Macを使うときに必ずしもAppleのソフトにこだわる必要はありません。
私はMacでAppleのソフトをほとんど使わなくなりました。

※MacBook Air(2020モデル) by Leica M10

AppleのMacでAppleのソフトを使わなくなった理由

MacはAppleのパソコンですので、Appleのソフトが最初から入っています。
だからといってAppleのソフトを使わなければいけないというわけではなく、Appleのソフトが劇的に使いやすいというわけでもありません。

ちょっと前は、「Appleのソフトが優れている」という部分もありましたが、今はそうでもありませんし、Macでしか使えないソフトを使っていると困ることもあるのです。

私はWindowsとMacのパソコンを使っており、スマホもiPhone(iOS)とAndroidを使い分けていたりしていることもあり、MacだけやiPhoneだけで使えるというソフトを使わなくなりました。
そうしておくと、WindowsとiPhoneを使う場合にも、MacとAndroidを使う場合にも役立ちますし、ハード(パソコンやスマホ)の選択の幅が広がるのでおすすめです。

たとえば昨日届いたMacBook Air(2020)では次のようなソフトを使っています。

MacBook Air(2020)に入れたソフト

ブラウザ

AppleのSafariではなくChrome。
スピードはそれほど違わないのですが、GoogleのChromeは、WindowsでもMacでも使えますし、ブックマークやChromeアプリを同期することもできます。
また、Chromeのブックマークツールバーはアイコンだけを表示することができるので便利です。
スクリーンショット 2020 03 23 11 16 12Safariだとこんな感じになってしまいますので。
UntitledImage

メールソフト

AppleのメールではなくGmail。
「メール」アプリは検索や迷惑メールフィルターが弱いような気もしますし、処理もちょっと重いかなと感じるので、どの端末でも使えるGmailを愛用しています。

資料作成

AppleのNumbers、Pages、Keynoteではなく、MicrosoftのExcel、Word、パワポ(PowerPoint)。

MicrosoftのMacだと、使い勝手がちょっと違いますが、MacとWindowsで、データを共有できるのが便利だからです。
以前はプレゼンテーションソフトならAppleのkeynoteが、Microsoftのパワポを操作・効果の面で、はるかに上回っていましたが、パワポも進化してきて遜色なくなってきています。

進化といえば、Windows10も使いやすくなってきました。

データ保存

AppleのiCloud DriveではなくDropbox。
クラウドにデータを保存するサービスは、Dropboxを使っています。
同期(連動)のスピードが速いということもありますし、その他、リンク設定、共有などの機能も使いやすいからです。
Dropboxは有料で契約しています。

メモ

AppleのメモではなくEvernote。
Evernoteのほうが整理しやすいですし、機能も多いので、これも有料で使っています。
4/11 Evernote入門セミナー【オンライン】 | EX-IT

ビデオ通話

AppleのFaceTimeではなくZoom、LINE。
ビデオ通話をするのであれば仕事関係はZoom、プライベートは、LINEを使うことが多いです。
これらは機種に関係なく使えます。
ネットで打ち合わせするならZoom | EX-IT

写真管理

Appleの写真アプリではなくGoogleフォト、Amazon Photos。
Appleの写真アプリを使っていると、他の機種を使うときに写真管理が大変です。
Windowsでも写真アプリを使えなくはありませんが使いやすいとはいえず、仮に使えたとしてもAndroidで写真が使えないと困ります。
どの端末でも使えるGoogleのサービス、Googleフォトをメインにし、バックアップ用にAmazonPhotosを使うようになりました。
写真の保管は、GoogleフォトとAmazon Photos の二刀流 | EX-IT

Googleフォトは、検索機能(画像認識して探す)も優れています。

写真加工

Appleの写真アプリではなくAdobeのPhotoshop。
Appleの写真アプリでも編集できますが、Adobeのサービスを有料で使い、Photoshopで編集しています。
さらに多彩なことができるからです。
AdobeだとWindowsでもMacでも使えますし。
(2台まで使えます)
写真編集ソフトPhotoshopで、できること・できないこと | EX-IT
Adobe Creative Cloud(Photoshop・illustrator)を年間3万円払って使い続けるメリット | EX-IT

動画編集

AppleのiMovieではなく、AdobeのPremierePro。
iMovieでも編集できますし、使いやすい部分もあるのですが、より細かいことができるPremiereProを私は使っています。

