カメラを選んだ理由 FUJIFILM X-Pro3編 | ファインダー・見えない液晶・写真の色が魅力!

カメラを選ぶ基準をまとめてみました。
今回は、FUJIFILM X-Pro3です。

※FUJIFILM X-Pro3 by Leica M10 50mmF1.4

FUJIFILMを選ぶ理由

FUJIFILM X-Pro3を買った理由のⅠつは、
・FUJIFILMのカメラを使いたい
というもの。

FUJIFILMは、フィルムメーカー。
その独特の色味は、魅力がありました。
私が、淡い色調が好きということもあります。

そのFUJIFILMのカメラには、フィルムシミュレーションという機能があり、写真にフィルムのような効果を加えることができるのです。
その1つ、「クラシックネガ」は使ってみたいなと。

こういう色です。

FUJIFILMは、APS-Cのカメラ。
フルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズという種類があり、そのうちAPS-Cは持っていませんでした。
ネタ、興味のためにも、これはそろえねばと。
Sony、Nikon、CanonもAPS-Cのカメラはありますが、どちらかというと軸はフルサイズ。
APS-Cに注力しているFUJIFILMを選びました。

また、手術・入院のごほうびの意味合いも。
入院中に仕事を楽しむためのIT Ver.2021
手術・入院前にも、何か届いた気もしますが、まあ気のせいでしょう。

そして、FUJIFILMのカメラですばらしい写真をアップする友人のInstagram。
「FUJIへおいでよ」といつも呼ばれている気がしたのも、買った理由の1つです。
https://www.instagram.com/s_ishida_1976/


FUJIFILMを買うと決めましたが、どの機種を買うか、最後の最後まで悩みました。
いや、決まっていたといえば決まっていたのですが。

悩みまくるFUJIFILMのラインナップ

FUJIFILMの主なラインナップで私が検討したのは、2021年10月現在、次のとおりです。
T30Ⅱは2021年11月発売。
X-Pro2は、1つ古いものですが、検討に入れました。
似たような……と表現したら怒られるかもしれませんが、一長一短でうまいラインナップともいえます。

E4S10T30T30ⅡT4X-Pro3X-Pro2
実勢価格10万円11万円8万円17万円18万円10万円
重さ364g465g383g378g607g497g495g
センサーCMOS4CMOS4CMOS4CMOS4CMOS4CMOS4CMOSⅢ
ファインダー有機EL有機EL有機EL有機EL有機ELハイブリッドハイブリッド
EVF大きさ0.39型0.39型0.39型0.39型0.5型0.5型0.48型
EVFドット236万236万236万236万369万369万236万
EVF倍率0.62倍0.62倍0.62倍0.62倍0.75倍0.66倍0.59倍
液晶解像度162万104万104万162万162万162万162万
液晶可動チルトバリアングルチルトチルトバリアングルチルト
液晶位置通常通常通常通常通常内蔵通常
手ブレ補正なしなしなしなしありなしなし
防塵・防滴なしなしなしなしありありあり
フィルムシミュレーション18181618181715
形状クラシックNEWクラシッククラシッククラシッククラシッククラシック
グリップなし

私の選択基準は、
・ファインダーが見やすい
・軽いほうがいいけど多少は許容(1kgのカメラ使っていますし)
・安いほうがいいけど多少は許容(下取り交換に出したカメラが20万円ほどなので、それ以内)
・手ブレ補正はあったほうがいいけど、なくてもいい
・防塵防滴は欲しいけど、なくてもいい(欲しいレンズが防塵防滴ではないので)
・フィルムシミュレーションは18種類ほしいけど、ないものがあってもしかたない
というものでした。

形状のクラシックとNEWというのは、ダイヤルで操作できるかどうか。
ダイヤルの操作性のほうが私は好みです。
メニューで選択だと手間もかかるので。

普通に考えたら、
・画質は上位機種と同じ、お手頃、軽くて小さいE4、T30。特にE4はかっこいい。T30Ⅱまでは待てない。
・お手頃、手ブレ補正あり、グリップが大きくて持ちやすい、フィルムシミュレーション18種類のS10
・手ブレ補正あり、防塵防滴、ファインダーが見やすい、意外と安い、フィルムシミュレーション18種類のT4
のいずれかでしょう。

T4のファインダーは、かなり見やすいです。
性能もいいですし。
ファインダーは、236万ドットと369万ドットの差はそれなりに感じます。
倍率も大事で、T4は、0.75倍で見やすいです。

