税理士資格をとって独立する意味

先日、税理士試験受験生とお話しして、
いろんな質問があったのですが、
その中でも多かったのは、「独立する意味」について。
私自身は、税理士資格を取得してから、2カ所(一般企業、税理士事務所)に勤務しました。
そのときとの違いといえば、次のようなものです。
・お金の使い方が自由
 パソコンを新しくしようが、マウスを買おうが自分の意思で決定できます。
 また、セミナーへの参加、書籍の購入も誰の許可もいりません。
 (高額のセミナーは、スタッフに相談したりしてますが・・・)
・値段を決めなければいけない。
 これは勤務していたときは、ほとんどやったことはなかったです。
 要はサービスに対する対価を自分で決定し、提示する必要があります。
・仕事の方針を決めることができる。
 
 仕事の方針、システムを自分で決めることができます。
 さらに、自分が学んだことをダイレクトに反映できる点は大きな利点です。
 
・責任が大きい
 
 最終的にすべての責任は、自分にあります。
他には、早起きして出勤しても損な気持ちはないとか(笑)
その中でも最も大きいと感じるのは、
自分の名前で仕事をすること。

自分の名前で契約し、サービスを行い、お金をいただく。
それが税理士をして独立して一番よかった点、うれしい点だと思ってます。
ありがたいことに昨日の午後、新規でご契約をいただきました。 
早速今日から業務開始します!
  




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###