トレイルラン初完走!多摩川源流トレイル30kmに参加してきました。

昨日、多摩川源流トレイル30kmに参加してきました。
トレイルランではじめて完走でき、ホッとしています。
IMG 4309

多摩川源流トレイル

トレイルランは、4月に挑戦しましたが、途中の関門にひっかかり完走できませんでした。
トレイルラン、初挑戦!苦いデビュー戦 » EX-IT

また、7月、8月に出た奥多摩エコジャーニー99km、北オホーツク100kmマラソンも完走できず、リタイア続きだったので、「今回こそは」と思って、今回の多摩川源流トレイルに参加したのです。

東京の奥多摩駅(自宅から2時間半)からバスを乗り継ぎ、トータル3時間半ほどでたどり付いたのが山梨県小菅村。
やまめやわさびで有名な人口800人の村です。
電車とバスで行くのはかなり無謀でしたね。。。。。。
IMG 4297

コースはこんな感じで山の中を走り回ります(^_^;)
スクリーンショット 2012 09 17 6 32 56

拡大した位置関係はこんな感じです。
スクリーンショット 2012 09 17 6 39 51

高度700mの小菅村からスタートし、1,300くらいまで上ります。大きな登りが2回あり、とくに序盤の長い登りはつらかったです。
スクリーンショット 2012 09 17 6 33 05

途中の景色は最高で、幻想的な雰囲気もありました。
IMG 4310

川沿いもきれいです。
IMG 4314

30kmで制限時間は4時間半。途中に関門が3カ所あります。
普通の道だと30kmはだいたい3時間くらいです。
関門クリアできるかどうか不安でしたが、結果は3時間43分。
目標としていた3時間半をきれませんでしたが、まずまずです。

完走できた理由

今回、かなり調子よく走れました。
その理由は、次のようなものです。

・脚のけががほぼ治ってたこと

脚の痛みがほぼなかったのはうれしかったです。
ずっとけがに悩まされていましたが、あちこちの病院に通った甲斐がありました。
フォームの改善もいい影響があったかもしれません。

・ランニングフォームを変えつつあり、それがうまくいったこと

ここ数ヶ月ランニングフォームを変えようとし、5本指シューズで走ったりもしています。
7,8月くらいは走り方に迷いやぎこちなさがありましたが、最近になってようやくフィットしてきた感じがします。

・トレラン雑誌に出てた登り攻略法を実践した

トレラン関係の書籍や雑誌を読みあさり、知識もインプットしてきました。
特にこのページの登りの攻略法が非常に効果があり、疲れも少なかったです。
骨盤を起こして、ひざの角度を狭くして登ります。
IMG 4320

・ルールを決めて、守った

前回のレースで速いランナーに周回遅れにされながら気づいたことがあったんです。
トレランは登りは歩き、平坦なところや下りは走ります。
速いランナーは、登りが終わったか終わらないかの地点ですぐに走り出すのです。
登りが終わるとついつい休んだり、だらだら歩き続けたりしてしまいます。
精神的にも肉体的にもこの切替をきっちりやるべきだと思い、今回は実践しました。

そこそこいいペースで走れたのは、このおかげだと思います。

ルールを決めて、厳格に守る、切替は仕事や日常生活でも大事ですしね。

・山で秘密特訓したこと

青梅の山で自主特訓をしてから今回に臨みました。
そのときに前述のルールも練習しています。

・渋滞対策をしたこと

前回、トレランに出場したときに、渋滞に悩まされました。
山の道はせまく、追い抜きが難しいところが多いです。
スタート時に前の方にいること、抜けるポイントでできるだけ抜くというのが重要だと考え、今回対策をしました。

IMG 4307

今回はスタート2kmくらい思い切り飛ばしてます。
周りの方もそれをわかっているようで結構厳しいペースでした。
このレースのポイントはこの場所取りと長い下りをどれだけ飛ばせるかだと思います。
その後は渋滞にはまりましたが、多少前の方で渋滞に入ったので比較的楽なレース展開ができました。

もちろん、小菅村の方々の手厚いサポートも後押ししてくれました。
山の中のあちこちで応援をしてくださいましたし、途中のエイド(補給所)でたべた山梨産のぶどうも絶品でしたね。
ゴール後はけんちん汁、オレンジをたべました(^^)

逆に反省点は、

・太ももに多少疲れがでて終盤の下りを飛ばしきれなかったこと

・リュックに背負った水が多すぎたこと(2.5リットル)

・バイク用グローブを使ったため、暑くてつらかったこと

です。

トレランはやっぱり楽しい

トレイルラン=トレランはやっぱり楽しいです。
ほぼ同じペースでたんたんと走るマラソンとは別の楽しさがあります。
登りは歩いてスローペース、下りは走ってハイスピードでという切替が面白いです。

また、トレランは参加選手とあいさつをすることも多いのも楽しみの1つですね。

道がせまいため、声をかけて抜いたり抜かれたりをやらないと危険だからです。

座り込んでいる方や転んだ方に声をかけることもあります。

マラソンだとあんまりないですからね。
下り時のけがには十分注意して、今後も楽しみたいと思っています。

今回も所属するトライアスロンチーム「イオマーレ・マルティーヨ」のユニフォームで走りました(^^)

IMG 4316





■スポンサードリンク

【編集後記】
昨日の夜は即寝ました(いつも寝るのは早いのですが)。
今朝は体のダメージもほとんどありません。
今日は午後から「Excelを12倍速くするセミナー」を開催します。