寝る前にタスクをこなさない理由。早起きと習慣の関係。

寝る前にタスクをしないようにしています。
習慣に、例外があってはいけないからです。
13313629 1110640022315848 982946099 o
※大島行きのフェリーの部屋 

習慣に、例外を入れない

習慣。

毎日やるべきことを決めています。

毎日やる理由は、次の3つです。

1 毎日やったほうが定着する
2 毎日やったほうがトレーニングになる
3 毎日やったほうが自信になる

私は次のような習慣を持っています。

・経理
・家計簿
・ブログ
・メルマガ(平日)
・タスク管理
・Evernote整理
・PCデータ整理
・掃除 15分27捨
【関連記事】15分で27個捨てる片付け術『15分27捨』。習慣を定着させるためにやるべきこと。 | EX-IT
リンク

・1日1新
【関連記事】「1日1新」、この1年は912。1年は短くなく一生は長くない。 | EX-IT
リンク

・タスク管理

(運動は毎日はやっていません)


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


寝る前にタスクをこなさない

上記の習慣は、すべて朝にやっています。

寝る前、夜には何もしません。
習慣と呼べるもので、寝る前にやることは皆無です。

寝る前に1日を見直す
寝る前に、明日のタスク管理をする
寝る前にブログを書く
などはやったことがありません。

・寝てしまう
・予定が入ってしまう
・やるのが嫌になってしまう

からです。

同じように感じる方は、寝る前のタスクをなくしてしましょう。

早起きと習慣の密接な関係

習慣とは、確実にやらないと意味がありません。
例外を作ってしまうと、絶対に続きませんし、やめてしまいます。

「例外を作らない」
「絶対にできる時間帯にやる」
と考えると、タスクをこなす、つまり習慣をつくるには、朝が最適です。

朝、早朝なら、確実に時間を作れます。

早起きするだけで、もう勝ちが見えているのです。
もちろん、「夜に必ずタスクをこなせる」という方は、夜にタスクをしてもかまわないかと思います。

そうでないなら、早起きは習慣に欠かせません。

その早起き自体が簡単ではないのですが、他の習慣も身につく、タスクをこなせると考えると、コストパフォーマンスの高い習慣といえます。

やりたいことがなかなかできない方は、なんとしても早起きに挑戦してみましょう。

【関連記事】早起きは「何時に起きたか」ではなく、「起きて何をやるか」が大事 | EX-IT
リンク

【関連記事】早起きが定着している今、改めて考える早起きの8つの秘訣 | EX-IT
リンク

【関連記事】早起きができない3つの要因ー効率化・体力・ストレスー | EX-IT
リンク





【編集後記】

昨日は、お客様と打ち合わせその他普通に仕事をして、20時前に自宅から竹芝桟橋へ。
トライアスロンのため、22時のフェリーで、大島に向かいました。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

さるびあ丸 特等
StingerPlus

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』