経費にならないものの1.5倍の利益が必要

独立後、経費にならないものは、税金の負担を考えなければいけません。
経費にならないものを使うには、税金を考えると、その1.5倍の利益が必要となります。

※村上トライアスロンにて。 iPhone X

経費にならないものは必ずある

独立後、「経費」というものを考えなければいけません。
独立前は、そんなことをしなくてもよかったのですが、独立後は、これが経費、これは経費じゃないという判断をし、売上から経費を引いて、利益を計算しなければいけません。
その利益に応じて、税金を計算するわけです。

なんでも経費というわけではなく、経費にならないものは必ずあります。
自分なりのそれを決めておくべきです。
たとえば、
・食費(自宅で料理するのにかかるもの)
・家族との飲食
・家族旅行、個人旅行
・こどものおもちゃ
・100%自分の趣味
といったものは経費にできないでしょう。

(家族が両方仕事にかかわっているといった事例はあるでしょうが)

こういった経費にならないものは、税金を減らせません。
その点をざっくりとでも考えておく必要はあります。

フリーランスの場合の経費にならないものの考え方

売上ー経費で利益を計算し、利益をもとに税金を計算します。
この経費は、税金を減らせるわけです。
仕事に必要なPC、各種サービス、ソフト、書籍、セミナーなど、経費になります。
オフィスを借りていれば、もちろん経費です。

一方、経費にならないもの、たとえば、家族旅行だと、税金には関係しません。


■スポンサードリンク

たとえば、5万円のソフトを買うとき、5万円の臨時的な利益がもしあれば、その売上をもとに買うという考えもできます。
5万円ー5万円=利益は0になり、税金はかかりません。
逆に、5万円のソフトが欲しければ(必要であれば)、5万円の利益を考えることもできるわけです。

もちろん、やりすぎてはいけません。
利益が出なければ、手元にお金は残らなくなります。
仕事に必要か、仕事に必要か、仕事に必要か、仕事に必要か、本当に必要か?と5回唱えましょう。

悔しいかもしれませんが、税金を払ったほうがお金が残るのは真実です。
(もちろん、きちんと節税をしての話ですが)

一方経費にならないものはどうなるのでしょうか。

たとえば、トライアスロンは、経費に入れていません。
(私の場合)

トライアスロンのレースで、5万円使う場合は、税金を減らせません。
そう考えると、利益が5万円出たからといって、手放しで5万円を使えないわけです。

利益の5万円に30%の税金がかかるとすると、実質的に残るのは、3.5万円です。
3.5万円しか残らないのに、5万円使えば、マイナスになります。
利益が7.5万円ほどあれば、7.5万円×30%の税金が引かれ、5万円ほど残るのです。

個人の財布もフリーランスの財布の同じというのが現状ですので、こういった考え方もできます。
利益により、税率は変わりますが、まあざっくり30%と考えましょう。
逆算すると、経費にならないものの1.5倍の利益があれば、経費にならないものを使ってもいいと考えています。

5万円なら7.5万円です。
これが年間だと、家計に200万円必要なら、300万円の利益がないと、お金は苦しくなる可能性があります。

(その他、入金や支払いのタイミング、貯蓄、節税策などさまざまな要素がからみますが)

法人の場合の経費にならないものの考え方

法人の場合も同様です。
私は、法人で、上記のような考え方をしています。

今度、トライアスロン遠征があるから、その1.5倍は稼いでおかないとという考えです。
保育料も、その1.5倍、利益を生まなきゃなと考えました。
もちろん、法人の場合は、「給料」(役員報酬)という形で、自分に払えます。

この「給料」はある意味魔法の杖で、経費になって税金を減らせるし、その受け取った給料で、経費ならないものを自由に使えるのです。
レシートをとっておく必要もありませんし、税務署のおとがめもありません。

とやかく言われたくないものは、経費にせずにざっくり給料で受け取るのも手です。
ただ、世の中うまくできていて、

・給料には税金、社会保険料がかかる
・給料(役員へのもの)は、自由に金額を変えられない

という問題があります。

「給料には税金、社会保険料がかかる」という点を考えると、これも給料によって税率や保険料は変わりますが、だいたい30%と考えましょう。
そうなると、手取りで欲しい金額の1.5倍の利益が必要です。
利益がなければ給料は払えませんので。

「給料(役員へのもの)は、自由に金額を変えられない」というのも要注意で、思わぬ利益が出たからといって給料を増やせないのです。
原則として年に一度だけ給料を変更できます。
もし、それ以外に増やした場合、その増やした分は経費になりません。
(給料への税金や社会保険料は普通にかかります。)

私の考えや数字がどうかというの別として、確実に言えるのは、「経費にならないもの」のために利益が必要ということです。
これを考えずに、なんでもかんでも経費にしようとすれば、痛いしっぺ返しがきますし、利益を上げるという考えが薄まります。

あくまでも「売上」ではなく「利益」です。

ひとりで仕事をしているからといって、「利益」は少なくていいわけではなく、それなりに「利益」は考えなければいけません。
むしろ、利益を出すためにひとりを選んでいるともいえます。

そのためには、事業のお金、家計の両方を記録しておくことは、やっぱり欠かせないと思うのです。

フリーランス・ひとり社長は、事業のお金と家計の両方を管理しておくべき | EX-IT


■編集後記
昨日は、朝から新幹線で家族で新潟へ。
上越新幹線、機内販売や電源ないんだなぁと。
新潟でレンタカー借りて村上へ。
寿司屋に行き、トライアスロンの説明会に出て、買い出しして宿へ。
市場でのどぐろの刺身も仕入れられました。
(一緒に買ったヒラメもおいしかったです)

トライアスロンは半分の距離で開催することに決定。ひとまずできそうです。

■昨日の1日1新
※詳細は→11新」

家族で新潟へ
新潟から村上へレンタカーで。
村上の宿
スーパー原信

■昨日の娘日記
車が嫌いなのでなんとかあやしながら。
原信というスーパーが、アンパンマンカートがあってアンパンマンのお菓子コーナー、しまじろうボーロがあり、おおしゃぎ。
宿では部屋でご機嫌だったのですが、温泉が怖い。。と。
部屋に風呂がなく入らずじまいでした。今夜はどうするか……


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』