タクシー嫌いがタクシーに乗るようになった。アプリ JapanTaxi、DiDi、Movの比較。

タクシー配車アプリが増えてきています。
主なものを比較してみました。

1563536860309※タクシーアプリで乗るところ

タクシーアプリなら、タクシーを使う理由

都内の移動は電車がメインではあるのですが、タクシーをうまく使うとやはり便利です。
暑い日や雨の日、荷物が多いとき、駅から離れているとき(多少歩けますが)、そして娘と移動しているときなど使いたいときはあります。

ただタクシー自体、好きではなく、人生でそれほど使っていません。
・近くなのに利用したら、運転手さんの気分を害しないか心配(明らかに嫌がる運転手も)
・行き先を告げるのがめんどくさい(告げないと行けないのですが)
・道を知らないから運転手さんだといろいろとストレス(ある程度しかたないのですが。せめてナビを使ってもらえば……その場合も住所を伝えなきゃいけないし、ナビの操作もたどたどしいので、こちらがスマホで誘導することになります)
・支払いの手間(都内だとキャッシュレスが増えてきましたが)
・タクシーを捕まえるときのストレス
・タクシーを呼ぶときの説明方法のストレス
・タクシーを呼ぶには、電話を使わなければいけない。電話してみないとどのくらいの時間で来るかわからない
・ 運転手さんの会話がめんどくさいときがある
・昔ながらのタクシーのにおい(+α)がするときも

そういった理由からタクシーは、本当に必要なときに限りと考えていました。
そんな私がタクシーを使うようになったのは、タクシーアプリがあるからです。
タクシーアプリでは、どこからどこまで移動するかをピンポイントで指定して送信するとタクシーにそれが届き、近くのタクシーを呼んでくれます。

Screenshot_20190720-065256
このように近くのタクシーが見えるのもおもしろいです。

Screenshot_20190720-065326

乗る場所や降りる場所をピンポイントで指定できます。

近くまで乗るとしても、タクシーが来てからドキドキしながら言うよりは気が楽です。
運転士さんも、近くかどうかはわかってから来ていただけるので、その場で告げられるよりはいいんじゃないかと。

行き先も自動的に伝わるので、改めて言う必要はありませんし、こちらが送信した情報はナビに登録されるので道がわからないということもありません。
(たまに、勢いで「どちらまで?」と聞かれる方もいらっしゃいますが)

あとどのくらいでつくかの目安もわかります。
1

アプリにカードを登録しておけば決済もできますし、やり取りの手間もありません
現地に着いたらすぐ降りることができますお互い楽です。

そしてタクシーを呼ぶときに、私が苦手な電話を使わなくて済みます。

登録にはショートメールが必要です。

 

世界的な有名なタクシーアプリといえば、Uber(ウーバー)。
日本にもあり、2014年に私は体験しました。
が、その後は使わず。
通常のタクシーよりも割高だからです。
日本では今も、ちょっと高級なハイヤーサービスという位置づけになっています。
iPhoneアプリで呼べる!スタイリッシュなハイヤーサービス「Uber(ウーバー)」レポート | EX-IT

ハワイに行ったときは便利でしたが、海外だと普通用の車&人でもUberとして使えますので、なんじゃこりゃという人や車もありました。
赤ちゃん(10ヶ月)とハワイ滞在時の交通手段。トロリー・Uber(タクシー)・TheBus(バス)・BIKI(自転車)・ラン | EX-IT

タクシー配車サービス、日本では、独自のものが出てきたわけです。
(よくも悪くもこのUberに拒否感を示したとか。)

その中でも、私が使っているJapanTaxi、 DiDi(ディディ)、Mov(モブ)を比較してみます。

JapanTaxi、 DiDi、 Movの比較

JapanTaxiは、もともと「全国タクシー」という名前で、その名のとおり全国で対応しており、提携タクシー会社も日本でトップです。
タクシー配車サービスは、サービス自体があり、それを従来のタクシー会社が利用しています。

DiDi は中国の会社で、日本ではソフトバンクと組んでいます 。
(ちなみに中国の会社は怪しいという時代はもう終わっています。)
Movは DeNAが提供するサービスです。

ざっと比較してみました。

JapanTaxiDiDiMov
Googleマップ対応対応未対応
エリア全国東京・大阪・京都・兵庫・北海道・福岡東京・大阪・京都・神奈川
タクシー会社選択不可不可
迎車料金ありなしあり
都内の配車
車種選択不可不可
任意のメッセージ不可可(目印)
運転手選択黒タク不可不可
領収書メールありありアプリから
クーポン初回・紹介500円紹介1000円初回500円

Googleマップ対応かどうか

アプリの使い勝手はまちまちなのですが、 Google マップから操作できるJapanTaxiとDiDiが便利です。
値段はどちらも似たようなもので所要時間や到着予定時刻はアプリで確認したほうが正確ですが、乗る場所と行き先をかんたんに指定できます。
(詳しい場所はアプリで調整できます)
Uberはこのようにやはり割高です。

