有料の価値を上げるために、無料の価値を上げ続ける

有料で、つまりお金を受け取って仕事をするには、大きなプレッシャーがかかります。
その価値を上げることが欠かせません。
有料の価値を上げるには、無料の価値を上げ続けるのがおすすめです。
DSC05472
※大島行きのフェリーにて Sony α7

有料のプレッシャー

有料、つまりお金を受け取ってモノやサービスを提供するのは、大きなプレッシャーがかかります。
(むしろ、プレッシャーを感じなければいけないと思っています)

ひとりビジネスでお金を受け取ることは、会社から受け取る給料とはまた違ったプレッシャーがあり、そのプレッシャーを解決しなければいけません。

かといって、そのプレッシャーが嫌で、理由なき低価格にしたり、無料にしたりすると、自分が食べていけなくなってしまいます。

有料のプレッシャーを軽くするために、有料の価値を上げなければいけません。

さらには、同時に、無料の価値を上げる方法もあります。

無料で提供するモノやサービスの価値を上げ続ければ、有料の価値も上がり、そのプレッシャーをある程度軽減できるのです。

私は独立当初、無料<有料という考え方でいました。

無料ではここまで。ここからは有料。
無料だとここまでやったら損
無料で仕事をやってはいけない
と。

この考え方では、いつまでたっても有料のプレッシャーの押しつぶされ、結果的に有料の価値を上げることができません。
適正な単価もつけられないということです。

無料の価値を上げ続ける工夫

モノを無料で提供するなら、試食、試供品、体験版などがあります。
サービスの場合は、お試しや一定期間の無料化があるでしょう。

私がやっている無料の価値提供は、ブログやメルマガです。

無料で書き続けることで、その価値を上げてきました。
・アウトプットする力
・アウトプットする内容
を磨けば、価値は上がってきます。

有料で提供しているものと変わらないことを書いていけば、当然価値は上がり続けるのです。

「無料で提供しきってしまったら有料で提供するものがなくなる」と思うかもしれません。
私もそう思っていましたが、現実は逆でした。
今でもそうです。
無料で提供する価値を上げれば上げるほど、有料の価値が上がり、買っていただけるようになります。

これが、無料だとここまで!とやっていたら、有料の価値は今ほど上がっていないでしょうし、買っていただいていないでしょう。
(もちろん、まだまだ上げなければいけませんが)

もちろん、有料の価値提供を躊躇なくできる方は、無料の価値提供をしなくてもいいかもしれません。
私のように、有料のプレッシャーを感じ、何かしないと押しつぶされそうで、「無料でいいっすよ」といってしまうようなタイプは、何かしら工夫する必要があります。

その工夫が無料の価値提供、無料でやることの価値を上げることです。

有料か無料かをメニューによって決める

究極的には、無料でも有料でも提供する価値はかわらないと思っています。
有料だから価値提供モード、無料だと通常モードと切り替えることも難しいです。

無料である、普段の言動でも価値を提供できていないと、有料での価値も上がらないのではないでしょうか。
たとえば、ちょっとした一言で、価値を提供できるようでないと、有料の価値は上がらないと考えています。

有料か無料かは自分で決めるだけです。
私はメニューごとに変えています。

無料
・ブログ
・メルマガ
・セルフマガジン

有料
・税務顧問
・セミナー
・コンサルティング
・出版、記事執筆

何を無料にし、何を有料にするかをきっちり決めていたほうがやりやすいです。
同じメニューで無料と有料があると自分でも混乱します。
「いいっすよ、ただで」といってしまいがちだからです。

・お金を受け取るプレッシャーとうまくつきあいたい
・有料メニューの単価を上げたい
・ただで仕事をやってしまう
という方は、メニューごとに有料・無料を明確に分け、無料での価値提供を徹底して工夫することをおすすめします。
【関連記事】「どうしてプロに無償で仕事依頼しちゃダメなのか」ではなく、「プロとして無償で仕事を依頼されちゃダメ」 | EX-IT
リンク





【編集後記】

昨日は、引き続き大島。

朝食をとって露天風呂入ってアイス食べて磯ラーメン食べて牧場に行って港に行ってシュークリーム食べてフェリーに乗っておかし食べてビール飲んで昼寝してシュークリームとプリン食べて帰宅。

チームメイトと総勢7名、楽しい旅でした。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

大島 岡田港からフェリー
菓子工房 イチミネ 岡田港前
磯ラーメン


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』