価格設定・請求・表示に注意!「消費税8% 売る側が気をつけるべきこと」

消費税アップは、売る側でも気をつけることが満載です。今回は、売る側の消費税で気をつけることをまとめてみます。

DSC00539

消費税をきちんと載せる

消費税の原則

消費税上の原則は、
・モノ→引き渡した時点で判断(出荷時でも可)
・サービス→サービスの提供が完了した時点で判断
です。

原則、申し込み時点では判断しません。
今日申し込みがあっても、4月以降にサービスを提供する、4月以降に商品を引き渡すのであれば、消費税は8%です。

消費税を8%にしないと。。

まずは、「消費税をきちんと載せる」ことが大事です。

5%から8%に変更し、請求しないと、損をすることになります。
たとえば、10,500円(本体価格10,000円+消費税500円)で売っていた場合、4月以降もそのまま売っていると、10,500円( 本体価格9,723円 消費税777円)となり、277円の売上が減ります。

その結果、支払う消費税も増え、仕入や経費の消費税は、8%で払うので、お金も減ってしまうのです。

どうしてもあげられない場合は、原価を下げる、効率化するなど、別の工夫も必要でしょう。

取引先(特に大手)から、消費税を上げないような圧力があることを防ぐ法律もできました。

中小企業・小規模事業者のための消費税の転嫁万全対策マニュアル
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/pamflet/2013/131225syouhizei.htm


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


※実は私が監修しています。

スクリーンショット 2014 03 07 9 45 41

とはいえ、圧力を報告するのは難しいかもしれません。
取引がなくなる可能性もあるからです。
(そういった報復行為を禁止する法律もあります)

前回の消費税アップ(3%→5%)では、50%程度の中小企業が消費税を価格にのせられなかったというデータもあります。

会社を守るため、そしていいものを提供しつづけるためにも 、消費税をきちんとのせていきましょう。

いつから8%になるか明示

いつから8%になるか、どの取引から8%になるか明示しておきましょう。
4月分なのか、4月から払う分なのか、出荷した時点なのか、納品した時点なのかなど、もともとの売上基準とも照らし合わせておく必要があります。

レジ、請求書、会計システムの確認

レジや請求書、会計システムが消費税8%に対応しているか、消費税5%と8%(複数の税率)に対応しているかを今一度確認しておきましょう。
優先順位はレジです。4/1から使いますからね。
こういったiPadレジを使うのも手です。
iPadがレジに!比較検討した結果、顧客管理ができるスマレジを導入 | EX-IT

経理についてはこちらの記事を参考にしてください。
消費税8%になったときに経理業務で起こりうる問題点 | EX-IT

消費税表示で気をつけること

消費税の表示で気をつけることが3つあります。

総額表示をしなくてもいい

これまでは、消費者に対して、総額表示の必要がありました。
(事業者間、会社間では義務ではありません)

総額表示とは、

■スポンサードリンク
10,500円
10,500円(税込)
10,500円(本体価格10,000円)
10,500円(うち消費税等500円)
10,500円(本体価格10,000円、消費税等500円)
といった表示をいいます。
それが、こういった表示でもよくなります。
10,000円(税抜き)
10,000円(税抜価格)
10,000円(本体)
10,000円(本体価格)
10,000円+税
10,000円+消費税等

今後、8%から10%への変更も予定されていますので、 それに備えてのことでしょう。

値札が間に合わない場合

小売りの場合、店内の値札を変更しなければいけません。
値札を消費税8%表示または、税抜き表示にするのが間に合わない場合、次のような注意書きで対応できます。
「5%に基づく税込価格を表示している商品については、レジにて改めて8%に基づき精算させていただきます。 」

「消費税還元!」はNG

消費税還元セールといった、表示は禁止されています。

その他次のような表記がNGです。
・消費税は転嫁しません
・当店が消費税を負担しています
・消費税上昇分値引きします
・消費税分、ポイント還元
・消費税分 好きな商品をプレゼント
・増税分は勉強させていただきます
・消費税率の引き上げ分をレジにて値引きします
・消費税分すえおいています
・消費税はおまけ
・消費税はサービス

消費税に関して誤解があるような表現はだめということです。

一方
・3%値下げ
・3%還元
・3%ポイント還元
・8%値下げ
・春の新生活応援セール

などはいいとのこと。
最近よく見かける「増税前のセール」っていうのもOKでしょうね。

私の場合

参考に、売る側として、私の場合を書いてみます。

モノは売っていませんので、サービスのみです。

・顧問契約

4月支払い分から消費税8%になります。
請求書システムはExcelで自作していますので対応可です。
ほどんどのお客様が毎月均等の顧問料となっています。

もし、顧問料いくら、決算料いくらという契約なら、3月決算の場合、顧問料は3月まで消費税5%、決算料は、決算が完了するのが5月なので、消費税8%となるでしょう。
料金表、契約書は、すでに税抜きに変更済みです。

・コンサル、個人の確定申告

コンサルを3月に実施すれば、支払いが4月でも消費税5%、4月に実施するのであれば、支払いが3月でも消費税8%です。

コンサルは、消費税別で値段を設定していますので、たとえば、4月からは60,000円+3,000円が60,000円+4,800円になります。
3月中だとちょっと安いです(^_^)

・ セミナー

まだ予定していませんが、4月のセミナーを3月に告知した場合、サービスの提供完了は、4月ですので消費税は8%になります。
セミナーの場合、内容によって価格を変えることもあり、今も消費税込みです。
たとえば、先日のセミナーは9,800円(消費税5%込み)でした。厳密に計算してこれを10,080円(消費税8%込み)にはしません。

しばらくはキリのいい数字で、9,800円(消費税8%込み)、10,000円(消費税8%込み)とする予定です。

 ・執筆

単発の記事執筆の仕事は今のところありませんが、3月中に書くと、消費税は5%、4月に完了だと8%になります。
書籍の場合は、新刊を今年の6月頃から書いていて、4月に発売されます。書籍自体も消費税8%になるので、印税も消費税8%です。

・ブログ収入

ブログ収入の大部分を占めるGoogleからの収入(アドセンス)は、そもそも消費税の対象ではありません。
海外からの収入だからです。消費税5%、8%というのは関係ありません。





■スポンサードリンク
【編集後記】

最近、本で知った、「ちょっとしたいいもの」をちょくちょく買っています。

昨日は、びわこふきん、シーツ、千鳥酢、超電水が到着。シーツは早速使いました。

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」

auサポートアプリで問い合わせ
本に載っていた、グレープフルーツ・たまねぎ・サーモンのサラダを作ってみた 

中小企業・小規模事業者のための消費税の転嫁万全対策マニュアル




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###