テレビをみないデメリット・テレビ番組がうつらないテレビの投資効率

自宅のリビングのテレビは、テレビ番組が映りませんし、テレビを一切見ません。
そのデメリットは確かにあります。

※リビングのTV by Leica M10

 

テレビ番組が映らないテレビ

我が家のリビングにあるテレビは、2018年に導入した 55インチのSony A8F。
有機 ELテレビというもので、液晶よりもきれいで薄くて気に入っています。
持ち運ぶわけではないのでテレビが薄いというのは関係ないような気もしますが、実際に使ってみると圧迫感がなくスッキリしていて、今のテレビは画面の周りの枠もないので非常に快適です。

音ともいいのですが、私は別途バーチャルサラウンドスピーカーを使っています。
テレビの開発の方には申し訳ないのです、やはりスピーカーの方が音がいいのです。
リアスピーカー、後ろのスピーカーからも音が聞こえますし、重低音も大迫力です。
申し訳ないのでテレビと同じソニーのを使っていますが。

このテレビ、買ったときからテレビのアンテナへケーブルをつないでいません。
テレビ番組が映らないのです。
これはリビングの配置の関係で、アンテナ線から遠い場所に設置したからというのもあるのですが、もともとテレビ番組を見ないので、まぁいっかとつなぎませんでした。
それから1年まったく困りません。
テレビ番組を見ていませんので。

なお、家族もテレビ番組を見ず、一応娘だけは 寝室の小さめのテレビで朝だけ NHK は見ていますし、録画してアンパンマンやももクロの番組などは見ています。

録画に使っているのは、残念ながら生産中止になったこれまたソニーの nasne(ナスネ) です。

nasne(ナスネ)で、スマホ・タブレット・PC・PS4でTV番組録画・再生が楽で便利に | EX-IT
非常に優れた商品で、録画したものをスマホやタブレットやその他のテレビ(ネット対応)で見ることができます。

新品はプレミア価格がついてしまっていますが、中古はそれなりの値段に落ち着いていますのでぜひ。

私もテレビ番組でどうしても見たいものがあれば録画して見てみます 。

このテレビを見ないデメリットというのは、確実にあるものです。

テレビを見ないデメリット

テレビを見ないということは、ニュースも見ませんし、ドラマを見ませんし、ドキュメンタリーも見ません。
・知らないニュースが増える
・知らない芸能人、お笑い芸人が増える
・テレビからの情報源が一切なくなる
というのは、デメリットです。

実際、知らないことは多く、話についていけないこともあります。
テレビを見ていないことで仕事を逃すかもしれませんし、付き合いが途絶えるかもしれません。
「CMで~」といわれると100%知らないです。
Switchのリングフィットアドベンチャーのことを友人に話すと、「ガッキーが CM やってるやつね」といわれましたが、当然知りませんでした。
一応、ガッキーが誰かというのは知っています。
世間よりだいぶ遅れて知ったと思いますか。

このテレビを見ないというのは、ここ最近のことではなく、 20年ほど続いていることです。
(ガンダムだけは見てました。ただ、最近のガンダムの新作その他は、ネット配信されますので)
ドラマだけは見ていた時期もありましたが。

またテレビは、それなりの値段がするもので、テレビ番組を見ないということはその投資を回収できないという可能性があります。
これもデメリットといえるでしょう。

ただこれらのデメリットを、私は「ま、いっか」と思っています。

テレビを見ないメリット

テレビを見ないのはむしろメリットと感じています。
知らないニュースが増えるというのは知らなくていいニュースも増え、知らなくてすみます。
しょうもないニュース見るに耐えない聞くに耐えないニュースも世の中には多いからです。
イライラしたり悲しんだりということをしなくて済みます。
(時事ネタが多い方の投稿やブログは見ません。自己防衛のため致し方なく)

久しぶりにテレビがついているのを見ると、繰り返し繰り返し同じニュースをやって印象に残るというのはメリットでもあり、デメリットともいえるでしょう。
私は病院などの待合室でテレビがついてるのが嫌いで、そういうときにも音を遮ることができる愛用のイヤホンは最適です。

周りの人の声を消すイヤホン。SHURE SE535LTD-A・SONY WF-1000XM3 | EX-IT

世間知らずとなるデメリットはありますが、そのぶん他のものからインプットしていますので、偏りはしますが自分で選んだインプットができます。
むしろ、偏りは武器であり、偏らないととがりません。

