・Excelの試験を受けてきました

今日,Excelの試験を受けてきました。
マイクロソフト公認のMOS(Microsoft Office Specialist)のExcel2007です。
はじめて受験してみました。
http://mos.odyssey-com.co.jp/index.html
試験後その場で結果が判定され,結果は合格クラッカー
1,000点満点中902点でした。
どこを間違えたかは分からないようになっています。
総得点と問題数から考えると,2,3問間違えたんだと思います。

MOSとは

この試験は,全国で一斉に行われる試験と,提携PCスクールで行われる随時試験があります。
Excel本を書いている以上,不合格では話になりませんので,ほぼ毎日,少しずつ勉強していました。
受験料も12,390円と安くはありませんし・・・。
あまり時間をかけてもしかたがないので,約1ヶ月後の7月4日を試験日を設定しています。
Excel2007のスキルに関する問題をPCで解いていくというスタイルです。
普段あまり使わない機能もありましたので,一連のスキルを体系的に確認するのに非常に役に立ちました。
Excel本の校正の段階でこの経験を活かすことができると思います。
このMOS,申込時点ではMCAS(Microsoft Certified Application Specialist)という名称でした。
今年の6月3日に名称を変更したそうです。
試験会場で知りました・・。
以前はMOUS(Microsoft Office User Specialist)という名称でした。
実は,税理士受験専念時代に,私はTAC出版でExcel2000とWord2000の問題集を作ったことがあります。
名前は出ていませんが・・・。
そういう意味でも縁がある試験です。
勉強方法
この1ヶ月間,ひたすら問題を解いていました。
EX-IT|
アウトプット重視の勉強方法は,公務員試験,税理士試験から変わりません。
(パンシェル受験検定も(笑))
問題を解き,間違えた点をPC上に入力していきます。
この勉強方法で気をつけているのは次の4つです。
1 ケアレスミス(問題文の読み間違いや勘違いなど)も必ず入力すること
2 繰り返し問題を解くこと
3 スピードを最大限に上げて問題を解くこと
4 試験前はそのファイルしか見ないこと
1は「ケアレスミスだから・・・」と考えているミスほど,繰り返してしまうからです。試験の大半のミスはこの類のミスだと思います。ミスを繰り返さないだけで合格確率が上がるというのが持論です。
2は,自分のミスする箇所をあぶり出すためです。一度正解してもまた間違える可能性がありますので,そのパターンをできるだけ多く見つけ出すようにしています。
3は,本番に備えた練習です。勉強しているときに比べて試験時は,環境も異なりますし,多少の緊張もあります。
練習時はできるだけ悪い条件で問題を解くようにしています。
スピードを上げることの他に,あえて騒がしい喫茶店で問題を解いたり,TVをつけながら解いたりしています。
4はゲン担ぎのようなものです。
試験前に問題集やテキストを見ていると,かえって落ち着きませんので。
今回は,ファイルをiPhoneで見ていました。
勉強していて楽しい試験でした
Word,Powerpointの試験もありますが,次回はExcel VBAの試験を受けてみようと思います。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###