攻めだけではなく守りへ投資

独立後、お金を攻めだけではなく守りにも使いたいものです。

※カメラ、レンズの防湿庫 by iPhone 11

 

攻め=売上につながることへの投資が優先

独立後は食べていくということが大前提ですので、食べる=お金が入る=売上につながる投資を優先するのは当然です。

売上につながる投資は、広告宣伝費や販促費のようなものもあるでしょうが、私は売上につながるノウハウを身につけるものに投資するようにしています。

独立当初は、広告宣伝費にも間違って使ってしまいました。
これらは売上につながる可能性もあるのでしょうが、当時の私にとっては結果論としては浪費だったと思っています。
(仕事を1件とれれば元がとれるという考えは危ういものです)

売上につながるノウハウであれば、すぐに結果は出ないとしても、自分の中に蓄積できるものです。
多少なりとも独立当初に学んだことを、今も使っています。

こういった売上につながる攻めへの投資を優先すべきではあるのですが、守りへの投資もやっていきたいものです。

守り=売上につながらないことへも投資

守りへの投資は、売上につながらないもの。
たとえばIT、効率化や経理、時間管理、お金管理といったようなものです。

冒頭の写真はカメラやレンズを保管する防湿庫というもの。
以前から持っていましたが、昨日新しく大きめのものを買いました。

湿度が上がるとカメラやレンズにカビが生える可能性があります。
攻めに投資つまりカメラレンズを買ってそれを使っていても、カビが生えてしまっては元も子もありません。
一度カビが生えると、もう取れませんので。
買い取ってもらうことも難しいでしょう。

同様に守りへもある程度は投資しておきたいものです。

攻めと守り、どっちから独立したか

独立した場合、攻めか守りかどちらかが多少なりとも得意という場合があるものです。
最初から双方が得意という方はほとんど見かけません。

営業をやっていて独立する方は攻めが得意でしょうし、私のような税理士だと守りが得意でしょう。

もちろん得意を伸ばしていく、得意な方に投資していくという方法もあります。
通常であれば、苦手なものは、人を雇って解決したり、外注したりすればいいわけです。

しかしながらそうではなく人を雇わずに外注もしないなら、自分で何とかしなければいけません。
そう考えると苦手なほうも、一定のレベル以上にはしておく必要はあります。

私は攻めの営業が苦手だったので、独立当初からの投資をしつつ、今も投資し続けているところです。
(広告にはかけていませんが)

攻めが得意な方は守りへ、守りが得意な方は攻めへ、多めに投資をするというのが、バランスをとるにはいいでしょう。
ただ一般的には守りが得意な方も、守りへの投資は少なめな気がします。

サッカーチームでも守りよりも攻めにお金を使う傾向にありますが、やはり強いチームは守りにもお金を使っているものです。

守りへ投資しても直接は売上につながりませんが、環境を整えることによって自分の力を最大限に発揮できると考えれば、間接的に売上につながると考えられるでしょう。

ITや効率化により、自分が考える時間ができれば、成果につながる可能性はあります。

守りへの投資も考えてみていただければ。
足元を固めるってやつです。
(防湿庫そこそこの値段でしたが買ってよかったなと。無駄に光るのも楽しいです)。

 



■編集後記
3月に買ったばかりのiPadPro11インチが充電できなくなりました。
どのケーブルでも同様で、それらのケーブルで他の機器は充電できるので、本体の故障でしょう。
ひとまず修理に。
今は、旧型のiPadPro12.9インチを使っています。
重いけど、やっぱりこっちがいいかもなぁとも。

「1日1新」
東洋リビング オートクリーンドライ 防湿庫 118L ブラック LD-120
とある手続き完了

■娘(3歳3ヶ月)日記

時計を教えつつ、朝、「8になったら保育園に出発するよ」と。
その時刻に近くなったので、「時計見て」というと、手で腕時計を隠しました……。
見たくないようで。
ちょうどお絵かきのアプリにはまっているところでした。
やれやれです。

■YouTube更新情報
はじめてのExcelマクロ – YouTube