で支払うときに、財布から紙幣や硬貨を出さなければいけませんし、おつりも受け取らなければいけません。
(釣りはいらんといえばいいのでしょうが)
現金でなければその手間がなくなります。
(カードのサインの手間はありますが。だからこそSuicaがメインです)

なお、現金も毎朝200円(100円が2枚)にし、あとは、箱に入れておくようにしています。
現金で支払うときも200円しか入っていないので、迷わなくてすむからです。
時間をお互い使うのが嫌なので、200円じゃないとき(その日に複数回現金で支払わざるを得ない場合)も、店員さんが受け取る体制に入ったらもう時間切れで、紙幣を出します。
「あ、1円あるかも」とゴソゴソ
「ちょっと待って」と硬貨を数えて「あ、やっぱりないや」と結局紙幣
数えるのに時間がかかる
などといったことはやらない主義です。
これは、昔店員としてバイト(ベーグル屋)をやっていたときにも感じたことで、こういったやりとりの時間を世の中からなくせば、結構大きいのでは?と思っています。

現金記録時の手間をなくして時間をつくれる

レシートを必ずもらうので、現金で払っても記録は残るのですが、経理や家計簿のときに現金残高を合わせる必要があります。
毎日やることなので、毎日現金を数えると手間です。
まとめてやったら、絶対に合わないでしょう。

現金準備時の手間をなくして時間をつくれる

さらには現金を準備する(引き出す)という手間もあるはずです。
ATMに並ぶなんて、絶対にしたくありません。
どうしてものときは、平日のすいている時間にすいている場所に行きます。


■スポンサードリンク

現金受け取り時の手間をなくして時間をつくれる

一方、現金で受け取ることもしません。
売上は、すべて振込又はクレジットカード決済でお願いしています。
現金で受けとるとレシート又は領収書を絶対に出さなければいけなくなり、おつりの準備も必要です。
セミナーやイベントでも一切現金受取はしません。
カードでの決済は、受け取る側が4%ほどの手数料を負担します。
それでも、手間を減らし時間をお互いつくるために、その手数料は甘んじて支払う主義です。
4%の手数料ではなく、粗利96%と考えています。


■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール

自分が払うときはカードがよくて、自分が受け取るときはカードは嫌だ
なんてことはやりたくありません。

現金を使わないようにするには

現金を使わないようにすれば、時間もつくれます。
そのためには工夫も必要です。

Suica(交通系ICカードを使う)

Suicaが使える店ならSuicaを使います。
チャージはSuica系でマイルがたまるカード、使ったときにもSuicaのポイントがつくのでお得です。
Suicaはオートチャージ。
チャージの時間ももったいないですし、残高不足になるのも時間を費やしてしまいます。
ただ、オートチャージが改札を通らないといけないので、地方に行ったときは、スマホでチャージしたほうがいいでしょう。
AppleWatchとiPhone Xの両方でSuicaを使えるようにしているので、いざというときに便利です。

どんな決済手段ができるかは、住んでいる地域にもよります。
沖縄だとSuicaがほとんど使えず、Edyが必須でしょうね。

クレジットカードを使う

Suicaが使えないなら、カードを使える店ならクレジットカードを使います。

IDを使う

Suica、クレジットカードが使えなくてもIDが使える店が近所に多いので、IDを使っています。
バスもIDのみのものがあり、カフェもIDのみのところがあります。

デビットカードを使う

銀行のキャッシュカードはデビットカードとして使える場合が多いです。
デビットカードだと、その場で預金口座から引き落します。
お互いにとってメリットがあるのです。
現金払いでないと、ポイント還元率が下がることもありますので、そういったときはデビットカードです。
ヤマダ電機でモノを買うときによく使っています。

現金のみの店に行かない

現金のみの店には行かないという選択もあるでしょう。
私は、それほど魅力がなければ現金のみの店よりもカード、Suicaが使える店を選びます。
自宅から最も近いカフェは、現金のみ、しかも378円、しかもレシート出さない、しかも対応悪しで行かなくなりました。
Googleマップでも、「現金のみ」という表示がされることもあります。
現金のみの場合は、売上を逃す可能性もあるということです。

さらにはセルフレジやスマホレジを体験すると、レジがある店がめんどくくさくなっています……。

「カード手数料のことがあるから、現金で払いたい」
と思いもあるので、行きつけのトライアスロンショップや整体は現金出払っています。
これは効率化とは別の話です。

経理、家計簿の習慣を身につける

「支払った感覚がなくなるのから現金を使う」という考えもあるかもしれません。
たしかにカードやSuicaで払っていたら、なんとなくお金を使ってしまいがちです。
だからこそ記録しましょう。
経理や家計簿の習慣、とくに翌日に記録すると、いくら使ったかを把握でき、1ヶ月、1年といった期間でもチェックできます。
記録することを考えれば、記録が残る現金以外のほうが時短につながります。
「現金を合わせなければいけない」「現金だと手間がかかる」という感覚と、記録をしているかどうかの相関関係はありそうです。

現金をなくしたいという方は、参考にしていただければ。


【編集後記】

夕方にランとスイム。
スイムはタイムが上がり、50m60秒をキープ。
ちょっと前までは、62秒だったのでちょっと前進です。
私にしては。
来週、横浜トライアスロン、再来週、南紀白浜トライアスロンと、楽しみです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」
娘のカット
家族3人で代官山
ステッドラー ペンケース

【昨日の娘日記】
昨日は、初のカット。
前髪がのびてきてたので、夫婦行きつけの美容院で切ってもらいました。
切っているときは意外とおとなしく。
その前後は歩き回って、美容院のわんこを追いかけ回してましたが。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』