3

エリア

JapanTaxiは全国で対応しています。
DiDi は記事執筆現在、主要都市のみ、元々は大阪・京都のみでした。
そのときに体験しています。
AIタクシーDiDiレポート。AIが自分のビジネスモデルを変える可能性。 | EX-IT

Movは東京・大阪・京都・神奈川のみです。

タクシー会社の選択

タクシーアプリには、それぞれ複数のタクシー会社が提携しておりますが、タクシー会社を選べるのはMovのみです。

ただし、タクシー会社で好みがあるかもしれませんが、結局は運転手さんなので、タクシー会社は選べなくても、そんなに問題ではないかなと。

Screenshot_20190720-064506
JapanTaxiは日本交通がメインですので、今まで乗って日本交通以外のタクシーはありませんでした。

 

 

迎車料金

タクシーを呼んだときにかかる迎車料金は、通常410円(一部310円)かかります。
ただ DiDi は現状、迎車料金が無料です
つまりトータルで、400円ほど安いのです。
ずっと、そうなのかどうかわかりませんが。

すぐ来るかどうか

タクシーを呼んですぐ来てくれるかどうかというのは、その場所や時間帯、契約タクシー数にもよるのでしょうが、私が使ってみたところ、感覚的にすぐ来るのは、Mov、 JAPAN TAXI 、DiDi の順です。

DiDi は、結構捕まらないときがあります。
迎車料金無料だからかどうかわかりませんが。
現場は、車種を選びたいときはJapanTaxi、そうでないときは迎車料金無料の DiDi にすることが多いです。

車種を選べるかどうか

アプリで車種が選べるかどうか。
タクシーの車種で、主なものはクラウン、セドリック、プリウス、そして大きくて快適な JPN TAXI があります。
荷物が多いときは JPN TAXIだとありがたいですし、そうでなくても車内が比較的快適なので、選べるのであれば JPN TAXI がいいかなと。
JapanTaxiでは 、JPN TAXIを優先するか・それのみにするかというのも選べます。

Screenshot_20190720-064534
さらには黒タクを優先するか・黒タクのみにするかも選べるのです。
黒タクとは、日本交通株式会社(JapanTaxiの運営元)の制度で、一定の水準以上として選ばれた運転手をいいます。
料金は変わりません。
サイトを見ると車のランクも上とは書いてありましたが、先日たまたま流しで乗った黒タクは、普通 のJPN でした。
よく見ると黒タクのステッカーが貼ってあります。
いい方でしたが、とびきりの運転手さんかというと……。
なお、このときにタクシーを拾って乗ったのは、フルクル(スマホを振ってタクシーを呼び止めるアプリ)を使ってみたからです。
特に便利とは思えず、没ネタになりましたけど。

JPN TAXI がいいなと思うときはJapanTaxiアプリ一択です。
昨日はMovでも JPN TAXIでした。
今後、順次 JPN TAXIに、どの会社も変わっていくとのことです。

メッセージを送れるかどうか

タクシーを呼んだ後に、その運転手さんへメッセージ(メール)でちょっとしたことを伝えられると便利です。
Uberだとショートメールを使っていましたが、どのアプリもアプリを使ってメッセージを送ることができます。
ただしJapanTaxiは任意のメッセージを送ることができません。
ある程度決まった文章を選んで送る形式です。
DiDi は任意のメッセージを送ることができ、それを保存することもできるので、たとえばよく利用する場所の乗車位置がわかりにくかったり、説明したほうがいい場合便利です。
こちらの服装や特徴も伝えることができます。

2
Movは、待ち合わせの目印や特徴を入力する画面で、任意にメッセージを送ることができます。

ドライバー(運転手さん)を選べるか

運転手さんを選ぶことは、どのアプリもできません。
タクシーでこの方よかったなぁと思っても、次回その人を指名するということは、しくみ上できないわけです。
ただしJapanTaxiだと黒タクの運転手かどうかというのは、選ぶことができます。

 

領収書がメールで届くか

どのアプリを使っても、従来通りのレシートをもらうことができます。
そしてJapanTaxiと DiDi は利用した後に、領収書がメールで届きます。Screenshot_3Screenshot_2
Movはアプリからメールアドレスを入れて送信すると届きます。
その都度やらなければいけません。
Screenshot_4

クーポンがあるかどうか

試しに使ってみたいときにクーポン割引があるかどうか。
JapanTaxiは500円 DiDi は1000円のクーポン割引があります。
こちらのクーポンを使うと、双方お得ですので使っていただけるとうれしいです。

〇JapanTaxi→fb8932

〇DiDi→JP598665
※こちらのリンクからもクーポンをもらえます。
https://d.didiglobal.com/qMm9KzmcNBbJn?shareChannel=inviteCode

Movはアプリをダウンロードした後に誰でも500円のクーポンが付いてきます。

また DiDi は、金曜日だと初乗り料金が無料というキャンペーンをやっていたりもしますので、試してみるのであれば使ってみましょう。

 

タクシーアプリのデメリット

タクシーアプリは、それぞれデメリットもあります。

キャンセルできない(しにくい)

