音声認識入力のためにささげるべきこと。時間・声・編集。

声で文章を書く、音声認識入力。

毎日やっています。
この音声認識入力のコツをまとめてみました。

IMG_5740

※博多のホテルにて iPhone X

音声認識入力を毎日

今、音声認識入力を毎日やっています。

毎日出しているメルマガは、音声認識入力です。

(例外として、昨日は、五島のホテルに宿泊し、チームメイトと一緒だったので、手入力でやりましたが、それ以外は毎日音声で書いています)

今朝も書きました。

メルマガは18分を目標にしています。

手入力のときは、ほぼその時間で書けていましたが、音声認識入力でもほぼそん色なく書けるようになりました。


■スポンサードリンク

今日は、17分です。

文字量は、848文字でした。

使っているのはPCのGoogleドキュメント。
GoogleのWordです。
ブラウザ上で使えるので、Windows、Macに限らず使えます。
(音声認識入力は、ネット接続が必要です)

これを使っているのは音声認識が優れているからです。

2018-06-19_08h10_36

この音声認識入力を毎日やることで見えてきたこともあります。

音声認識入力と手入力の違い

音声認識入力と、通常の手入力の違いには次のようなものを感じます。

1 長くなる

音声だと、ついつい長くなってしまいます。
書くよりも負担が少ないからです。
文章量が多くなる分にはいいのですが、冗長にならないように注意しなければいけません。

2 手入力で意識していることが音声認識入力でできない

手入力で意識していること、たとえば、

・副詞と動詞はくっつける(ますます独立が増えている→独立がますます増えている)、

・「まず最初に」は使わない

・順接の「が」を使わない

・1文を短めに

・文末を変える(~しました。~しました。と続けない)

などといったことが、話すときは普通に使っていたりします。

3 文章のテイストが変わる

音声認識入力のほうが、より本音が出る、やわらかく(かるく)なるといった印象です。
文書のテイストは多少なりとも変わるでしょう。

これらの違いも踏まえて、音声認識入力をマスターするために、気を付けるべきことがあります。

音声認識入力のためにささげるべきこと

音声認識入力を使ってみたい方は、次の点に気をつけてみましょう。

時間はかかる

慣れに時間はかかります。
私は、18分目標のメルマガに40分、50分ほどかかっていました。
どうしても長くなりますし、後述する編集の時間も必要だからです。

ただ、継続していれば音声認識入力スキルは身に付きます。

私の場合だと、毎日1か月半ほどやって、慣れてきたかなという感覚でした。
(もっと早くに慣れる可能性もあるでしょう)
時間はかかる、トレーニングは必要ということは、他のスキルにもいえることです。

声を出すことへの躊躇を捨てる

音声認識入力は、当然声を出します。
実は、この声を出すのを意外と簡単ではありません。
躊躇したり、恥ずかしかったりします。
もちろん、誰もいないところでやることが多いでしょうが、それでも多少の躊躇はあります。


■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール

それに慣れるために、他の音声認識入力、たとえば、AIスピーカー(GoogleHome、AmazonEcho)、スマホの音声認識入力や音声操作も使ってみるのがおすすめです。

口も使うAI仕事術。Google Home×経理・Evernoteメモ、Googleドキュメント×執筆。 | EX-IT

編集は必要と割り切る

音声認識入力は完ぺきではありません。
言い間違えやどもったら当然聞き取れませんし、自分が正しく発生しても、誤って認識することも多いです。
そういうものだと割り切りましょう。

編集の必要度合いをお見せすると、今日の編集後記部分は、こんな感じです。
多少の修正ですみました。
(セミナー名の「入門」が抜けたのは私の言い間違いです)

2018-06-19_08h10_12

編集を前提としているので、

・改行しない(Googleドキュメントは改行できない)

・句読点は入れない(「テン」「マル」と言うのはリズムが崩れる)
という方法で書いています。

「音声認識入力をしたら編集する」と割り切って使えば、ずっと楽になります。
この編集も含めて、手入力と同じくらい、ときには早く書けるようになりました。

今書いている本の1冊は、音声認識入力ですべて書き、それを編集しているところです。
長文になればなるほど、音声認識入力の効果は高まり、いつもよりすらすら書けました。
本の場合は、iPhoneの標準の音声認識入力を使い、Scrivenerというソフトで書いています。

入力画面のマイクのアイコンをクリックすれば音声認識入力です。
ある程度入力すると、入力を受け付けなくなるので、アイコンを再度タップしましょう。
それに気づかずに話していると、無駄になってしまいます。

ex100

ただ、ブログの音声認識入力はまだまだトレーニングが必要です。
メルマガ、本のような区切りではなく、ボリュームも多く、構成も複雑なブログは、工夫が必要です。(今日の記事は手入力で書きました。)

音声認識入力を取り入れると、手入力だけと比べて、疲れを減らせ、気分の切り替えにもなります。
時間はかかりますが、今度音声認識できる機器は増えていくと思われますので、慣れておくのは損ではありません。
音声認識入力→編集という流れもいいトレーニングです。
編集=文章をよりよいものに仕上げていくという力は、書く力とともに欠かせません。
誰かがチェックしてくれればいいのですが、常にそういうわけにはいきませんので、自分でできる力を身につけておくのはおすすめです。

音声認識の精度は驚くほど上がってきていますので、ぜひ試してみていただければ。


【編集後記】

昨日は朝、五島から福岡へ。
福岡到着後 、Excel マクロプログラミング入門セミナーを開催しました。
そのまま泊まり今日セミナーをやってから帰ります。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

福岡でExcelマクロプログラミング入門セミナー開催
福岡の会議室
博多 炙り炉端山尾

【昨日の娘日記】
昨日もLINE電話で話した(見た)だけでした。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』