「自分でつくれる」を増やして節約

お金にも限りがあるので、節約しないと、好きなことに使えません。
「自分でつくれる」を増やすと節約になります。
IMG 6208
※自宅にて RGユニコーンガンダム iPhone 7 Plus

「自分でつくれる」は節約になる

節約というと、「お金を使うことを制限する」ことが思い浮かびます。
ただ、多少制限しても効果がないこともありますし、制限することでストレスがたまったり、不便になったりすることもあるでしょう。

たとえば、本代を制限して、読みたい本を読みたいときに読めなかったら、その分時間を失います。
それなら、別の部分で節約して、0にしたほうが効果的です。

自分でつくれるようになるとそのコストは0になります。
頼まなくて済むからです。

私の場合、次のようなものをつくれるので節約できています。
・HPやブログ
・本(原稿)
・写真
・図
・グラフ
・Excel(マクロ)
・PCの環境
・経理
・決算書
・税務申告
・タスク管理ソフト

プライベートで言えば、料理も「自分でつくれる」であり、節約できるものです。
毎回つくるわけでもないのですが、つくったほうが確実に安くなります。

「自分でつくれる」の問題点

「自分でつくれる」といっても、
・プロに頼んだほうがいいものができる
・つくれるようになるまでのコストがかかる
・つくる時間がかかる
といった問題もあるでしょう。

・プロに頼んだほうがいいものができる

プロに頼んだほうがいいものができる、餅は餅屋といわれます。
確かにそういった部分も多いでしょう。
ただ、ITがこれだけ発達した時代、本当にそう言えるでしょうか。

プロでなくてもできることは増えていますし、無料ソフトを使えばできてしまうことも多いです。
私が専門とする経理や税務申告も例外ではありません。
特殊な知識やスキルではなく、ソフトを使えるかどうかで決まる部分もあります。

「いいもの」の定義もなんともいえません。
寸分違わず正確なもの、きれいな体裁が本当に必要なのか。
自分でつくれて効果が出るものなら、それで十分とも考えられます。

・つくれるようになるまでのコストがかかる

自分でつくれるようになるまでのコストもかかるでしょう。
教わったり、ソフト代だったり。
ただ、教わってつくれるようになれば、一生使えるものです。
その効果は絶大ですし、元はとれます。

□スポンサードリンク

ソフト代も近年だんだん安くなっているもので、選び方を間違えなければ安く便利なソフトを使えるものです。

・つくる時間がかかる

つくる時間はたしかにかかります。
頼んでお金を払えばそれで済みますが、ブラックボックスになってしまいがちです。
自分で理解したいと思うなら、つくるのが一番であり、近道といえます。
私がブログを自分で運営することをおすすめしているのは、ネットやITを理解するためですし、経理を自分でやるのをおすすめしているのも自分の数字やお金を理解するためです。

時間をかける価値はあります。

□スポンサードリンク

「自分でやりたい」を大事に

「自分でつくれる」といっても、迷いがあることも多いでしょう。
そんなときは、自分でやりたいかどうかを考えてみるとスッキリします。

私が自分でつくっているものは、自分でやりたいものです。
好みもありますし、人に任せたくないし、その知識やスキルを身に着けたいと思っています。

そうであれば、
・どんなに時間がかかろうと
・周りになんといわれようと
・できるようになるまでにお金がかかろうと
やるべきです。

「ひとりしごと」はそういった部分の自由もあります。
勤めていると怒られるでしょうからね。

・自分でやってはいけない
・プロに任せるべき
・そんなことに時間を使っちゃいけない
って思われたり言われたりしても、「自分がやりたい」ならやる価値はあります。
10年以上、ブログを毎日「つくっている」のも自分がやりたいからです。



【編集後記】

小学校6年生くらい以来、地元宮崎のフェニックス動物園へ行ってみました。
変わらずでしたが、当時からの乗り物もまだ稼働しているのをみると、「だ、大丈夫かな・・」と思うことも。
メンテしているんでしょうが。
3人でモノレールにだけ乗りました。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

妻と娘とフェニックス動物園
たまご村 ランチ
地鶏のえんがわ炭火焼
JEDirect iPadProケース レッド

【昨日の娘日記】

動物園では、動物というよりも、園内で借りたベビーカーにおおはしゃぎでしたが。。
夜はまた暗闇でニコニコ。
だっこひもで散歩に連れていき、寝かせました。
寝かしつけ2連勝です。