売上が変動・不安定なら見ておきたい数字【移動年計】とExcelテンプレート

ひとりでビジネスをしていると、月ごとの売上の変動が大きく、不安定です。
移動年計という数字の見方を覚えておきましょう。

EX IT 10
※Excel(Mac)で作成→スクリーンショット

売上が不安定なのはしかたがない

ひとりでビジネスをやっていれば、売上が月ごとに変動し、不安定になることが多いです。
私も同様で、月ごとに結構変動があります。
セミナー、コンサルティングは一定の売上があるとはいえませんし、出版業は水ものです。
安定しているといわれる税理士顧問業も、件数が少ないので、決して安定しているとはいえません。

「安定しないもの」と割り切っていたほうが気が楽です。
安定させようとすると、無理に仕事をとってしまいがちで、「安定」ではなく「固定」されてしまいます。
時間がなくなり、余力がなくなり、新しいことができません。

安定しない、不安定を認識しつつ、現状を把握しましょう。

移動年計という数字を見ておこう

月ごとに数字が変動する場合、移動年計という数字を見ておきましょう。

移動年計とは、過去1年間の累計の数字を1ヶ月ずつ移動させていくものです。
私も必ずチェックしています。チェックしないと逆に怖いです。

たとえば、2016年1月の移動年計は、2015年2月〜2016年1月の売上を合計した18,264,381となります。
EX IT 4

2016年2月の移動年計は、1ヶ月移動させて2015年3月〜2016年2月の売上を合計した18,419,182です。
EX IT 5

このように12ヶ月の売上で移動年計を作っていきます。


■スポンサードリンク


月々の売上を見ると、3〜5月は調子がいいように見えますが、
EX IT 7

移動年計だと、それほどいい状況ではありません。
2015年8月頃の移動年計は、2,100万円くらいでしたが、2016年1月ごろは落ち込み、2016年5月頃は、1,800万円くらいに落ちています。
5月頃は少し復調していますが、売上の傾向として減少しているのです。
なんらかの手を打たなければいけません。

EX IT 8

移動年計を計算してみましょう。

Excelで移動年計を作る方法

移動年計は、Excelで作ると楽です。

必要なのは、3年分の売上の数字。
(移動年計だけを作るなら過去2年分の数字が必要ですが、今回のExcelのテンプレートでは3年分を準備します)
最新の年は、最新の月までで大丈夫です。

2016年5月なら、2014年1月〜2016年5月を準備してください。
法人なら、3期分です。

①3年分(3期)のデータを入力します。
EX IT 11

最新月は関数で読み取り、ここに表示され、自動的に移動年計を計算するしくみです。
EX IT 12

②最新月の売上高を入れていけば(サンプルの場合、次は6月)、表やグラフは更新されます。
うすいオレンジの部分は数式が入っていますので、さわらないようにしてください。
興味がある方は研究していただければ。
移動年計は、VLOOKUP関数で読み取り、当月までの累計ー移動年計の初月までの累計で計算しています。

EX-ITサンプル 移動年計.xlsx

売上の変動をなくすことも大事です。
閑散期、繁忙期の波をなくす努力をしつつ、現実を数字で見ましょう。

といっても波は多少ありますので、そのリスクヘッジのため複数の収入の柱を持つようにしています。
【関連記事】「仕事がない、暇なときは、どうするか?」よりも仕事の波をなくすことを考えよう。 | EX-IT
リンク





【編集後記】

昨日は、チームメイトの応援のため、横浜トライアスロンへ。
バイクで25km往復しました。
応援していると、やっぱり出場したくなります。

次のレースは、6/4大島です。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

横浜トライアスロン応援
中華街江戸清

■スポンサードリンク

■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』