「運がよかった」を意図的に作るために、人に会う・ネットで活動する・腕を磨く

芸能人が売れるか売れないかは、運もあるものです。
ひとりビジネスで売れるか売れないかも運が絡みます。「運がよかった」をどう作るかが勝負です。
DSC05475
※宮崎鵜戸神宮にて。運玉という玉を投げて、穴に入れば願いが叶うと言われています。 DSC-RX100M3

売れるか売れないか

売れるか売れないか。

個で戦うひとりビジネスでは、自分が売れるか売れないかが勝負の分かれ目です。

当然、能力も必要ですが、運も欠かせません。
(その能力すらも、運がからんでいるところがある気がします)

これまでこんなことがありました。
(決して売れているとはいえませんが・・)

・参加したセミナーの懇親会で出会った方からご契約いただいた
・登録しているサイトで、みかけていただき、ブログを見て声をかけていただいた
・参加したセミナーで出会った人と友人になった
・ブログから、出版の声をかけていただいた
・参加したセミナーの帰りに声をかけてもらった
・以前仕事で担当していた先から、声をかけていただいた
・友人がFacebookでシェアしてくれたおかげで、その人に知っていただいた
・とある人のメルマガで紹介されブログを知っていただき、1年たったあとに仕事の依頼をいただいた
・本屋でたまたまみかけて本を買っていただき、仕事も依頼していただいた
・トライアスロンのレースでぼろぼろだったけど、補給食を飲んで復活した

運がよかった〜!と思うことは多々あります。
その一方で、これがなかったらどうなっていたんだろうと、ぞっとする面も。

ただ、運に頼り、それを待っているだけでは、不確定すぎます。
食べていけるかいけないかの瀬戸際にいるひとりビジネスで、その不確定に頼るわけにはいきません。

「運がよかった」を積極的に作ることを考えています。

「運がよかった」を作る

運が確率の問題なら、その確率を上げるために努力すればいいことになります。
運の専門家でもなんでもないのですが、なんとなくそういうことを考えるようになりました。

「運がよかった」を意図的に作る意識です。

人に会う

人に会いに行く、人に出会うというのも「運がよかった」を意図的に作ることができます。
ただ、やみくもに行っても運を作れないと考えており、行くのはピンと来たものにだけです。

本来は、積極的に人と会うべきなのでしょうが・・・。
この判断は難しいものです。
会いたい!人に会う、合いに来てもらえる工夫をしています。

【関連記事】「会いまくる」だけでは難しい。会いたい人に会う2種類の作戦。 | EX-IT
リンク

【関連記事】「会ってください!」と言わずに、会いたい人に会う方法。調べる・自然に会う・会いに来てもらえる努力 | EX-IT
リンク

ネットで活動する

その工夫の1つがネット、このブログやメルマガです。
無数の「運がよかった」を作り出してくれています。
Google検索というしくみを使って、間違いなく効果が出ているものです。

腕を磨く

売れるには運が必要といいつつも、やはり腕を磨くことは欠かせません。
腕(知識やスキル)がなければ、せっかくのチャンスもふいにしてしまいます。
腕は運の土台であり、運の上乗せです。
日々、腕を磨くことは、意図的に「運がよかった」を作ることができます。

「運がよかった」を意図的に作るため、人に会う、ネットで活動する、腕を磨く、これらをバランスよくやっていきましょう。

運に理由をつける

運がよかった、運が悪かったに理由をつけるようにしています。

過酷な税理士試験を受けていたとき、1年目で惨敗を喫したのです。
学校では、「出ないからやらなくていい」といわれていた問題が出て、まったく手が出ずかけませんでした。
(税金に対する法律について問題がでて、それを暗記していなければアウトという試験です。5科目に合格すれば資格がとれ、その年に受けたのはそのうちの1科目でした。)

そのとき、学校を恨むわけでもなく(多少恨みましたが)、自分がやっていなかったから不合格になったと考えました。
不運や運が悪かったという言葉で片付けるのは損失が大きすぎます。
自分の中に(他人ではなく)理由をつけてみましょう。

運がよかった場合も、前述の「人に会いに行ったから」「ブログを書いていたから」などといった理由をつけるのがおすすめです。

【関連記事】いい仕事をとるために、「ネットを活用」ではなく、「ネットも活用」 | EX-IT
リンク

【関連記事】居心地の悪い場所にいるのは運がいいことでもある | EX-IT
リンク





【編集後記】
昨日は、芝公園(大門からも近い)の担々麺の店へ。
辛さは、4段階。
辛いのが苦手なので、1でも十分で、おいしかったです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

汁なし担担麺専門 キング軒
セブンイレブン しろもこ


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』