Switchがすぐそばにあっても、自宅で仕事に集中できる理由

自宅だと誘惑があって仕事に集中できないという悩みがあるかもしれません。
私の場合はゲーム機がそばにあっても集中できるようになりました。
その理由を挙げてみます。

 

平日日中はゲームをやらないと決めているから

まず自分の中で、「平日日中はゲームをやらない」と決めています。
ゲームをやってしまうと、当然仕事が進まないからです。
例外として新作ゲームが届いたときは最大1時間やっていいことにしています。
それ以外はやりません。

ルールを決めてそれを守るなんて難しいと思われるかもしれませんが、独立後はそういうことだらけです。
自宅で仕事をする以上、遊びと仕事を完全に分離することはできません。

部屋を完全に分ける方法もあるでしょうが、やろうと思えばその部屋にSwitchを持ち込むこともできます。
ゲーム機でなくても、タブレットやスマホでゲームをすることもできますし、漫画を読むこともできますし、パソコンの中で遊ぶことなんていくらでもできるものです。

完全に仕事と遊びを完全に分けることは無理だと早々にあきらめて、自分の中のルールで制御するしかありません。
もちろん最初のうちはなかなかできることではありませんので、どうしても駄目だというときは1時間遊んで1時間仕事をするというのも方法もおすすめです。

または午後は遊んでいいとするのも手でしょう。
独立後自宅で仕事をする場合に、みっちり9時から17時まで仕事にしなければいけないわけではありません。
仕事と遊びをうまく融合して、やると決めたことはちゃんと終われば、いくら遊んでもいいわけです。

今日やるべき仕事を計画しているから

今日やるべき仕事を朝のうちに計画しています。
いわゆるタスク管理です。
Excelにやる仕事=タスクを入れ、時間を見積もり、そのすべてが16時には終わるように計画しています。

現段階で少しおしていて、16時17分終了予定ではありますが。

今日は21日なので Vジャンプの発注というのもやっています。
『ドラゴンボール超』を読んでいるので。

この計画がある以上、ゲームをしていたら、計画通り進まないわけです。
また、ブログを書いている間にゲームをしてしまうと、ブログにかかった時間というのがわからなくなります。
この仕事の計画をやり始めたのは独立してからではあるのですが、集中して仕事をするのに欠かせないものです。

もしゲームをするならこの計画に含めるという方法もあるでしょう。
私は、日中(〜17時)の計画をし、あとは自由という形にしています。

ゲームと同じくらい仕事が楽しいから

もし仕事よりゲームその他の遊びにを優先してしまうのであれば、遊び>仕事という関係性だからです。
私の場合遊び=仕事という位置づけで、遊びであるゲームと同じぐらい仕事が楽しいものではあります。
早朝から日中に仕事をして、夕方・夜はゲーム・遊びという区分けにしているに過ぎません。

独立当初、そしてしばらく決してそうとはいい切れませんでした。
憂鬱な仕事もあり、ついゲームに逃げてしまいたいこともあるあったのです。
今は楽しい仕事しかしていませんし、楽しい(楽しいであろう)仕事だけしか受けていません。

仕事に集中できない理由の1つは、その仕事が
・楽しくない
・めんどくさい
・本当はやりたくない
ということもあります。
どんな仕事をするかを考え、どんな仕事の依頼を受けるかということを常に意識しておくことが、仕事の集中にもつながるわけです。

集中すれば、どんな場所でも仕事はできます。
(とはいえ、自分の好まない音があるところはダメですが)
集中しなければ、どんなにいい場所でも仕事はできません。

やらされ仕事ではなく、どんな仕事をするかを選べるのも独立後のメリットであり、独立後に自宅で集中できる理由でもあります。
自分でルールを決めつつ、仕事を計画しつつ、集中できるような楽しい仕事の依頼を受けるようにしていきましょう 。

自分が仕事を楽しめるというのは、お客様にとっても好ましいことです。
私がもしこのブログを嫌々やっていて、「本当はゲームやりたいのにしかたなくやっている」というスタンスだったら、いい気持ちはしないでしょう。

そういう意味でも、仕事を楽しめるということは欠かせないものです。
集中もできますし。
集中できないときは、その仕事を疑いましょう。

なお、ゲームは、今、
・Switch スーパーロボット大戦V (PSVITAでプレイ済み。ひさしぶりにやりたくなり)
・Switch 天穂のサクナヒメ(米作りが楽しい。実際にやった経験が地味に役に立ち)
・Xbox Series X FIFA21、デビルメイクライ5SE、HALOなど(GAME PASSというサブスクリプションも秀逸)
をやっています。

 



■編集後記
毎月20日は、月刊のカメラ雑誌が一斉に発売されるので、楽しみです。
KindleUnlimitedやdマガジンで読めるのもうれしいもの。
もう1冊は、内容が気になるなら買っています。
2020年7月にアサヒカメラという雑誌が休刊になったのは残念です。

「1日1新」
Xbox Series X コードベイン
Switch→SwitchLite データ移行

■娘(3歳9ヶ月)日記
最近、自分を「おかあさん」、ママを「おねえちゃん」、パパを「おとうさん」と呼ぶごっこが流行っています。
パパだけあんまり変わらないのですが。
「おかあさん」は忙しいらしく、いろいろやっています。
「いそがしくて遊べないのよー」と。
夜は、「もう○ちゃんに戻った。遊べるよ」と。
おかあさんは忙しいというイメージのようです。
おとうさんは……。