もらった消費税は,払わなくて(納税しなくて)いいのですか?

もらった消費税は,払わなくて(納税しなくて)いいのですか?
という質問をよく受けます。
例えば,
年間1,050万円の売上がある場合,その売上に対する消費税は,50万円。
この50万円は,顧客から預かったものですので,
払う必要があるのではないか?
という考え方です。
この問題は,次の2つの論点から考える必要があります。
1 消費税を払わなくてもいい場合がある。
消費税は,すべての事業者が払う必要はありません。
払うか払わないかは,前々年(前々期)の売上によって決まります。
前々年(前々期)の売上(消費税がかかるものに限る)が1,000万円を超える場合,
消費税を払うことになります。
Newtype税理士井ノ上陽一 大人の数字力を高めるブログ|
第1期,第2期→前々年がないため,消費税は支払わなくてよい。
※ただし,第1期,第2期開始時に資本金が1,000万円以上の法人は消費税を支払わなければいけません。
→つまり,資本金1,000万円で会社を設立すると,第1期,第2期は消費税を支払う義務が発生します。

第3期→第1期の売上が900万円なので,消費税は支払わなくてよい。
第4期→第2期の売上が1,200万円なので,消費税は支払なければならない。
第5期→第3期の売上が1,500万円なので,消費税を支払なければならない。
ここで,注目していただきたいのは,第4期です。
第4期の売上は900万円ですが,あくまで前々期の第2期で消費税を支払うかどうかを判定しますので,
第4期は消費税を支払う必要があります。
第4期の2年後の第6期は,消費税を支払う必要がありません。
2 売上に対する消費税を預かる一方で,仕入や経費を支払う場合には,消費税を支払っている。
前述の例で売上は1,050万円です。
この場合に,仕入や経費(消費税がかかるものに限る)を630万円支払っているとすると,
30万円の消費税(630万円×5/105)を支払っていることになります。
消費税は,売上に対する消費税から,仕入・経費に対する消費税を差し引き,
その差額を納税する制度です。
したがって,納税する消費税は,次のように計算します。
売上に対する消費税(50万円)-仕入・経費に対する消費税(30万円)=20万円
この20万円を納税するわけです。
なお,この仕入・経費に対する消費税の計算は,簡易的な計算方法を選択することもできます。
上記の2つを考慮すると,来年(来期)に消費税を支払うかどうかは事前に分かっているわけです。
また,事業計画をしっかり作成していれば,どのくらい納税しなければいけないかを計算することができます。
クライアントには,当然,事前に消費税を支払うかどうか,及び概算の納税額等の情報を提供しています。
納税のための資金を確保することができますし,
何よりも安心していただけるからです。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###