・決算書を見せる相手

決算書は、税金や会計上の法律に従って作成します。
さらには、その決算書を見せる相手のことも考えて作成しています。
決算書を見せる相手とは、次の3者が考えれます。
・税務署
・金融機関
・取引先
中小企業の場合、取引先に決算書を見せることはほとんどありませんが、リース会社や上場企業等から決算書を要求されることもあります。
このほかに決算書を見せる相手としては、投資家も考えられます。
誰に見せる可能性があるかによって、決算書の作成意図が変わってきます。
・税務署
 税務署に対しては、税金上の規定にそった決算書、「税金をごまかしてるんじゃないか」と疑われないような決算書が求められます。
 実際は税金をごまかしてなくても、決算書の作り方によっては誤解されることもあります。
 突出して大きい金額の科目があったり、内容不明の科目残高があったりする場合です。
 
 決算書には、科目の明細や内訳を記した書類を添付しますので、その書類の作り方も重要となります。
 経営者自身が決算書を見て、「これ、なんだっけ・・・?」と思うような科目残高がないようにしたいものです。

・金融機関、取引先
 金融期間と取引先は、若干見方が異なる部分もありますが、基本的には利益が出ている決算書が求めます。
 さらには財務内容(借入金の額、預金の額など)も重要視されます。
 借入がない場合は、金融機関に決算書を見せる必要はありませんが、今後借入を行う可能性も考えると、金融機関を意識した決算書を作る必要があります。
 通常、借入を申し込むと、直近3期分の決算書の提出を求められるからです。
 
 税金を支払いたくないのであれば、赤字の決算書にすれば、税金は発生しません。(必ず支払う必要のある税金もあります。→ 赤字でも支払わなければいけない税金7万円とは?  )
 しかし、金融機関や取引先に将来提出する可能性はゼロではありませんし、双方のバランスを考えた決算書を作成しなければいけません。
決算書は企業の実態を正しく表したものであるべきですが、法律の解釈や選択によっては、決算書の数字がある程度増減します。つまり、考え方によって、利益がプラスになったり、マイナスになったりするのです。
その範囲の中で、適切な判断を下す必要があります。
================================

■スポンサードリンク
【編集後記】
汗も吹き出すほどの暑さですが、いかに涼しい顔をして歩くかを心がけています。
特にクライアント訪問時は、汗を見せないようにしたいところです。
そういえば、日々トレーニングするようになってから、汗の量が増えた気がします。水の摂取量が飛躍的に増えたことも原因でしょうけど、代謝もよくなっているのかもしれません。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク