MacBookAir11インチを久しぶりに使って感じたこと

最近外出時には、軽いMacBookAir11インチを使っています。
メインで使っているMacBookPro15インチと改めて比較してみました。
IMG 4292

Pro15インチとAir11インチ

私が今使っているMacは、MacBookPro15インチ(Retina 2012)とMacBookAir11インチ(2011)です。

ほとんどはPro15インチをメインにしていて、外出先でも使っています。

Pro15インチを買ってからしばらくは、その性能の高さや使いやすさからAir11インチをまったく使わなかったのですが、最近Air11インチも使うようになってきました。

買ってみてよかった! MacBookPro Retinaモデルを1週間使ってみた感想・気づいたこと » EX-IT

Air11インチのメリット

Air11インチのメリットはなんといっても軽くて小さいことです。

Pro15インチが2kgほどであるのに対して、Air11インチは1kgちょっと。
ひさしぶりに持つとやはり「軽い!」と感じます。

Pro15インチに比べると非常に小さいのでバッグに入れて持ち運びやすいです。
IMG 4292

トライアスロンやマラソンの遠征時にも効果を発揮します。
昨日は、千葉県御宿にてスイムレースに参加しました。
(この波の中、泳ぐのは大変でしたが、意外と楽しかったです(^o^))

IMG 4287

電車で片道2時間の道のりでしたが、車内がすいていることもあり、PCが使えますので、こういうときは小さく軽いAir11インチの方が使いやすいです。
昨日はみっちりセミナーの資料の最終調整をやっていました。

今日も片道2時間半の電車の旅ですので、Air11インチが活躍しています。

Air11インチのデメリット

一方でデメリットもあります。

1 画面が小さい

当然Air11インチの方が画面が小さいです。
表示される部分が少ないので、多少なりとも効率は悪くなります。
IMG 4291

2 電池が持たない

Air11インチは購入してから1年経過しているということもあるかもしれませんが、電池の持ちは4時間弱です。

Pro15インチは、だいたい5時間半くらい持つ感じですね。

(ネットを使うかどうかにも左右されます)
補助バッテリーも持ち歩いているので問題はありませんが、明らかに違いを感じます。

3 画面が粗い

メインで使っているPro15インチはRetinaDisplayというきれいな液晶画面を使っています。
文字の見え方も違いますので、これに慣れているとAir11インチの画面はちょっと見づらく感じます。

処理速度は、それほど負荷のかからない処理であればAir11インチも遜色ありません。Windowsもちゃんと動いています。

私は2台を買ったわけではなく、2010年にPro15インチ、2011年にAir11インチ、2012年にPro15インチRetinaを買ったため、たまたま2台体制になっただけですで、メインのPCと軽いサブPCを使い分けるのは悪くありません。
去年、Pro15インチ(2010)とAir11インチを使っていたときは、Pro15インチが重すぎて(2.5kg)、ほとんど持ち歩いていませんでした。画面や性能的にもほぼ違いはなかったからです。

今は、お客様訪問時など通常時はやはりPro15インチRetinaを持ち歩いています。
2kgなら持ち歩きやすいですし(0.5kgの差は意外と大きいです)、画面のきれいさはやはり捨てがたいですね。
Retinaモデルの11インチが出ればまた事情が変わってくるかもしれません。
2.02kgのMacBookProRetinaを持ち運ぶ理由 » EX-IT

Macに限らず、画面の大きさを選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。
11インチと15インチの間の13インチも昔使っていましたが、バランスがいいと思う反面中途半端でした(^_^;)
Macを買うならどの大きさ? おすすめは11インチor15インチ » EX-IT





【編集後記】

■スポンサードリンク

昨日、御宿スイムレース前にくらげよけクリームを友人に借りて塗ったのですが、塗り忘れていた首をしっかり指されました(^_^;)
まだちょっとひりひりします。。。