人を選ばない

「どんなに多忙でも人と会う時間を惜しむな」
いろいろな雑誌・書籍で目にした言葉ですが、
本当だなぁと実感した昨日でした。
35年ちょっと生きていますが、正直34年7か月(2007年7月くらいまで)は、
ビジネスでもプライベートでも「この人はすごい」と思う人に会ってないなぁと思っていたんです。
その後、2007年7月以降、独立してからは、「この人はすごい」、「会えてよかった」と思える人に
数多く出会うことができています。
その理由は、独立して立場や考え方が変わったこともあるのでしょうが、
そのすごさが分かるようになったからかもしれません。
だから、34年7ヶ月(実質30年?の間にも、もっといい出会いがあったに違いないと思っています。
今、自分として1つの壁と考えているのが、
「人を選んでいる」こと。
非常に恐れ多いことですが、
「この人はいい人だ」「あまり感じのいい人じゃないなぁ」「よく話す人だなぁ」
「この人には話しても分かってくれないだろうな」
と交流する人を無意識に又は意識的に選んでしまっているところがあります。
特に同業者。
その壁を乗り越えた時に、もう1ランク以上、上の自分が出せる気がします。
難しいでしょうが、やってみますアップ