私が持っている中で、ファインダーがもっと見やすいPanasonic S1は、576万ドット、0.78倍。
倍率はこれに迫ります。

ただ、そのファインダーでいうと、圧倒的に気になるものがあったのです。
それがX-Pro3。
X-Pro3のファインダーは、アドバンスドハイブリッドファインダーといい、2種類のファインダーを使い分けることができます。
ファインダー好きの私としては見逃せません。
(Leica M10もファインダーで選びました)

2種類のファインダーとは、
・ミラーレス一眼の通常のファインダーであるEVF(Electronic View Finder=電子式ファインダー)
・一眼レフに搭載されているOVF(Optical View Finder =光学式ファインダー)
です。

EVFは、
・暗いところでも見やすい
・ボケや明るさなどが反映される
という特徴があり、
OVFは、
・実際に目にする光景と同じものを見ることができる
という特徴があります。

OVFだと、このように、向こう側が見えるのです。

イメージとして、EVFではこのように見え、このとおりに写真となり、

OVFでは、このように見え、白い枠(焦点距離により大きさが変わる)が写真となります。
ボケや明るさは撮った後じゃないとわかりません。
自分の視界を切り取るという感覚は、EVFにはないものです。

 

さらに、X-Pro3は、もう1つとんがっています。
通常、カメラの背面には液晶があり、その液晶を見ながらシャッターを切ることができますし、撮った写真を確認することもできます。
X-Pro3には、液晶がありますが、そこに表示されるのは、選んだフィルムシミュレーションのみ(他のデータにもできます)。
このままでは、液晶を見てシャッターを切ることも、撮った写真を確認することもできません。

 

このように開くと、通常の液晶が出てきて、これを見ながらシャッターを切ったり、撮影した写真を確認できます。
ただ、せっかく2つのファインダーがあるのに、ここを開くのは無粋でしょう。
「この撮った写真を確認できない」というのが唯一無二であり、面白く、ほれた理由です。
(S10、T4と最後まで考えましたけど)

1つ前のX-Pro2だと、通常の液晶がついていて、8万円ほど安いので、揺れましたが、
・センサーが1つ前の世代
・通常の液晶じゃ面白くない
・フィルムシミュレーションのクラシックネガがない(FUJIFILMは機種ごとにフィルムシミュレーションの数が違います。バージョンアップで追加してくれればとは思いますが。有償でも)
・ファインダーが236万ドット
ということから、やめました。

そんなわけで、FUJIFILM X-Pro3が届きました。
状態のいいものがあったので、マップカメラの中古を下取り交換で。
FUJIFILM X-Pro3には、ブラック、DRブラック、DRシルバーとありますが、最も安いブラックにしました。

レンズは、FUJIFILM 35mmF1.4。
フルサイズ換算50mmで、大好きな焦点距離です。
新しく33mmF1.4が発売されましたが、まずは、こっちかなと。

 

選んだのは、X-Pro3

FUJIFILM X-Pro3のファインダー(特にOVF)、見えない液晶、フィルムシミュレーション「クラシックネガ」を楽しんでいます。
松葉杖(この1ヶ月使用)の質感もいいなぁと。

フルサイズ(Leica M10 50mmF1.4)のF2と同じくらいのボケです。
F2で十分ですが。

フルサイズでF1.4だとこんな感じです。

LeicaのスマホLeitz Phone 1でも撮ってみました。
(通常モード)

 

フィルムシミュレーションで気になっていたのは、ACROS。
モノクロの1種で、このグレーの表現力はすばらしいです。
F1.4で。

F4で撮ると、映り込みもいい感じに。

Leica M10のモノクロモード。

Leitz Phone 1のモノクロモード(Leica Looks)。
それぞれ持ち味があります。

 

カメラ選びの参考にしていただければ。
カメラネタは、Twitterでも日々つぶやいています。

カメラ入門@井ノ上 陽一

 



■編集後記
昨日は、朝、個別コンサルティング。
その後Kindle執筆を中心に。

車椅子に乗ってひとりでカフェに行ってみました。
松葉杖よりも安全ですが、疲れるかな……。
車椅子の性能にもよる気がします。
前回(病院から借りた)はもっと進んだような……。

1日1新Kindle『1日1新』Instagram『1日1新』
車椅子・ひとりでカフェへ
ランタンスタンド
人工芝

■娘(4歳6ヶ月)日記→Kindle『娘日記』
保育園でときどき塗り絵をもらってきます。
昨日は、プリキュア。
大事そうに持って帰ってきて、早速塗っていました。