音楽

AppleのAppleMusicではなくGooglePlayMusic。
音楽をストリーミングで聞くために契約してるのは、GooglePlayMusicです。
今まで持っていたCDなどからの音源もGooglePlayMusicだとストリーミングで聞くことができます。
AppleMusicでもその機能はあるのですが、連動のエラーもあり、遅い場合もあるので私は切り替えました。
GooglePlayMusicはYouTube Premiumに含まれているのでお得だという理由もあります。

YouTube Premiumだと広告が入りません。

スクリーンショット

Appleの標準ショートカットキーではなくLightShot。
Macだと標準機能でスクリーンショット機能がありますが、Windowsでも使っているLightShotのほうが注釈をつけやすいのでMacでも使っています。
Lightshotで、スクリーンショット(パソコンの画面を撮る) | EX-IT

PDF加工

Appleのプレビューではなく、AdobeのAcrobatPro。
プレビューはPDFを加工したり編集したり、複数のPDFを1つにしたりと便利なのですが、今はAdobeをすべて年間契約しているのでその中で使えるAcrobatProを使っています。
複数のPDFファイルを無料で結合する方法[Windows・Mac両対応] | EX-IT

音声認識入力

Appleの音声認識ではなくGoogleの音声認識。
Macでも音声認識入力はできますが、Googleのほうが認識精度は高いので、MacでGoogleドキュメントを使って音声認識入力をしています。
(今、このブログもそうやって書いています)

音声認識入力の結果の補正を、Googleのプログラムでやっているというのも、その理由の1つです。
GAS正規表現置換で、Googleドキュメント音声認識入力のデメリットを補う方法 | EX-IT

カレンダー

AppleのカレンダーではなくGoogleカレンダー。
Macにも標準でカレンダーが付いていますがそれほど使いやすいわけでもなく、Googleカレンダーを使っています。
どの端末でも使えるからです。

Mac専用のMocaというカレンダーアプリが超絶使いやすいので、Macではこちらを使っています。
Screenshot at Mar 23 11 05 32
iPhoneでも愛用しているアプリです。
時刻付きの月表示がみやすい!Mac&iPhoneアプリの「月特化カレンダーMoca」 | EX-IT

WindowsやAndroidでは決め手になるカレンダーアプリがなく、WindowsではGoogleカレンダーをブラウザで使い、Androidでは標準のカレンダーを使っています。

文字入力

Appleの入力ソフトではなくGoogle日本語入力。
Macに標準でついている入力ソフトは、私には合わず、Google日本語入力を使っています。
変換の精度はそれほど変わらないのですが、Google日本語入力は、次のように設定すると、F10キーで、日本語入力のままアルファベットに変換しやすいのからです。
(Mac標準だと、F10では全て小文字になるので)

スクリーンショット 2020 03 23 10 09 53

単語登録は使わず、PhaseExpressを使っています。
MacのPhaseExpressも使いやすくなり、Dropboxでデータ同期もできるのが便利です。
「!o」で「おはようございます」 スニペットツール(Dash・PhraseExpress)の登録パターン | EX-IT

 

試しにMacを使うなら、Appleに頼らないのがおすすめ。

Appleのソフトを使わなくてMacを使う意味があるのかと思われたかもしれませんが、Macは、
・画面、フォントがきれい。
・デザインがいい(気に入っている。Windowsは赤のVAIO、Macは金で、シャア・クワトロを実現)。
・トラックパッドが使いやすい。
・改善されたキーボードが使いやすく、静かになった(2020年3月末現在のMacBookPro16インチやMacBook Airは、キーボードが改善されています)。
・Windowsとの違いを楽しめる。
などといったメリットがあります。

一度使ってみたいなと思う方は、ぜひ使ってみていただければ。

なお、私はWindowsでもMicrosoft特有のソフトをそれほど使っていません。
WindowsでもMacでも使えるソフトが結果的に使いやすかったというだけです。
Google、Evernote、Dropboxだとどちらでも使えますので。

試しにMacを使ってみようという方ほど、Appleのソフトに頼らず、WindowsでもMacでも使えるようなソフトを使うのがオススメです。
そうすれば、Windows→Mac、Mac→Windowsも楽にできます。



■編集後記
ヨドバシカメラで注文していたMacBookAirが届きました。
予定より早く届いて感激です。

1日1新
MacBookAir2020
Aiperソーラーチャージャー

■娘(3歳)日記
昨日は公園へ。
「あ、パパ、忘れ物しちゃった、カメラのカード。取りに帰ろうよ」というと、「えー、それでいいじゃん」とスマホを指さしました。
か、かしこい……。
デジカメのほうがいい写真撮れるのに…。
結局、他の理由もつけて、一緒に戻っていただけました。