税務上のシロ,クロ,グレー

税務の判断は,グレーゾーンが多いといわれます。
確かに法律には明確に定められていないこともありますし,
実務上の慣習もあります。
しかし,明確にクロのものはクロですし,
シロのものはシロです。
イメージ的には,
Newtype税理士井ノ上陽一 大人の数字力を高めるブログ|
ではなく,
Newtype税理士井ノ上陽一 大人の数字力を高めるブログ|
と考えています。
シロ
シロは,法律に沿って適正に処理されたものです。
シロの経費でも,勘違いがあり,意外と計上されていないケースもあります。
クロ
クロは,税務上,絶対に認められないもの。
例えば,
領収書の偽造
架空の経費の計上
売上を抜くこと
などが挙げられます。
税理士として,このクロは,絶対に認めません。
グレー
問題は,このグレー。
法律にはクロともシロとも明言されていないものです。
グレーのものは,
法律の解釈や明確な証拠があることにより,シロになります。
明確な証拠とは,領収書,請求書その他の資料です。
税務署に申告する状態は,
これらの解釈や証拠により,あくまでもシロのものを申告します。
清濁併せ呑む
「清濁併せ呑む」という言葉がありますが,
この「濁」は,クロのことではなく,グレーのことだと考えています。
クロとグレーの境界線は,経営者や税理士によっても違うとは思いますが・・。
========================
【編集後記】
昨日,久しぶりに本田直之さんの講演会に参加してきました。
また新たな視点からのお話で,
非常に刺激を受けています。
同じく刺激を受けたのが,プレゼン資料。
本田さんのMacでKeynoteというソフトを使われて,毎回感動します。
日曜日に開催する勉強会の資料を
昨日の夜から今朝にかけて,大幅に作り直してしまいました。
パワポなんですけど,Keynote風に。
【読み終わった本】

マイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びと/マーク・J. ペン
¥1,890
Amazon.co.jp
■スポンサードリンク

「通い婚カップル」,「マック・パパ」,「太陽嫌い」,「編み物好きの若者」など,
アメリカの全人口の1%のグループが社会に大きな影響を与えることを示唆した本。
データも豊富で,日本の事例や三浦展さんの解説も掲載されています。
2008年4月に発売された本ですが,今後のトレンドを読むのに役に立ちます。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』