Excel2003ユーザーのためのExcel2010入門その3[バージョンごとの互換性その他の注意点]

Excel2003ユーザーが2010にアップグレードしたときに、もっとも気になるのが互換性でしょう。
互換性をはじめとした注意点についてまとめました。
スクリーンショット 2012 07 23 8 37 17

1 ファイルの互換性(2003→2007)

PCのファイルには、そのファイルの種類を示す記号がついています。
これを拡張子と言います。
Wordなら、書類.doc 書類.docx パワーポイントなら 書類.ppt PDFファイルなら 書類.pdfという表示になります。

Excelでは、2003までのファイルは<.xls>、2007以降は<.xlsx>です。

スクリーンショット 2012 07 23 8 43 14

<.xlsx>のファイルも2003で開くことができます。
Excel2003でExcel2007・2010のファイルを開く方法 » EX-IT

これまで2003で作ったファイル<.xls>は、当然2007以降で開くことができます。

そのまま<.xls>で使い続けても大丈夫です。

2007/2010では<名前をつけて保存>の際にファイルの種類を選ぶことができます。
[Excelブック]なら<.xlsx>、[Excel97-2003ブック]なら<.xls>です。
スクリーンショット 2012 07 23 8 37 08

2 色

Excel2003と2007・2010は使える色数が違います。
上が2010、下が2,003です。
下の段の薄い色は反映されず、濃い色になります。
2003ユーザーへ資料を送ると、変に濃い色のグラフや表になってしまいます。
スクリーンショット 2012 07 23 8 39 07


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


色を選択する際に、[標準の色]から選べばイメージ通りに表示できます。
スクリーンショット 2012 07 23 8 39 25

3 データ量

データ量は、2003までは、65536行、2007以降は 1,048,576行です。
2007以降でデータが65,536行より多いと、2003では表示されません。

マクロのプログラムでも、2003ユーザーに使ってもらうときは、65,536行より下の行を指定するとエラーが出ます。

4 関数

2007以降で新しく使えるようになった関数(たとえばIFFEROR)は、2003では表示されません。
2003ユーザーに渡すファイルでは、違う関数を使わなければいけません。

スクリーンショット 2012 07 23 8 38 03

5 テーブル

2007以降で使えるテーブルも、2003では使えません。
[リスト]という機能になり、一部表示がおかしくなります。

スクリーンショット 2012 07 23 8 41 49
スクリーンショット 2012 07 23 8 41 44

簡単!きれい!ミスが減る! 何かと便利なExcelの[テーブル] » EX-IT

Excel2003ユーザーはずいぶん少なくなりましたが、以上の点について気をつけましょう。

Excel2003ユーザーのためのExcel2010入門その1[あのメニューはどこに?] » EX-IT

■スポンサードリンク

Excel2003ユーザーのためのExcel2010入門その2[2010に変えてよかったと思える9つのポイント] » EX-IT





■スポンサードリンク
【編集後記】
楽天の電子書籍リーダーKobo Touchが先日届きました。
もうちょっと使ってみてからブログでもレビューします。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###