・【執筆】経理初心者のための「簿記アレルギー」克服術

書籍の際にもお世話になった日本実業出版社様の『企業実務』に執筆させていただきました。
テーマは経理初心者のための「簿記アレルギー」克服術です。
※『企業実務』は書店売りされてない定期購読誌です。
EX-IT
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・【執筆】経理初心者のための「簿記アレルギー」克服術
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
執筆の趣旨
お声をかけていただいたきっかけは、2010年3月、4月に当事務所で開催した「簿記アレルギーを克服する勉強会」でした。
編集者の方が、その記事を見て、企画してくださったのです。
私自身、簿記アレルギーでした。
まったく理解が出来ず、簿記検定を受けるもさんざんな成績で、苦手意識を持っていたのです。
簿記3級→不合格、簿記2級→合格、簿記1級→不合格で、数年後に受験した税理士試験の簿記論は、幸運にも合格したという状況でした。
簿記論に合格した時点でも、苦手意識がまだまだあったのも事実です。
その苦手意識が変わったのは、実務を経験してからでした。
(簿記論受験後、はじめて税理士事務所に勤めました)


簿記アレルギーの克服

私が簿記アレルギーを解消したのは、次の3つのおかげです。
・実務で簿記がどのように使われているかが分かった。経営上の意思決定に使われる重要なものだと認識できた。
・PC(会計ソフト、Excelなど)を活用して、創意工夫をしながら、簿記を使った仕事ができることを知った。
・完璧にミスなく行わなければいけない簿記だが、実務上の力の抜きどころが分かった
学問としての簿記はあまり好きになれませんでしたが、実務上の簿記は、好きになれたという感じです。
今でも簿記だけ、つまり会計データの入力だけだと、あまり好きではなく得意ではありません。
データを入力し終わってからが、重要かつ、面白いところだと考えています。
正確にいうと、簿記アレルギーを克服したわけではなく、視点を変えただけかもしれません。
視点を変えて仕事をこなした結果、簿記アレルギーも自然と解消した気がします。
今回の記事では、私自身の経験を踏まえつつ、簿記アレルギーを克服して経理という仕事にどう取り組むべきかについて、書いてみました。
○その他の執筆
『月刊経理ウーマン』 税理士のひとりごと
『税務弘報』 税理士ブロガーが教えます!ほんとうに使えるIT処方箋
毎月連載中です。
=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
中耳炎でしばらく行けませんでしたが、昨日、仕事の後、久しぶりにテニススクールに行ってきました。
7月からようやく1つ上のクラスに上がっています。
といっても初心者クラス→初級クラスですが(^_^;)




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###