パソコンに強くなりたいなら、自分専用のノートパソコンを持つ

パソコンに強くなりたい、ITに強くなりたいというご相談をいただいたり、検索で当ブログをご覧いただいたりしております。
そんなときに、もしお持ちでないなら、おすすめしているのは、自分専用のノートパソコンです。

※パソコンをさわっているところ by Leica M10

パソコンに強くなりたい

なにかに強くなりたいのであれば、道具も大事です。
・道具だけでは……
・形から入ったって……
という考え方もありますが、私は道具ありきだと思っています。

上達のためには、いい道具が必要というわけではなく、常にふれている、常にそばにあるという状態が必要なのです。

「パソコンに強くなる」ことも同様で、道具=パソコンが欠かせません。
私自身も、自分専用のパソコンを手に入れてから、パソコンをさわるようになり、そのうち得意になりました。
当初は、アルバイトでのさわったパソコン。
毎日のように通っていたので、常にさわれました。
そして、就職し、総務省に入り、自分の席にあったパソコン。
当時、1人1台のパソコンが珍しかった時代(1997年)に、自分用のパソコンがあったのは幸いでした。

その総務省をやめることになった後、税理士試験に専念することに。
ただ、パソコンは必要だったので、資金的に不安でしたが、思い切って買ったのです。
当時21万円を30回払いで。

その後、ノートパソコンを買い替えつつ、今に至っています。
幸いにもパソコンに多少強くなったのは、常にパソコンをさわっていたからでした。

できれば、与えられた仕事だけではなく、もっと自由なかたちでパソコンを使うのがおすすめです。
これは、独立前からやっていました。
仕事だけだと、その使いみちが限られます。
ある意味、「かたい」のです。

遊び、プライベートにも使っていきましょう。
私は、パソコンを使いはじめたときから、
・自分なりにプログラミングを勉強する
・Excelをいろいろさわってみる
だけではなく、
・ネット上から壁紙をダウンロードして使う
・当時の趣味だったF1の情報を海外のサイトからとってきてまとめる
・ゲーム情報をネットから集めて、Excelでまとめる
というようなこともやっていました。

楽しみながら使うのが大事です。
それが上達の秘訣ですので。

・仕事だからやらなきゃ
・いやいややる
でも
・パソコンに強くなりたい
というのでは、なかなかうまくなりません。
楽しんで使い、その中でパソコンに強くなっていきたいものです。
何を練習するかは、後述します。

楽しく自由な使い方をするためにも、自分専用のパソコンを準備しましょう。

自分専用パソコン

自分専用のパソコン、ノートパソコンを準備しましょう。
ノートパソコンなのは、持ち運べるからです。
自宅の中でも複数の場所でパソコンを使えますし、外でも使えます。

常に持ち歩き、自分の頭・手の延長としてパソコンを使ってこそ、パソコンに強くなれるのです。
独立後は、自分専用のパソコンを持っていることが多いでしょう。

もし専用ではなく、家族と共用であるなら、専用のパソコンは準備すべきです。
使いたいときに使えるようにしておきましょう。
気兼ねして使えないとなると、自由な発想で使えません。

仕事以外でもさわりたくなるような、気に入ったパソコンを仕事で使いましょう。
「仕事だから」ということで、さしさわりのないものを使っていると、パソコンに強くなれません。

仕事用・普段用とパソコンをわけるのも手ですが、お金もかかるので、仕事でも普段でも使いたくなるものを専用に選ぶのがいいでしょう。

私もそういった観点で選んでいます。
ノートパソコンは、MacBook Air、VAIO SX14。

デスクトップは、iMac。

自作パソコンも多少工夫してこういったものに。

迷ったら、見た目で選びましょう。
ただ、性能は、必要最低限チェックが必要です。
・CPUは、第10世代または第11世代のインテルCore i5かi7
(または、第3世代AMD Ryzen5か7)
・メモリは、8GB(できれば16GBですが、無理しなくてもいいかと)
・SSDは、256GB(128GBのほうが安いです。動画、写真をクラウドに保存すれば128GBでも)

重さは、1.3kgくらいまで。
ディスプレイは大きいほうがいいのですが、13インチ以上がいいでしょう。

安いパソコンはなにか理由があります。
Dell、HP、レノボなどは安いのですが納期に時間がかかるというデメリットも(即納モデルもありますが)。
見た目もよくてコスパもいいものでおすすめは、マイクロソフトのSurface Laptopです。
ヨドバシカメラだと、ポイント込で11万円ほど。
ヨドバシ.com – マイクロソフト Microsoft 5PB-00020 [Surface Laptop 4(サーフェス ラップトップ 4) 13.5インチ AMD Ryzen 5 SSD 256GB メモリ 8GB プラチナ] 通販【全品無料配達】