アプリでタクシーの配車が完了した後は基本キャンセルができないようになっています。
申し込みがあり向かっている途中にキャンセルだったら、それはたまらないでしょうから、しかたがないことではでしょう。
アプリ上キャンセルできるようになってはいますが、キャンセルした場合どうなるかは明記されてはいません。
JapanTaxiは、よくある質問で「キャンセル料が発生する場合もあります」と曖昧です。
アプリでタクシーを呼んでみたけど、呼んだ後に表示される到着予定時間がめちゃくちゃ思ったより遅い場合なら、すぐにキャンセルすればキャンセルできます。

タクシーを呼んだのになかなか来ないという場合は、キャンセルしたくはなりますが、そういった場合には困ります。
実は昨日ありました。

JapanTaxiを使い15分で来るということでしたが、なかなか来ません。
タクシーがこちらに向かっているような表示は出るのですが、その表示が動かず道が混んでいるのかアプリの不調かとは思っていました。
道は混んでいるならしかたがないなと思って待っていても来ません。

到着予定時刻から20分経って、タクシーが指定と違う場所(待っていた場所から離れた場所)に現れましたが、なんかフラフラしていて運転に慣れてない感じでした。
結局、声をかけて回ってもらうようにしても、やはり切り返しがうまくできない感じで、これはまずいと。
タクシーが来てもらっても乗るのも不安と、キャンセルさせていただきました。
娘も一緒に乗る予定でしたし。

キャンセルは、しかたなくアプリに表示された電話番号に電話しました。
妹の旦那さんもその場にいて、その運転手さんのもとに駆け寄り誘導はしてもらいましたが、免許取って4ヶ月目やはり不慣れだったそうです。

「道は混んでいたから云々ではなく運転に慣れてなかったから到着が遅れた」ということなんでしょう。正確にいうと到着してないわけですが。
これはたまたま私が遭遇しただけで、JapanTaxiすべてが悪いというわけではありません。
こういうこともありうるということで。

その後、Movでタクシーを呼ぶとすぐ来てくれ、無事乗れました。
(DiDiは来ず……)

待ち時間+アルファ、30分以上外で待っていたので娘が疲れてしまい、途中で「おりるーーー!」となって大変でしたが。

ただ、今日のブログネタにしようと思っていたときに、このトラブル。
ある意味、「もってるな」とほくそ笑みましたが。

 

またDiDiで両親に乗ってもらったときに、世田谷の船橋という場所にという場所へ向かってもらったのですが、到着した着いたタクシーは、失礼ながらちょっと大丈夫かなというような方でした。
いざ来たときに、この運転士さんちょっと苦手だなと思ってもキャンセルできない(しにくい)というのはアプリのデメリットでしょう。

実際、世田谷の船橋に向かってる間に何回も「千葉の船橋に入っちゃうとお客さんに迷惑かけちゃいますよねーーー」と何度も同じことを話しかけてきてたりしたそうです。

なお、このアプリで、私が登録し配車し、両親や妻・娘に乗ってもらって、支払いは私がやるというのもやっています。
JapanTaxiのよくある質問では、本人が乗らなくてもOKとありました。

支払いもしなくていいし、お金を渡すこともしなくていいし、行き先もきちんと指定できるし、使い道としては便利です。

また、行き先を変える、経由地を変える(途中で誰かおろす)というのも柔軟にできます。

車種を選べない

アプリで車種が選べるのはJapanTaxiだけです。
他は選ぶことができません。
選べるのも、JPN TAXIー優先か、JPN TAXIのみというものだけです。

運転手を選べない

Uberは、運転手の評価をつけることができ、それが明かされています。
乗る前にある程度の評価が見える形です。
いいか悪いかは人それぞれ基準が違いますが、あくまでも目安にはなり、ある程度の抑止力にはなるのではないかなと思っています。

今回の3つのアプリではドライバーの評価というのはつけることができますが、こちらは見ることができません。
当然、運転手を選べません。
前述のようなこともあり得るわけです。

タクシーに通常拾う場合、なんとなくの印象で選ぶことはできますが、アプリではできません。
アプリのデメリットというのがデメリットでしょう。

 

こういったデメリットもあえていえばという程度で、タクシーアプリはやはり便利です。
タクシー側も利用する側もメリットがある IT のあるべきかたちであり、技術的にも興味深いのでぜひ体験してみていただければ。。

タクシーでは、乗客の顔を画像認識して、それに応じた情報や動画を再生するようになっています。
私が乗ったときはゴルゴ13を配した RPA の動画でした。
なかなかよく認識してるのかと感じでしたが。
(まあたまたまでしょう)。

 

 



■編集後記

『新版 ひとり社長の経理の基本』の重版が決まりました。
お買い上げいただいた皆様、ありがとうございます!

「1日1新」

Swith MARVEL ULTIMATE ALLIANCE 3

 

■娘(2歳)日記

おじいちゃんおばあちゃんが来ていて、もらったキティーちゃんの甚平、アンパンマンの髪留めをうれしそうに着ていました。

Spread the love