年間240万円の人件費の使い道。売上と投資。

人を雇わなければ年間240万円浮きます。
その使い道は、売上と投資です。
DSC04988
※出雲大社にて Sony α7

人を雇わなければ人件費が浮く

人を雇うと、当然お金がかかります。
月20万円払うなら年間240万円です。

社会保険料も考えると、年間270万円ほどになります。

人を雇わなければ、この分が浮きます。
このお金をどう使うかは自分次第です。

現在、私は人を雇っていませんので、年間240万円が浮いていると考えています。
その使い道は売上と投資です。

人件費分、売上を減らす

「人件費分を売上に使う」というのは、正確には、「人件費分、売上を減らす」という意味です。

人件費を払う必要がないなら、売上を減らせます。
売上を減らせるというのはいいことなのです。

・無理に仕事をとらなくていい
・自分の軸に反する仕事をとらなくていい
・値下げしてまでとらなくてもいい
・仕事を断ることができる
・仕事量を減らせる

「人件費をまかなうために、売上を増やさなければいけない」という状況はさけなければいけません。

人件費を払う

人に任せられる

どんな仕事・人でも任せれば、売上から人件費等をひいた利益を得られる


■スポンサードリンク


と考えてしまうと、軸がぶれます。

人件費のために仕事をとると、いいことはありません。
任せた人がやめてしまう場合もあります。

人件費分、投資する

人件費の分を投資に回せます。
自分への投資です。

年間240万円をすべて投資に回せると、月20万円を自分への投資に使えます。
・書籍
・セミナー
・コンサルティング
など、知識やスキルを磨けるのです。
その結果、売上を上げることも不可能ではありません。

投資としては、ITへの投資もあります。
PCやITサービスへ投資することにより、やはり知識やスキルを磨けるのです。
効率化すれば、さらに人件費を減らせます。

通常なら1人雇わなければいけないところを、雇わずにすめば年間240万円。
2人雇わなければいけないところを、雇わずにすめば年間480万円。

・売上を減らす余地
・投資する余地

が増えるのです。

人を雇うことはもちろん大事なことであり、価値があります。
ただ、誰もが人を雇えるわけではありません。
私は人を雇う才能はなく、その器もないので、人を雇わないことを選び、その人件費分の使い方を考え続けています。

事業をはじめたから、独立したから、人を雇わなければいけないわけでもないのです。





【編集後記】

昨日は午後からWordPressブログ入門セミナーを開催。
新たなブログが無事うまれました。

次回は6/24に開催します。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

はじめて会う方
これまでにない業種の方が、セミナーに参加してくださった(2人)

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』