一点突破でショートカットキーを使うクセをつけよう

ショートカットキーは様々なソフトで使うことができます。
無意識に使えるくらい習慣にしておくとPC操作全体の効率が上がります。
スクリーンショット 2012 11 01 9 55 48

1つのソフトで使ってみる

実はショートカットキーはほとんどのソフトに搭載されています。

共通の操作も多いです。
例えば、
コピーなら Ctrl+C(MacはCommand+c)
保存なら Ctrl+S(MacはCommand+S)
というものです。

重要なのは、ショートカットキーを使うクセです。
ついついマウスに手が伸びることがなくなり、キーボードだけで操作できるようになると、PCを操作する時間が大きく短縮できます。

最もよく使う1つのソフトでショートカットキーを徹底的に使って、クセをつけることを意識してみるといいでしょう。
無意識に使うにはまず意識的に使うことが必要です。

私が最初にショートカットキーを徹底的に使ったのはExcelでした。
その応用で、どんなソフトでもショートカットキーを使うようになっています。

ウェブブラウザ、Finder(Windowsではエクスプローラー)、ソフトの終了、再起動、PCの終了、写真の整理、Evernote、会計ソフト、税務ソフト、タスク管理、Keynote、Wordなどほぼすべてのソフトでショートカットキーを使います。

ショートカットキーがない、少ないソフトをみると残念な気持ちになります(^^;)

ショートカットキー一覧を手に入れる

ショートカットキー自体はどこでさがせばいいのでしょうか?
次の3つの方法があります。

1 ネットで検索

「Excel ショートカットキー」と検索すれば、一覧が出てきます。
当ブログでも該当記事があり、PDFファイル、Excelファイルで無料配布しています。
Excelショートカットキーをどうやって覚えるか?ー「おすすめショートカットキー」がダウンロードできます− » EX-IT

2 ソフトをよく見る

ソフトを操作するときによく見ると、ショートカットキーの操作方法が書いてあります。
たとえば、Excelだとマウスのカーソルとアイコンにあわせるとこう表示されます。
貼り付け=Ctrl+Vと書いてあるのです。

その他メニューやアイコンに書いてあります。
スクリーンショット 2012 11 01 10 06 56

3 ソフトのヘルプを見る

1の場合も2の場合も、すべてのショートカットキーを一覧で把握することは難しいです。
ショートカットキーはクセですので、人によって使えるもの、使えないものが異なります。

2010年に「Excelショートカットキー道場」というマニアックなセミナーを3回開催し、各回ともに、参加者の方が使いやすいと思ったショートカットキーのアンケートととったところ、結構ばらつきがあったのです。

ヘルプで、「ショートカット」「ショートカットキー」と検索すると一覧がでてきますので、それを印刷又は自分のPC内のテキストファイルやEvernoteに貼り付けておきましょう。

Gmailだと、「?」を押せば、ヘルプの一覧が出てきます。すばらしいです(^^)
(WinでもMacでも可能)

スクリーンショット 2012 11 01 10 11 31

ウェブブラウザGoogleChormeにも、使えるショートカットキーは多いです。
[Win&Mac両対応]すべて試した結果、おすすめするGoogleChromeのショートカットキー13選 » EX-IT

新しいソフトが出てきてもソフトを変えても

ショートカットキーのクセがついていれば、新しいソフトになってもとまどいません。
キーボードの種類は変わらないですし、PCを変えてもそんなに大きな違いはないからです。

Excelがバージョンアップしても、Windowsがバージョンアップしても、WindwosからMacにバージョンアップしても、まずショートカットキーを確認すれば、すぐになじむことができます。
Macのキーボードショートカットを使いやすくするコツ » EX-IT

最近だとWindows8ですね。
Windows8導入(Macに)!独特な操作をスムーズにする5つのショートカットキー » EX-IT

ショートカットキーを使うクセがあればPCへの抵抗、新しいソフトの抵抗が減りますので、是非地道に身につけてみてください。





【編集後記】

■スポンサードリンク

今朝、2月のおきなわマラソンにエントリー。
フルマラソンです。
10月の伊是名トライアスロン(沖縄)が台風で中止になったので、フライトを変更していました。
沖縄本土ははじめて行くので楽しみです(^^)