知らない芸能人、お笑い芸人が増えるのもかまいません。
だらだらと見なくてすむのは、メリットといえるでしょう 。

テレビの会話についていけないことは、それほどデメリットに感じていません。
それで仕事を失ったり、付き合いを失ってるかもしれませんが、まあしかたがないことです。
会話についていくためにテレビを見るということはやりたくありませんので。
この部分については完全に割り切りました。

父はテレビ局に勤めていて、そのおかげで私は成長して今に至るわけですが、それに対する感謝とテレビを見ないということはまた別物です 。
何かに縛られるのではなく、「それはそれ、これはこれ」というのもは欠かせないかなと。

テレビからの情報源を断つことにより、他の情報、インプットに時間を割けます。
自分の仕事=アウトプットにつながるインプットと考えると、ネット、本、セミナーなどからのインプットが向いているかなと。
なお、ネットでも一般的なニュースサイトは見ません。

薄くまんべんないインプットよりも、濃く自分だけのインプットを心がけています。
自分が知らないことがあると、そのぶん自分だけが知っていることをインプットしているともいえるでしょう。

テレビの投資関しても十分ペイできています。
私のテレビの使い道は、映画、ゲーム、海外サッカー。
ほぼ毎日使っています。

限られた時間で楽しむのであれば大きくきれいな画面で楽しみたいものです。
今のテレビは4K HDR に対応しているので、PS4 Pro や Xbox One Xの性能を最大限に発揮できます。
(今年発売のPS5、Xbox SeriesXは、8K対応とのことで、動向を追っているところです)

Xbox One XがPS4Pro・Switchより優れていること。4K・HDR・ドルビーアトモス・独占タイトル・下位互換性・4KUHD | EX-IT

PS4を買うんだったら、4KTVとセットで、PS4Proのほうがおすすめです。
(4Kディスプレイでもいいのですが、HDR対応が意外となく)
Ps4 Proか4KTV+HDRか。PS4Pro・PS4、4KTV・2KTVの比較 | EX-IT

なおNintendo Switchは4Kではなく HD なので、テレビに映すと、逆にアラが見えます。
私は携帯モード専用で使っています。
おとなの高性能な携帯ゲーム機としてのNintendo Switch | EX-IT

また、4KUHDや4K配信にも対応しているので、映画も最大限に楽しむことができるのです。
ネット動画をTVで楽しむならApple TV 4Kがおすすめ | EX-IT
(4KUHD用のプレーヤーが必要です。PS4Proは対応してなくXbox One Xを使っています)
ゲームはともかく映画は家族とも楽しんでいます。

2歳の娘にも以前はテレビで YouTube やナスネ録画のアンパンマンを見せていましたが、テレビだけ見すぎてしまうので、タブレットや寝室のテレビに切り替えました。

オリンピックは見ないのかと思われるかもしれませんが、例年オリンピックにはそれほど興味がないので見ないでしょうし、見るのなら nasne で録画して、今のテレビで見ることもできます 。

テレビを見ないとメリットもありますが、テレビを見ないメリットもあるものです。
だらだらなんとなく見てしまうことで時間を使ってしまいことがなくなりますし、余計な情報を耳や目に入れないということもできます。
(まあゲームや動画も時間を使ってしまいますが)。
人が1日にインプットできる量というのは限られていると私は思っていますので、なんとなくのインプットや自分が必要としないインプットはしない主義です。

もし時間をつくりたい、インプットを増やしたいという方は、テレビを試しにやめてめてみてはいかがでしょうか。

(ゲームもやりすぎに注意ですが)

 



■編集後記

昨日は予定を入れない日。
メールコンサルティングや顧問のお客様の仕事、HPの改善等、集中していろいろとできました。

 

「1日1新」
Leica SF60
Leica SF C1
PS4 ドラゴンボールZ KAKAROT

■娘(2歳)日記

保育園で仲がいい子と一緒に帰りたがります。
帰りに待っていることも。
ただ、喜び余ってひとりで走ってしまうので、一緒に帰っている意味がそれほどなく……。
わかれるときは、「いやだー」と叫び、その子のママから「あら、〇ちゃんもそんなとこあるのね」と。
外ではいい子です。誰に似たのやら……。