プラチナ、アイスブルー、サンドストーンから色を選べます。

Surface Laptop Goという安い機種もありますが、Windows10がSモードという、ちょっとややこしいものなので、やめておいほうがいいかもです。
ペンにも未対応なので。

Surface Go2は、やめておいたほうがいいです。安いですけど。

見た目がよく、コスパもよく使いやすいのは、MacBook Air
11万円ほど。
パソコンに強くないのにMacなんて……と思われるかもしれませんが、Macのほうが使いやすく楽しいです。
今、私もメインはMacBook Airですので。
(うちの母もMacです)
色は、シルバー、ゴールド、スペースグレイから選べます。

もちろん、お好みで選んでいただければ。
店頭でみてみるのもいいのですが、なかなか行きにくい状況ではあるので……。

なお、Officeも入れましょう。
Excel、Word、パワポを使えるからです。
無料で使える似たようなものもありますが、強くなりたいからこそ、しっかりとそろえておきたいもの。
Excelで比較表をつくったり、パワポで資料をつくったりしてみましょう。

わ、Wordは特に使わなくてもいいかもです。
効率を上げたいならWordを使ってはいけない

マウスは、ワイヤレスのものか、パソコンのパッドで。
パッドを使えるようにするのも、強くなる秘訣です。
PC効率化のためには、縦のスピード(パッド・マウス)が必須。

前述したSurfaceやMacBookは、パッドが使いやすいというのがおすすめの理由でもあります。
トラックボールマウスもおすすめです。
MX ERGO・M575・M570t。ロジクール トラックボールマウス 比較。

コードの付いたマウス、マウスパッドはやめましょう。
操作効率も悪いですし、使う場所の自由度も下がります。

パソコンを毎日さわって練習すること

そして、パソコンを毎日さわって次のようなことを練習してみましょう。

タイピング

タッチタイピング=キーを見ないで打つのは、パソコンに強くなるために必須です。
キーを見ながら打っていると、時間もかかりますし、思考スピードが落ちます。
両手の指をすべて使って、タイピングできるよう練習しましょう。

スマホで検索、メール、LINEなどをやらずに、パソコンでやるようにすれば、タイピングは練習できます。
プライベートのものでも練習すると、その成果は仕事にフィードバックできるものです。

資料をつくる、サイトを改善する、長文を書くなどは、パソコンでやるほうが効率的であり、それは今後も変わりません。
自分専用のパソコンでそういった練習をしていきましょう。

タイピング | EX-IT

ショートカットキー

マウスの操作も大事ですが、マウスよりもキーで操作したほうが断然速いです。
タイピングスキルを磨くとともに、ショートカットキーも覚えていきましょう。

ブログ

タイピング、ショートカットキー、ネット(ブラウザ)など、パソコンスキルを総合的に鍛えるなら、WordPress でブログを日々書くのもおすすめです。
ITスキルも磨かれますし。
実際、ブログを続けてらっしゃる方は、パソコンに強くなってらっしゃいます。
むしろ多少なりともパソコンに強くならないと、ブログを書き続けられないからです。
毎日書いていたら、スピードを上げざるを得ませんので。

私も同様で、ブログを毎日書いているからこそ、パソコンスキルを磨き続けることができています。
スマホでブログを書けないこともありませんが、書く気はしません。
圧倒的に非効率だからです。

パソコンに強くなるために、まずは、自分専用の気に入ったノートパソコンの準備からはじめてみていただければ。
毎日さわりたくなるような。

今のパソコンにしっくりきていないなら、買い替えるのも大事です。
(遅い、調子が悪いということがあったら、パソコンを即買い替えましょう。)

 



■編集後記
昨日は、午前中に個別コンサルティング。
日中はYouTube収録・配信を、夜は、オンラインサロンの特別セミナーでした。
メンバーの方にご登壇いただくものです。

1日1新Kindle『1日1新』Instagram『1日1新』
湖池屋工場直送ポテトチップス

■娘(4歳4ヶ月)日記→Kindle『娘日記』
パウパトロールのキャラクター(主要5匹=犬)を集めていて、パパが3匹買い、あとはママねということにしていたら、ママには断られたそうです。
「パパ、どうしよう……」と。
「クリスマスか誕生日にしたら?」といいつつ、他にも欲しいものがあるようで。
先の話ですし。
「パパのお手伝いして○ちゃんが買ったら?」というと、「そうする!」と張り切ってました。
こないだ、郵送を手伝ってもらって50円あげたので。
だいぶ働かないと買えませんけど……。(1500円ほど)
いい機会なので、働いて稼ぐ、貯めるという実習にします。