独立後、もうちょっと稼ぎたいときに気をつけたいこと

独立後、「もうちょっと稼ぎたいな」「売上をもう少し増やしたいな」「お金がもうちょっと必要」ということもあるでしょう。
そんなときに気をつけたいことがあります。

※お金 by Sony α7SⅢ+70-200mmF2.8

数字を確認する

もうちょっと稼ぎたいというときに、まずやっておきたいのは現状把握。
今の数字、どのくらいの売上で、どのくらいお金があるかは、確認しておきましょう。
ひょっとすると、稼がなくていいかもしれません。
そんな状況で、無理に稼ごうとすると、時間とお金、メンタルのバランスが崩れます。

無理な売り込みもしなきゃいけないなるでしょう。

また、稼ぐとしても、「いくら」必要なのか。
その目標をたてるためにも現状把握は欠かせません。

なんとなく「もうちょっと稼ぎたいなぁ」と思っていると、稼げない、または、稼ぎすぎてしまうこともあります。
「稼ぎすぎてしまう」は、一見問題ないようですが、稼ぐために時間や自分を犠牲にしすぎてしまいがちです。

どのくらいの負荷をかけて稼ぐのか。
数字を確認しておきましょう。

常に「もうちょっと稼ぐ」必要はありません。
増収増益を求められているわけではありませんから。
むしろ目指さないようにしましょう。
かっこいいですけどね、○年連続増収増益は。

私の場合、とっくに途絶えています。

ちゃんと売る

「稼ぐ」となると、ちゃんと売ることが大事です。
「もうちょっと稼ぎたいなぁ」とだけ思っていたら、実現しません。

・既存のメニューをちゃんと売る
・ちゃんと売る場所を整える
・新規のメニューをつくり、ちゃんと売る
などといったことをやっていきましょう。

ちゃんと売るためには、それを知っていただく場が必要です。
路上でもいいのですが、そうでないなら、やはりネット上に売る場はつくっておきましょう。

ネットなら新しいメニューもだしやすいものです。
「売る場所を持っている」というのは、「もうちょっと稼ぎたい」ときにも役に立ちます。
「もうちょっと稼ぎたい」と思って宣伝しても効果は薄いものです。

新メニュー、新商品のときだけお知らせがきても、響きません。

一方、売る場所をつくることだけに専念しすぎていても、稼ぐことはできないものです。
売る場所づくり=発信だけを一生懸命やっていてはいません。
ちゃんと売りましょう。

 

時間を増やさない

時間を増やして稼がないようにしましょう。
働く時間を増やせば稼げるのは普通のこと。
そして限界があることです。
1日24時間しかないのですから。

時間を一時的に増やして稼ぐというのもありかもしれませんが、毎回できるわけではありません。
日常を犠牲にして稼げたとしても、その反動はあります。

時間の見直しも必要です。
・時間がかかっていて稼ぎにつながっていないもの
・稼ぎにはなっているけど、時間がかかりすぎているもの
などは見直しましょう。
これらを利益率が高い仕事と入れ替えていくことで、時間は据え置きで、もうちょっと稼げるようになります。

ただ、前者も大事ですので、慎重に判断しなければいけません。
なんだかんだ時間がかかるものこそ、利益率が高く、人と違いをつくれるものですから。
結果的に稼げることにつながります。

「もうちょっと稼ぎたい」を、中長期的に考えたいものです。
短期的に、がっつり稼げるなら別ですが、そうでなければ、
・売上の柱を複数つくって、リスクを分散する
・今の時間を守って(または仕事の時間を減らして)稼げるようにする
・売上が増えても自分の時間を使わないもので、稼げるようにする
といったことを目指したほうが、結果的に「もうちょっと稼げる」ようになります。
(私がやってきた、やっていることです。「もうちょっと」でしかありませんが)

 



■編集後記
昨日は税理士業中心に。
午後は打ち合わせでした。

1日1新Kindle『1日1新』Instagram『1日1新』
レモン社 秋葉原

■娘(4歳11ヶ月)日記→Kindle『娘日記』・ Kindle『娘日記Ⅱ』
鬼滅の刃の武器をつくりたいと。
ママと協力して、まずはパパに作ってくれました。
驚くべき完成度です。
そのうち、ブログに載せます。

 

お金術

Posted by 税理士 井ノ上 陽一