91km17時間でリタイア<奥多摩エコ・ジャーニー99km>

昨日、<奥多摩エコ・ジャーニー99km>に参加してきました。
結果は91kmで無念のリタイア。17時間14分でした。

IMG 3896

こんなレースでした

<奥多摩エコ・ジャーニー99km>は、青梅駅をスタートして、奥多摩湖を中心に99kmぐるりと回るレースです。
通常、99kmくらいのマラソンはウルトラマラソンというのですが、今回は山を越えていくトレイルランの要素もあり、非常に過酷なレースでした。

スクリーンショット 2012 07 22 11 22 04

高度はこんな感じです。45km地点から60km地点までひたすら上る区間が非常につらく、その後のひたすら下る区間もまた違ったつらさがありました。
スクリーンショット 2012 07 22 20 07 39

制限時間は24時間。21日の5:00にスタートして、22日の5:00にゴールすればいいレースです。
ただ、当日中にゴールするのが現実的で、当初は21:00ゴールを目指していました。

こんなコースでした

今回もトライアスロンチーム「イオマーレ」の仲間と一緒に参加。
青梅駅をスタートして、いきなり山です(^_^;)
IMG 3865

4月に参加した青梅トレイルランと同じコースを10kmほどすすみます。
トレイルラン、初挑戦!苦いデビュー戦 » EX-IT

こんなきれいな川のそばを走るシーンも。
IMG 3870

最初のコンビニで休憩
IMG 3875

再び厳しい山に戻ります(^_^;)
IMG 3883

この辺でだいたい20kmくらい。つらくてもシャッター向けられるとポーズをとります(^^)
484055 435299659848561 827390347 n

一山越えたと思ったら、また山(T_T)
むかしみちという10kmの山越えが待っていました。
IMG 3887

むかしみちを越えてだいたい35kmくらい。まだフルマラソンの距離も走っていません。
この辺で足の故障が出だしました。
IMG 3892

奥多摩湖の周辺を10kmほど走ります。
比較的平面で、そこそこのスピードで走りました。
IMG 3898

45km地点のエイド。冷やしうどんはおいしかったのですが、「ここから16kmひたすら上り坂」というのを聞いて凍り付いていました(T_T)
IMG 3902

で、その上り坂。もちろん走ることはできず、ひたすら歩いていましたが、なかなか進みません。
霧が深く、先が見えないのも不安でした。
IMG 3911

途中、野生の猿を見つけて癒やされるシーンも。
IMG 3908

60km地点のエイドにて自分撮り。両足裏、右足首の痛みもあり、正直もう走れない状態でした。
IMG 3916

ここから、ひたすら下りが30km。坂の下りは楽そうですが、実は体にとってはつらいんです。
太もも痛、足の甲痛、まめ、左膝、そして股ずれと痛い部分が増していきます・・・・・・。
ロキソニン(痛み止め)も3回投入しましたが、もはやききません。

夜になり、ライトをつけて走行。
391213 435066866538507 994071141 n

チームメイトにははげましてもらったり、足の治療をしてもらったり、ペースを落としてもらったり、大変感謝しています。
21時の時点で、あと18km。
5人の仲間が一緒に歩いてゴールしてくれると言ってくれましたが、歩いてだとかなり時間もかかり、その歩きさえもみんなについて行けなかったので、リタイアを決意しました。
1人で明け方まで歩いてゴールすることも考えましたが、リタイアして電車で先回りし、仲間のゴールを見届けることを選んだのです。

自分の力不足を痛感し、この上ない敗北感です。

敗因

奇跡的に涼しい気候にめぐまれていたにも関わらず、完走できなかった理由を考えてみました。

装備が甘かった

未知の距離、山があることを考えると、シューズの選択を間違えたかもしれません。
そのせいで足を痛めてしまいました。

「どのくらいの補給食を持って行こう?」とばかり気にしていましたが、途中のエイドも充実しており、自販機やコンビニもあったので、補給食はそれほど必要ありませんでした。
むしろ必要だったのは、けがのケア。
スプレーやテービングなどをもっと多めに持っていくべきでした。

走り込みが足りなかった

これまでフルマラソンを2回しか走ったことがなく、今年2月の東京マラソン以来、20km以上を走ったのは3回ほどです。
圧倒的に走り込みが足りませんでした。
けががあったこともありますが、トライアスロンのシーズンに入り、走る距離が短くなっていたのです(トライアスロンはランが10km)。
余計に長距離を走る機会が減っていました。

メンタルの弱さ

足が痛い、つらいというのはチームメイトも同じで、私よりも大きなけがを抱えていた人もいます。
ここぞというときにメンタル面の弱さが出ました。
今回のレースは制限時間がたっぷり(翌朝5時)あり、タイムプレッシャーがゆるかったのも原因かもしれません。

けがが治りきってなかった

練習量を落とし通院もしているのですが、なかなかけがが治り切りません。
トライアスロンのラン10kmだと、痛みがあってもごまかせますが、長い距離だとそうもいきません。
けがをかばうとさらにけがをすることになります。
けがの状況では来月の100kmマラソンは出場をとりやめるつもりです。

一晩明けて、ふとともの筋肉痛がひどくなり、歩くのもままならない状態です(^_^;)
プールに行きたかったのですが、歩けないので1日安静にしていました。

「楽しかった!」と手放しではいえませんが、ぼろぼろになりながらも自分の限界値を上がったのを感じられるのは、やはりいい経験です。

普通の生活や仕事をしていたら、これほどの挫折感・敗北感は経験できません。

しかし、つらかったです(^_^;)





■スポンサードリンク

【編集後記】
明日はアポを入れてませんが、明後日は出張で飛行機に乗ります。
それまでにある程度歩けるようにしなければと思っています(^_^;)
明日は病院とプールに行く予定です。