仕事を断るときに値段を理由にしてはいけない

仕事を断るときに、値段を理由にしてはいけません。
値段を高くしても依頼されたら最悪だからです。
DSC05725
※皇居にて DSC-RX100M3

値段を高くすれば、変なお客様は来ない?

・変なお客さん
・気が進まない人
・やりたくない案件
がきたとき、断る理由の1つとして、「値段」があります。

「値段を高くすれば、断ってくれるだろう」という考えです。
頑固親父の飲食店でもよくあることでしょう。

独立当初、これをやろうとしました。

「うわっ・・ちょっとやだなぁ。。」と思い、「○○円ですが」と話すと、「わかりました」と。

「まじっすか・・」と焦りました。

その値段は適当に言ったものではなく、メニューとして決めていた金額です。
ただ、そんなに安いわけではありません。
その仕事は税務顧問で、もっと安いところはたくさんあります(当時も今も)。

値段で断ってくれるだろうと思って話したら、受け入れられてしまったのです。
最終的には、「お役に立てそうもありませんので」と断ることができましたが、値段で断ってはいけないと反省しました。

話を聞いていると、「粉飾決算もしたい」という要望(暗に求められました)だったので、「(値段が)安くはありませんので・・」と断ろうとすると、「全然大丈夫です、今も○円払ってますので!」といわれて困ったこともあります。

高い・安いはお客様が判断することです。


■スポンサードリンク


メニューで値段を決めてなく、見積もりで高い値段を出して断ってもらおうというのもやめましょう。
それでOKされる可能性もあるからです。

断るなら、値段以外の理由で

値段を高くしておけば安心というわけではありません。
払っていただける方=自分に合うとは限らないからです。

高いor安い、いい人・仕事or嫌な人・仕事で考えると、最も目指したいのは、高い&いい人・仕事でしょう。
EX IT 4

高い&嫌な人・仕事というのは、どうでしょうか。
私は、ここを断るようにしています。
EX IT 3

その仕事を我慢してやってお金がもらえればいいじゃないかという考えもあるかもしれませんが、そうでもありません。
独立後に、【嫌な人・仕事】を選ぶ必要はないからです。

ただ、食べていかなければいけない事情で、一時的に受け入れる必要はありますが、あくまで一時的にしておきましょう。
私も独立当初、実際にこのゾーンの仕事を独立当初数件やっていました。やはり苦しく、悩み、結局は手放し(先方からの解除も含め)ました。

値段を高くしておけば、変な人・仕事が来ないというわけではありませんし、断るときに値段を理由にしても、バリアにはならないのです。

値段以外の理由で堂々と断るようにしましょう。
・自分のスタンスとは違う
・苦手なタイプ
・得意でない
などというときは、「お役に立てそうもありませんので」と断るようにしています。

変な人・仕事が来るのは自分のせい

といっても、最近は、断るような案件はありません。
ブログや書籍を読んでいただき依頼していただければ、それほどブレはないからです。

何かしら事前に情報提供しておかないと、ミスマッチは当然起きます。
私の独立当初もブログを書いていたとはいえ、発信が足りていませんでした。

むしろ、変な仕事が来るのは自分のせいなのです。
変な仕事が来たら、自分からの発信が足りない、伝わっていないことをまず疑いましょう。
【関連記事】できる仕事の量には限りがある。仕事を断る基準を磨き続けよう
リンク

【関連記事】フリーランス・ひとり社長が出版を断る勇気
リンク

【関連記事】仕事を断る義務。仕事を断らなくていいようにする工夫
リンク





【編集後記】

超単焦点のプロジェクターを見に、ショールームへ。
店頭に置かれていなかったからです(戦略上?)
いい点もありましたが、気になる点も・・・。
最終的には購入を見送りました。
値段も高いですし・・・(約14万円)。

今週末の大阪でのセミナーで使おうかと思っていたのですが、今持っているプロジェクターを持って行くことにします。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

リコーショールーム
ファミマ フルーツミックスヨーグルト
カルディで買った火鍋
ポケモンGOでルアーモジュール使用

■スポンサードリンク

■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』