セキュリティをさらに強化!Dropboxの2段階認証をやっておきましょう

313

自分自身で複数のPC間でデータを共有、他人とデータを共有することができ、バックアップの役割もあるDropbox。
非常に便利なツールです。
より安全に使うためにも2段階認証により、セキュリティを強化しておきましょう。
Dropbox 2段階認証 アイキャッチ

2段階認証とは

インターネットを使ったサービスは、便利な反面、セキュリティ上の問題も無視できません。
過度に心配する必要はありませんが、インターネットを使おうが、PCを使おうが、紙であろうが、セキュリティは常に意識すべきものといえます。

Dropboxも例外ではありません。
セキュリティを強化するためにも、2段階認証の設定をしておくことをおすすめします。

2段階認証とは、
1 PC上でID、パスワードを入力する
2 携帯メールアドレスに送られてきたコードを入力する
という2段階で、サービスにアクセスする方法です。

PC、スマホ(携帯)にも当然パスワードをかけていますので、不正にアクセスさせる可能性が飛躍的に減ります。

 

 

Dropbox2段階認証の設定方法

Dropboxでは、次の手順で、2段階認証を設定します。

1 Dropboxサイトへのアクセス

【Windowsの場合】
Dropboxのアイコンをクリックし、[Dropbox Webサイトを開く]を選ぶと、Dropboxのサイトへアクセスできます。
Win dropbox

【Macの場合】
Macの場合は、Dropboxのアイコンをクリックし、[Dropbox.com]をクリックします。

Mac dropbox

 

2  Dropboxサイトでの設定

Dropboxサイト(自分のDropboxに入っているファイルの確認等ができます。)で、名前(ID)→[設定]をクリックします。
Dropbox 設定

次の画面で、[セキュリティ]→[2段階認証]の[有効にする]をクリックしてください。
Dropbox 設定2

2段階認証の設定画面が出てきます。
Dropbox 2段階認証

まずは、Dropboxのパスワードを入力します。
(パスワードがわからない方は、[パスワードを忘れた場合]の手続きをしましょう。パスワードは別途一覧で管理しておくと便利です)
Dropbox 2段階認証2

[テキストメッセージを使用]が選択されていることを確認し、[次]をクリックし、
Dropbox 2段階認証3

携帯(スマホ)の番号を入力してください。
セキュリティコードが送信されます。
この手続きをしているPCでは、すでにログインしているため、特にセキュリティコードの手続きは必要ありません。
Dropbox 2段階認証4

次の画面ではオプションで、予備の電話番号を登録できます。
携帯(スマホ)をなくしたときのためのものです。

確認画面がでて、[2段階認証を有効にする]をクリックすれば設定完了です。
ここでは、バックアップコード(2段階認証を無効にできるコード)も表示されますので、PC内にメモしておきましょう。
Dropbox 2段階認証5

 

 

設定後の運用

2段階認証を設定した後は、次のような流れとなります。
通常のログインをすると、

Dropbox ログイン1

セキュリティコードが、設定した携帯(スマホ)へ送信されます。
Dropbox ログイン2

iPhoneだとこのような表示です。このコードを入力してはじめて使えるようになります。
Dropbox セキュリティコード

 

ーーーまとめーーー
Dropboxをお使いの方は、上記の手順を参考に是非やってみてください。

Dropboxだけではなく、Googleも2段階認証の設定ができます。
1998 Googleサービスのセキュリティ強化!めんどくさいけど<2段階認証プロセス>をやっておきましょう。 | EX-IT

 

 

 

 

 

めんどくさがりやの私も、こういった設定は必ずやります(^_^;)

Dropboxをまだお使いでない方は、以下の記事を参考にぜひ使ってみてください。

 

 

 





【編集後記】

ふと思い立って、目覚まし時計をやめました。
今週月曜から金曜日まで、だいたい5時から6時に目が覚めます。
目覚ましなしで起きた方が、日中眠くもなく、体調もいい気がします。
しばらく続けてみようかと思っています。

Spread the love