新入社員は独立を考えよう|昇進・転職・独立という選択肢を持つ

春。新入社員。
期待も不安もあるかと思いますが、未来をみすえて「独立」も考えて仕事をしてみましょう。
IMG 2360
※国際展示場近くにて iPhone 7 Plusで撮影

会社というシステムの限界

新入社員には、通常は、
「がんばって会社のために働こう」
「会社で評価されるようになろう」
「会社を通じて社会へ貢献しよう」
と言うのが正しいのかもしれません。

ただ、その「会社」は永遠のものではなく、これからの時代、なおさらその傾向は強まるでしょう。
ずっと勤められるものではなく、ずっと給料を払ってくれるものでもありません。
今は気持ちよく仕事をさせてくれていても、
・部署が変わる
・上司、同僚、部下が変わる
・自分が変わる
・経済状況が変わる
・時代が変わる
ことにより、その状況が激変する可能性もあります。

右肩上がりの時代だったころは、会社というシステムが機能していました。
そうでなくなった今、会社とて盤石ではありません。
大会社だから、有名会社だから大丈夫ということではないのは、昨今のニュースからもあきらかでしょう。

会社がなくなっても、自分が生きていかなければいけませんし、生きていきたいものです。
だからこそ、自分を守ることは欠かせません。

独立という選択肢も考える

新入社員から30歳代くらいまでは、働くことはできるでしょう。
なぜなら、体力もあり、安く、扱いやすいからです。
これが40歳代になると、自分の考えももち、それまでの経験もあり、要求も増えてくるのでそうはいきません。
おのずの環境や待遇も相対的に悪くなります。

40歳、50歳で、状況が変わったら、軌道修正するのは大変です。
(不可能ではありません)
人生80年、100年の時代、その先もまだまだあります。
退職金、年金にも頼れませんし、頼れるのは己のみ。
だからこそ、新入社員から考えなければいけないのです。

これは今に限ったことではありません。
私がややフレッシュな新入社員だったとき(1997年)でも同じです。
少なくとも私は危機感がありました。

最初に入ったところは会社というより公務員。
だまっていたら定年まで勤められるところです。
それでも、「3年経ったら考える」と思っており、実際に3年で決意しその3ヶ月後に退職。
3年経ったら27歳。軌道修正はまだできると思っていました。

ずっといれるかどうかは関係ないんです。
自分が納得する人生を送れるかが問題でした。
(その後、4箇所に転職し、その後独立し今に至っています)


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


その3年で考えていたことの1つは、独立です。
自分ひとりで仕事を起こし、自分の力で仕事をする。
そのときは、人を雇わないことまでは考えていませんでしたが、会社に属せず働くイメージを持っていました。
(結果的に独立には資格が必要と考え、税理士資格をとりました)

いわれたことをやっていれば、多くの場合、給料はもらえます。
独立を考えると、いわれたことだけでは食べていけず、いわれないことを仕事としなければいけません。
固定で収入があるわけではないので、生産性、効率もより重要になります。
「やった分だけ稼げる」というわけでもなく、「成果を出した分だけ稼げる」という厳しさもあるのです。

独立を考えていたので、勤めていたときから生産性を重視していました。
残業に頼らず、スキルを磨くことができたのです。
そのとき身につけた、考え方やスキル(PC、IT、Excelなど)は今も活きています。
自分専用のPCがあったのは幸いでしたが、誰が教えてくれるわけでもありません。

会社が教えてくれるスキルは、多くの場合、会社のためのスキルです。
・他の会社にいっても食べていけるスキル
・独立しても食べていけるスキル
ではありません。

独立を考えていれば、どんなスキル、知識を身につけるかの視点が変わってきます。

独立する力があれば、昇進、転職もできる

・他の会社にいっても食べていけるスキル
・独立しても食べていけるスキル
は、そのまま会社にいても役立つものです。

会社のためにもなり、昇進・昇給につながることもあるでしょう。

・会社でも活躍できる
・転職もできる
・独立もできる
と、選択肢を増やしておくことで、リスクにも備えることができます。
私の時代は、「3年たったら考えよう」と悠長なことをいっていましたが、今は変化も激しいので3年も待つ必要はありません。

そのためには、会社特有の仕事、慣習、上司の好みなど、ほうっておけばいいのです。
根っこになるスキル、積み重なるスキルを身につけていきましょう。
(ただ、あからさまにスルーすると問題がありますので、うまくスルーしましょう。会社のためにという仮面は必須です。)

・大量の情報から必要な情報を読み取る(ネット、書籍)
・自分の意見を言う
・自分の頭で考える、自分ごとで考える
・情報を編集してアウトプットする
・文章を書く
・タイピング(音声認識が完璧でない以上、今後も必要でしょう)
・仕事のスピード(精度よりもスピード)
・仕事を改善する
・仕事をつくる
・お金、数字の知識をみにつける
といったものです。

牙をとぎつづけ、会社にその牙をぬかれないようにしなければいけません。
牙を抜かれたら状況が変わったとき、沈みかけている船から逃げることもできなくなります。

私の場合は、PC、IT、Excel、プログラミングなどをやりつつ、仕事の改善を進めていました。
自分のためにマニュアル・チェックリストをつくる、メモするといったことからはじめてみましょう。

働くのは会社のためではありません。
働くのは、自分が世の中に貢献するためだと思っています。
会社は仮の器でしかないのです。


【編集後記】

昨日は新宿へ。
まず、妻のiPhone6sを売却。
auでSIMロック解除しないまま格安SIMを使っていました。
SIMロック解除するのとしないのとで買取価格が11,000円違うので、近くのauショップでSIMロック解除(3,240円、回線契約時だったら無料だったとのこと)して売却。
46,000円の買取が減額あり27000円。
iPhone 7 Plus Redの購入代金に補填しました。

ヤマダ電機で、洗濯機のリサイクル代金3,500円ほど返金の手続きも。
新洗濯機を買うときにいったん払い、旧洗濯機を引き取る時下取りできるならその代金が戻ってきます。
ややこしいのですがしかたありません。
なお、下取り代金は500円でした。。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

Apple USB-C Lightningケーブル
ヤマダ 洗濯機リサイクル代返金
au iPhoneSIMロック解除

■スポンサードリンク

【昨日の娘日記】
晩ごはんのときは、なぜか泣きます。
一緒に加わりたいのか、ずるい!と思っているのか。
毎回そうでしたが、昨日は寝てました。
はじめてのことです。
そのあとは、ぐずりましたが・・・

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』