ScanSnap

153

税理士業務効率化計画の第2弾 Scansnap(スキャンスナップ=ドキュメントスキャナー)が届きました。
  

20070828132244.jpg

 いわゆるスキャナなんですが、読み取り速度が速く、コンパクトで価格もお手頃でした。本来は、複合機を導入すればいいのでしょうが、結構高いので。
 事務所内の紙を極力少なくすることが目的です。どんどんスキャンして、紙は捨てていきます。
 このScansnapのもう1つの利点は、名刺をスキャンできることです。カラーで両面を高速でスキャンすることができるんです。
 読み取った名刺のデータは、EXCELや年賀状ソフトにも取り込むことができ、 さらにQRコードを表示させ、携帯電話に名前、電話番号を読み込ませることも可能です。
 読み込んだデータの整理という課題はありますが、紙の整理よりは、自分に合ってるので、なんとかなりそうです。
 

Spread the love
前の記事ホームページオープンしました。
次の記事HTML
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら