上司には内緒!新入社員が入社1年目に身につけたいExcelスキル

この春、入社した方のために、仕事でExcelをどう使えばいいか、何を覚えればいいかをまとめてみました。

入社 Excel

Excelに関しては、前例や上司を信じない

私が1997年に就職したとき、目の前のPCで、Excelをはじめて使いました。
今は、学生の頃にPC、Excelを使うことも珍しくなく、「はじめて使う」という方は少ないかもしれません。
(私のセミナーにも、「就職前にExcelを勉強したい」という方が増えています)

それでも、「仕事でExcelを使う」のははじめてという方も多いはずです。

世の中で、Excelが普通に使われていますが、そうそう効率的には使われていません。
もし効率的に使われているなら、Excel本やセミナーのニーズはないはずです。

入社したばかりで、いろいろと教えてもらう立場ではあるのですが、Excelに関しては、前例や上司を信じないようにしましょう。
まっとうなExcelスキルではなく、その上司の好みだったりします。

ただ、指示や教えには素直に従うべきです。
今後改善していく必要があるにしても、最初は、これまでどおりのやり方をまず学びましょう。

並行して、「Excelスキル」を磨きます。
今後仕事をしていく上で必要なスキルの1つです。
仕事をしながら仕事の中で覚えると同時に、スキルとして学んでおくと、異動、転職、起業といった変化のときにも対応できます。

Excelファイルのしくみをまず把握

まずは、既存のExcelファイルのしくみを把握します。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


最終的に何をしたいかを把握

Excelファイルには、必ず目的があります。
最終的に何をしたいかを、しっかり把握すべきです。

誰が必要としていて、何のために作っているのか、いつ必要なのかを、質問したり聞いたりしながら、ちょっとずつまとめていきます。
これが分からないと改善できないからです。

数式をチェック

セルに入力されているのが、数値なのか文字なのか、数式なのかをチェックしましょう。

簡単にやるならば、セルにカーソルをおいて、数式が表示されるかどうかをチェックできます。
スクリーンショット 2015 04 06 10 32 17

Ctrl+Shift+@を押すと、数式が表示されますので、チェックしてみましょう。
一時的にセルの幅が広がりますが、もう一度、Ctrl+Shift+@を押せば戻りますので、あわてないようにしてください。
スクリーンショット 2015 04 06 10 31 21

リボン(上部のメニュー)の[数式]タブから、[参照元のトレース]を選ぶと、数式で使っているセルが矢印でわかり、
スクリーンショット 2015 04 06 10 31 44

[参照先のトレース]をクリックすると、数式で使われているかどうかがわかります。
数式で使われているなら、そのセルを変えると影響があるということです。
スクリーンショット 2015 04 06 10 32 03

数式が入ってなく、同じ数字を二度入力しているなら、数式で効率化できます。
今後の改善点の1つです。

ファイル、シートの構造

どういったファイルを作っていて、どういったシートを作っているかを把握しましょう。
後述しますが、このファイル、シートの作り方でExcelの効率化が決まります。

地道にトレーニングすべき7つのExcelスキル

仕事をしつつ、地道にトレーニングすべきなのは、次の7つのスキルです。

■スポンサードリンク

1 タッチタイピング

なんといってもタッチタイピング。
すでに身につけている方もいらっしゃるかもしれませんが、必須であり、他のソフトでも使えるので効果が高いです。
【関連記事】PC苦手を克服したいけど、何から手をつけたらいいかわからない方へ。優先すべき3つのスキル | EX-IT
リンク

キーボードを見ずに打つようにしましょう。
今は多少遅くなっても、今後の仕事人生で大きな差が付きます。

私が就職したときに、「タッチタイピングをやろう!」とキーボードを見ずにたどたどしくやっていたら、先輩から、「(キーボードは)見て打っていいんだよ」と言われました。
(ワープロは持っていて使っていましたが、覚えていたのはかな入力。プログラミングの仕事もあったため、ローマ字入力に入社してから切り替えたところでした)

そのときは、「はい」と答えましたが、先輩がいなくなったら無視して、またキーボードを見ずにトレーニング。
結果的に、2ヶ月ほどで、タイピングが速くなりました。
このとき無視していなかったら、今の私はなかったと思います。
会社員人生、「一見従うけど、内面では牙を研ぐ」スタンスは重要です。
上を目指すのであれば、会社、上司、先輩といった壁を遅かれ早かれ乗り越えなければいけません。

2 ショートカットキー

タッチタイピングと並行して、ショートカットキーを覚えます。

これも、「マウスを使うと便利だよ」といわれるかもしれませんが、こっそり身につけましょう。
【関連記事】ショートカットキーを使うのは、体を使ってPCを操作し、頭を温存するため | EX-IT
リンク

【関連記事】単純作業で役に立つExcelテクニック10 | EX-IT
リンク

3 ファイル、シートを減らす

前述したように、ファイルやシートの使い方は大事です。
迷ったら、次のことをやってみてください。
・ファイルを可能な限り減らせないか考える
・シートを可能な限り減らせないか考える
・データを1枚のシートに、縦に長くできないか考える

この理由は、VLOOKUP関数、グラフ、ピボットテーブル、テーブルといったスキルを学ぶとわかります。
Excelはファイルやシートにまたがる処理が苦手なのです。
複数のシートを1つに、複数のファイルからデータを持ってくるのを効率化するにはマクロしかありません。
マクロを覚えるのも大事ですが、マクロを使わなくて済むように効率的にファイルやシートを作ることも大事です。
【関連記事】【Excel入門】ファイルの作り方で効率が大幅に変わる。データは1ヶ所に蓄積しましょう。 | EX-IT
リンク

Excelで効率アップ!カテゴリの記事一覧

4 グラフ

「グラフなんて使わない」
「グラフのセンスなんてない」
と思われるかもしれませんが、グラフはExcelを学ぶのに最適な機能です。

まず、表を作り、それをグラフにするというしくみは、Excel全体に通じます。
・データから、使うもののみを抽出する
・データから表を作る
・表から使うものデータのみを抽出する
など、2ステップで考えるとExcelで効率よく処理できます。

見た目にもわかりやすく、資料作りにも最適ですし、自分でチェックする場合にも役立つのがグラフです。
【関連記事】[Excel入門]グラフを作るときは、数字→グラフの順 | EX-IT
リンク

5 VLOOKUP関数

必要なデータを連動できるVLOOKUP関数。
売上システム、顧客管理システム、請求書システムなどから取り出したデータを連動させる場合にも役立ちます。
入力をしなくても、効率的に資料を作れるのです。

Excel VLOOKUP関数 カテゴリの記事一覧

6 ピボットテーブル

データを表に変えて、自由に変更できるピボットテーブル。
これを知っているか知らないかで大きく効率が変わります。

Excelピボットテーブル カテゴリの記事一覧

7 マクロ

卑怯!といわれるくらい劇的に効率化するマクロ。
瞬時に大量のデータを処理できますので、上司の想像を超える効率化ができ、残業をなくし仕事中の時間を確保できるスキルです。

「Excelを極めてからマクロ」という位置づけではありません。
Excelと並行して学ぶと相乗効果も大きいです。
特に、マクロで何ができるかを知っておくと、Excelで無駄なことをしないようになります。
早い内から手につけましょう。

入社して1年目にマクロを覚えた(独学)ため、今の私があるといえます。
浮いた時間は、ExcelやPCの勉強にあてることができますし、仕事の改善もできました。
税理士試験に合格することもできなかったかもしれません。

「仕事の改善をしている」というと、「そんなことよりも(目の前の)これをやれ」といわれるのが落ちです。
目の前の仕事だけやっていると、いつまでたっても終わらないという悪循環に陥ります。

プログラミングの考え方は、今後に大きく役立つので、その意味でもおすすめです。
【関連記事】プログラミングを学ぶ効果。身近なVBA(Excelマクロ)やHTMLから学んでみよう | EX-IT
リンク

Excelマクロで効率化 カテゴリの記事一覧

本でもこれらのスキルについては書いています。
2010年の本ですが、基本は変わりません。
(今、Excel本は執筆中です)





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日は、前日のデュアスロンのダメージが意外とあり、スロースタート。
夕方からは、書店巡りと新刊の原稿チェックと、雑誌原稿の執筆をみっちりやりました。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

新宿 小田急地下ドトール(広くて快適)
ドトール マンゴーヨーグルト




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』