「新しいモノ・コトへの挑戦・投資」は、「貢献できる可能性」を高めることで促進される

新しいモノ・コトを体験するには、お金と時間がかかります。
しかし、その体験が、誰かの役に立てば安くものです。
誰かの役に立つ可能性を高めることで、新しいモノ・コトへのハードルが下がります。
DSC03046

新しいモノ・コトは損も多い

新しいモノを買ったり、新しいコトに挑戦するには、ある程度割り切っておかなければいけないことがあります。

それは、「時間又はお金を損すること」です。

えいやっと挑戦するのはいいのですが、結果的に、時間もお金も捨ててしまうことも多いでしょう。

しかし、誰かの役に立てれば、その損を回収することは可能です。

こういったものも、正直損をしました・・。
たまに使っていますが。
「買わずにすみました!ありがとうございます!」との声もいただき、少しでも役に立ててうれしいことではあります。
【関連記事】Apple Watch Sportラン!ランニング用としてはオススメできない5つの理由 | EX-IT
リンク

逆に、えいやっと挑戦・投資した結果、他者の役に立つことも多いです。
たとえば、Mac。
Windowsのソフトが必須な税理士業界では、Macを使うのは現実的でないといわれていましたが、今では普通になり、多くの方がMacを持ち、Windowsを使っています。
2010年に、「Macを買おうかな」とTwitterでつぶやいたら、数名の方から、「税理士がMacだけなんて・・」とご助言いただきました。
ただ、試してみなければわからないと、当時のMac(10万円ほど)を捨てるつもりで、試してみたのです。

【関連記事】かんたんに使えるようになります!MacでWindowsを使うまでの手順 | EX-IT
リンク

【関連記事】Macで弥生会計は使えるか? | EX-IT
リンク

ブログがなければトライアスロンをやってなかった

新しい挑戦として大きかったのは、2010年のトライアスロン。
1人でえいやっとはじめたことで、昨年は3人、今年も3人のチームメイトがトライアスロンデビューできました。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


これだけでも、不安の中思い切ってやってよかったと思っています。
【関連記事】2ヶ月でトライアスロンデビュー。チーム[ポセイ丼]結成からデビュー戦までの軌跡 | EX-IT
リンク

当時ブログをやっていなければ、トライアスロンもやっていなかったはずです。
ネタにもなるし、当時周りの人で誰もやっていなかったからこそ選んだという事情もありました。

「誰かの役に立つ可能性」を高めることで、「新しいモノ・コトへの挑戦や投資」が促進されます。

損をしても得をしても、そのことを伝え、リターンを得られるからです。
もちろん、金額的に損失をすべて回収できるわけではありません。
トータルで考えて損失と貢献がだいたいつりあえばよしと考えましょう。
これは読書についても同じことがいえます。
1冊1冊で損得を判断していたら、読書には投資できません。
損をするものもあり、得をするものもあり、トータルでだいたい回収できれば問題ないです。

今は、リターンを考えてブログ記事にするほか、ブログの記事下部で「1日1新」として記録しています。
【関連記事】毎日新しいことをやって記録する。1年続けた【1日1新】の効果・全リスト | EX-IT
リンク

同じ活動をしていただける方も徐々に増えていてうれしい限りです。
「毎日新しいことに挑戦する」という新しいことで貢献できた例といえます。
好きなこと・やりたいことがみつからないなら新しいことを毎日やってみればいい

[n❁h]変化しないことのリスク。平凡な毎日に「1日1新」を取り入れよう。 #七ブ侍 #木曜日 *46

「誰かの役に立つ可能性」を高める、たとえば1,000人に広めるには、
・友達を1,000人作る
・1,000人雇う
・1,000人と名刺交換する
などが考えられますが、「伝える」「役に立つ」という意味では、なかなか難しいでしょう。

それならば、ネット上で、自分のメディアを1,000人に読んでもらう方が現実的です。

当ブログだと、昨日で約1万人の方に見ていただいています。
新しいモノ・コトへの投資で、時間やお金を使うのに躊躇はありません。
(金額にもよりますが)

■スポンサードリンク

たとえ、見ていただく方が少なくても、そのうちの1人にでも役に立てるのであれば続けていくべきです。

ビジネスをやっていれば、新しいモノ・コトへのリターンも大きい

さらに、ビジネスをやっていれば(フリーランス、ひとり社長も含む)、新しいモノ・コトへのリターンも大きくなります。
知識や体験は人に貢献できるものであり、ビジネス、つまり仕事をして報酬をいただくこと=貢献だからです。
(もちろん、完全なプライベートのものもあるでしょうが)

新しいモノ・コトは、その体験により、自分の視野が広がり個を高めることができるのが大きなメリットといえます。
個の力を高めないと、貢献はできません。
(特に、ひとりでビジネスをやる場合)

というわけで、先日も新しいモノに挑戦、投資しましたが、ネタにする前に壊れました。。。。
修理するより買い直した方がはやいようです。

東京だと物騒なので、神奈川の海岸にいってテストしたり、自宅でテストしたりしつつ、先日の長崎五島のトライアスロンで、チームメイトに披露しているときに故障。。。
ま、いい体験ができ(刺激的でした)、視野が広がったので、よしとしています。

10849968 1609841159285720 8482239354253467836 n

新しいモノ・コトへの挑戦を加速するならば、貢献できる可能性を高めるのがおすすめです。





■スポンサードリンク
【編集後記】

先日、当ブログを毎日更新して2,900日目でした。
今日は2,903日目です。
何もなければ、今年中に3,000日を達成します。
何かやるかもしれませんし、何もやらないかもしれません。

読んでいただける皆様のおかげです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

お客様先で新マクロ導入
カフェペリーニ




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###