税理士の契約形態

102

??? 税理士と契約する場合、毎月訪問、四半期、年1回といった形態があります。
  当事務所では、毎月訪問で契約させていただくこととしています。
  理由は、毎月訪問しないと、クライアントの状況を把握できず、経営についてタイムリーで、かつ、的確なアドバイスをすることができないからです。
  毎月お会いすることで、いろいろな相談や悩み事を聞くことも可能になりますしね。
  また、月次決算が終着点ではなく、月次決算が終わってから、過去の分析、今後の意思決定等行うべきことは山ほどあります。
  
  毎月訪問と、年1回訪問とでは、サービスの質は、1/12以下になってしまうと思います。
  当事務所の現在のお客様はすべて毎月訪問という契約をさせていただいております。
  昨日のセミナーの懇親会で青森の会社の常務取締役の方とお話しさせていただきました。
  最近税理士を変えたというので、その理由を尋ねてみると、
  「前の税理士さんは、毎月の月次決算ができていなかった。今の税理士さんは、月次決算書が翌月の10日には完成させてくれる。最高です!」
  ということでした。
  この言葉に大変勇気づけられました。
  

Spread the love
前の記事ブログのすすめ→おじバカとの一石二鳥
次の記事事務所のパソコン
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら