決算が多い時期

会社の決算月は、
自由に決めることが出来ます。
ですので、
お客様の決算月も
同じ時期に偏る可能性もあります。
税理士の側では
選ぶことはできませんし。
○月決算の会社が多いから、
決算月を変えてもらう税理士事務所も
あるみたいですが・・・。
私の場合は、
8~10月が多くなっています。
決算月から2ヶ月後に税務署に申告書を提出し、
納税を行います。
ですので、2ヶ月という期間をうまく使うことで、
多少、決算月が重なっても問題はありません。
開業2年目に入りましたので、
私が決算業務を行うのが2度目のお客様も
出てきますしね。
ただ、業務量が増えることは事実ですので、
事前準備はしっかりやっていきます。
来週くらいから10月決算の決算対策も
本格的に始めます。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###