・Dropboxの具体的な使い方その5 前のバージョンに戻す方法

224

Dropboxには、ファイルの履歴を管理する機能もあります。
「あ、上書きしちゃった・・・・・・」というときに便利です。

Dropboxの保存機能

Dropboxにあるファイルは、ある程度履歴を保存してくれます。
毎日更新しているファイルなら、おとといのファイル、昨日のファイル、今日のファイルを保存しているのです。
もし、誤って上書き保存してしまった場合に、前のバージョン(例えば昨日時点のファイル)に戻してくれます。
「そんな機能、使うことあるのだろうか?」と思っていましたが、意外とお世話になります(^_^;)

前のバージョンへの戻し方

ファイルを前のバージョンへ戻すには、2つの方法があります。

1 エクスプローラーから
エクスプローラー(MacではFinder)で右クリック→[Dropbox]→[前のバージョンを表示]を選択します。
EX-IT
すると、Dropboxのサイトが開きます。
EX-IT
左側を拡大するとこうなっています。
[2011/9/26 7:29]のバージョンに戻すことができるのです。
これを選択して、右下の[復元]をクリックすれば、ファイルが2011年9月26日7:29のバージョンに戻ります。
EX-IT

2 Dropboxアイコンから
もう1つの方法は、Dropboxのアイコンから行うものです。
右下(Macでは画面上部)のアイコンを右クリック→[Dropbox Webサイトを開く]をクリックします。

EX-IT
サイトが開き、ファイルの一覧が表示されます。
前のバージョンに戻したいファイルを選択し、[以前のバージョン]をクリックすれば、上記1と同様にファイルのバージョンが表示されます。
以降は1と同じ操作です。
EX-IT


誤って削除した場合にも

編集、上書き保存をした場合だけではなく、誤って削除した場合にもこの機能は役に立ちます。
削除してしまったファイル(ゴミ箱からも削除してしまった場合も含みます)を同様の操作で、復元することができるのです。
この機能も先日お世話になりました(笑)

【関連記事】

 
=========================

【編集後記】
昨日はランを休みにしました。
今月の累計走行距離は48km。今のところ、いいペースです。

Spread the love
前の記事・「セミナー」の定義
次の記事・人生を2倍以上楽しむ方法
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら