iPhone 6 Plusでランニングしてみた!iPhone 6 PlusマラソンランナーはBunkerRing必須!

大きくなったiPhoneでランニングをしてみました。
iPhone 6 Plus、やはりランニングにはちょっと大きいです。
10428973 674737545944070 1031067011 n

iPhone 6 Plusを持って走ってみた

9/19(金)にiPhone 6 Plusを買いましたが、その日は朝ランニングしていたので、土曜日に13km、日曜日に8kmほど、iPhone 6 Plusとともに走ってみました。
IMG 0030

iPhoneアプリのRun keeperで走行距離を記録したり、カメラで道中の写真を撮ったり、信号待ちでメールやLINE、Facebookをしたり、地図を確認したり、とランニングには、何かとiPhoneが必要です。

普段走るときも必ず持っていっています。

iPhone 5sと比べると、iPhone 6 Plusはこのくらい大きくなっています。
DSC01706

ただ、0.5mm薄くなっているので、意外と持ちやすいです。
DSC01693

auのSIMが使える!意外と持ちやすい!≪iPhone 6 Plus SIMフリー≫レポート | EX-IT

むしろ、問題なのは、112g(iPhone 5s)から172g(iPhone 6 Plus)となった重量でしょう。

リングは必須

ランニングパンツのポケットに入れてみると、すっぽり入りますが、重さはやはり感じます。
やわらかいランニングパンツだとそれなりに気になるレベルで、このまま走るのはちょっと厳しいです。
太ももがやや太い私でさえそう感じるので、通常だともっと気になるかもしれません。
(太ももが58cmくらいあります。ウエスト??って感じですが・・)
IMG 0028


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


現実的には、手に持って走ることになるでしょう。
その際にケース又はリングが必須です。
IMG 0029

普段から愛用しているBunkerRingも、もともとはラン用に買ったものでした。
リングなしでは、やや持ちにくいiPhone 6 Plusを安定させるために欠かせません。
IMG 0012

iPhoneを割りたくないあなたへ。新型Buker Ring Essentials! | EX-IT

iPhoneをケースに入れて腕につけてらっしゃる方も多いでしょう。
今度出ることが予想されますが、大きさを考えるとちょっと厳しいです。
試しに腕にのせてみました。
ちょっと太めの私の腕(周囲33cmくらい、接地面で11cmくらい)でも、どうだろう・・・という感じです。
(iPhone 6 Plusの幅は、77.8cm)
IMG 0008

レース時は時計の方が便利

フルマラソン、ハーフマラソンなどのレース時も持って走れないことはないでしょう。
記録を狙う、サブフォーを狙う場合には、時計がおすすめです。

IMG 0015

ランニング時のタイム計測にはどっちが便利? iPhoneアプリVSガーミン | EX-IT

私が使っているのは、海でも使えて、20時間持つ(アイアンマンでも使える)、ハイエンドモデルですので、

この辺がお手軽ではないでしょうか。
もちろん、他のメーカーからも出ています。
ラップ(1kmごと)を設定できて、バイブで教えてくれる機能がついているか確認しましょう。
練習時もレース時も、1kmを何分で走ったか、ペースが速すぎないか・遅すぎないかを確認するのが大事だからです。

タイムを確認できる、距離ごとのラップがわかる、軽い、といった点で時計は優れています。

iPhone 6 Plusは、ポーチに入れるか、預けておくかでしょうね。
ただ、ポーチの大きさによっては入らない可能性もあります。
IMG 0011

私の場合は、ランニングシャツ(トライアスロン用)、ランニングパンツともに後ろポケットがあるので、そこに入れるつもりです。
写真を撮りながら走るときは、リングを使って手で持つでしょうね。

まとめ

ランニングでiPhoneを愛用している方は、迷うところです。
画面が大きい方が、普段使いではつかいやすいのは確かですが、ランニングには適しているとはいえません。
時計を買ってみるのもおすすめです。

とはいえ、練習時はiPhoneなしで出かけるのは不便ですので、持って走るとなると、やはりBunkerRingをおすすめします。
IMG 0001

iPhone 6 Plusではなく、iPhone 6なら大丈夫か?というと、そう変わらないでしょうね。
実際にiPhone6を見てみましたが、やはりランニングには大きすぎるイメージでした。
iPhone 6 Plus、iPhone 6、iPhone 5sで、幅は、77.8mm、67.0mm、58.6mm。
ランニングに合うのは60mmくらいなのかもしれません。
スクリーンショット 2014 09 22 9 05 28





■スポンサードリンク
【編集後記】
売却前に、iPhone 5Sを修理してもらおうと、AppleStoreへ。
Touch ID(指紋認証)が先週月曜日に壊れたのです・・・。

保証期間中でしたが、本体が少しへこんでいるため、有償交換になるとのこと。
AppleCare(保証)に入っているので、7,800円でした(通常3万くらい)。

少し考えた末、7,800円かけても売却した方が得と判断。交換してもらいました。
売却先は、今、探しています。

[10/17までに200kmチャレンジ]
昨日8.5km 累計40.5km

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

蒙古タンメン
渋谷往復ラン
AppleCare利用




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』