税理士業務でのiPhone活用事例13+1(電卓)

「iPhone 税理士」や「税理士 iPhone」での検索が増えています。
税理士業務でiPhoneをどのように使っているかをまとめてみました。
DSC03069

基本はノートPC

iPhoneは便利ではあるのですが、欠点もあります。

・画面が小さい(ノートPCに比べれば)
・入力スピードがどうしても遅くなる(フリック入力がそこそこ速いとしても)

そのため、外やお客様先で仕事するなら、ノートPCを使うのが原則です。

効率やサービスを考えると、「大きい、重い」というのは乗り越える価値があるデメリットといえます。

ノートPCを必ず持ち歩き、お客様との打ち合わせ時には必ず使い、iPhoneを無理には使いません。

これはPCの使い方、打ち合わせの仕方にもよります。
・数字や資料をその場で作る
・Excelで試算、シミュレートする
・必要なデータ、数字を見ていただく
といったことをやっていると、PCが必要です。

従来のように、レシートを預かって、税理士事務所で資料を作って、郵送又は持参して、紙で説明して・・・というのならノートPCはいりません。

税理士業務でiPhone(スマホ)活用!
税理士業務でiPad(タブレット)活用!
という考えもあるのでしょうが、スマホとタブレットはあくまで補助的な使い方をしています。

【関連記事】2.02kgのMacBookProRetinaを持ち運ぶ理由 | EX-IT
リンク


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


【関連記事】NORTH FACEのBACKPACK BITE SLIM。15インチMacBookPro Retinaを背負って走れるリュック | EX-IT
リンク

【関連記事】MacBookより1kg重いけど、仕事にはMacBookPro Retina15インチが断然おすすめ。 | EX-IT
リンク

電卓を持ってない税理士

iPhoneの使い道の1つは、電卓です。
ただし、それほど使いません。
試算するならPCのExcelを使うからです。

電卓を持っていないですし、持ち歩かないので、どうしても電卓を使うときには、iPhoneを使います。
本当にたまーにです。

電卓をばしばしたたいている方が仕事をしている感があるでしょうが、私は電卓のスピードも遅いですし、そこにはこだわっていません。

iPhoneの標準の電卓を使っています。
IMG 2654

MyScript Calculatorというアプリなら、手書きで書いて
IMG 2660

計算できるのでおもしろいです。
使うタイミングをうかがってはいるのですが、それほどその機会はありません。
実際に使う数字は、概算でいいことも多く、暗算ですむこともあります。
IMG 2661

MyScript Calculator - 手書き電卓

無料
(2015.06.10時点)
posted with ポチレバ

税理士業務での活用法

それでも税理士業務で使う場面も多いので、その活用方法をまとめてみました。

1 メモ

もっとも使うのはメモをとることです。
一昔前は、メモをするにもそのメモが見当たらなくなったりすることもあり、思いついたことをさっとメモできなくて結局忘れてしまうこともありました。

いつでもどこでも、お客様関係のメモ、タスクを思いついたら即メモるようにしています。
メモした内容はPCのEvernoteと連動していますので、翌朝必ず整理する流れです。

今使っているアプリは、Postever2。
ちょっと高いのですが、iPhone 6 Plusにしてからはこのアプリにしています。
それまではFasteverだったのですが、iPhone 6 Plusの片手持ちだと[メモの保存(送信)]ボタンに指が届かず、指が届くPostEver2に変えました。

【関連記事】大きく、アプリが完全対応していないiPhone 6 Plusで使うようになったアプリ。PostEver2・Safari・メール | EX-IT
リンク

2 ノートPCをネットにつなぐ

常にネットにつながっている(通信できる)iPhoneと違って、ノートPCは「つながなければいけない」ものです。
そのつなぐ手段として、iPhoneを活用しています。

テザリングを使って、PCをネットにつないでいるのです。
今は定額のSIM(月1,980円+税)を使っているので、気兼ねなく使えています。
【関連記事】制限なしで月1,980円+税!【日本通信 b-mobile SIM高速定額】レビュー。実際は定額だけど高速ではない。 | EX-IT
リンク

ルーターも必要ありませんし、7GB制限に気を使うこともありません。
速度も高速とはいえなくても十分許容範囲です。
【関連記事】7GB制限はこわくない!au iPhone 5sのテザリングで7GBをこえないようにする工夫 | EX-IT
リンク

3 メモを見る

とったメモを見るのもPCがメインですが、打ち合わせのちょっと前にiPhoneで再度見ることもあります。
一昔前は、とったメモを持ち歩いてなく、見ることができないこともありました。

使っているのは、Clever。
Evernoteのメモを見ることができるアプリです。

純正のEvernoteアプリだと起動や検索にちょっと時間がかかるので、このCleverを愛用しています。

4 乗り換え案内

打ち合わせ場所、お客様先に向かうために、乗り換え案内は必須です。
(電車移動の場合)
一昔前は、事前にPCで調べてプリントアウトする必要がありました。

Googleマップを使っています。

Google Maps

無料
(2015.06.10時点)
posted with ポチレバ

5 地図

Googleマップは地図としても使っています。
一昔前は、プリントアウトして行く必要がありました。

また、打ち合わせ場所近くでカフェを探す場合にも便利です。

10分以上時間があれば、カフェに入るようにしているので、はじめていくところではよく使います。

6 メール

連絡用のメール。
一昔前は、「税理士事務所に戻らないと、連絡がつかない、連絡があったことがわからない」という状況でした。
固定電話にご連絡いただき、「○○社長から連絡がありました」ということを伝言する時代も。。。

アプリは、Inboxを使っています。
PCではGmailを使っていますが、iPhone版のInboxは、きれいで使いやすいので最近使い始めました。

7 050 Plus

ほとんど使いませんが、電話アプリも入れています。
一昔前なら、打ち合わせ中にも電話がかかってきて落ち着きませんでした。

SIMの関係上、電話(090や080の番号)を持っていません。

電話をほとんど使うこともなく、メールでのやりとりがメインですので、特に不便はないです。
050plusというアプリを入れて、一応電話できるようにはしています。

なお、FacebookやLINEは仕事には使わない主義です。
プライベート用にしています。

8 写真メモ

ささっとコピーがわりに使う写真メモ。
一昔前なら、コピーをお願いしたり、持ち帰る必要がありました。

アプリは、Evernoteと連携するFasteverスナップやScannableを使います。
書類をきれいにとるならScananableです。

Evernote Scannable

無料
(2015.06.10時点)
posted with ポチレバ

9 情報検索

ちょっとした調べものや確認をiPhoneでやることもあります。
一昔前なら、本を持ち歩く必要があり、もし持ってなければその場で答えを出せないこともありました。

今は膨大なデータベースを持ち歩いているのと同じです。
Safariで検索すれば、情報を引き出せます。
税法のアプリも出ていますが、必要性を感じません。

10 知識のインプット

移動時やスキマ時間を有効に使うには、ノートPCが有効ですが、いつでも使えるわけではありません。
いつでも使えるのはiPhone。
スキマ時間には、iPhoneのKinldeで読書をして、知識のインプットに努めます。
一昔前だと、移動時間にできることは限られていました。
今でも本を数冊持ち歩いてはいますが、その本を読み終わったら読む本がなくなります。
Kindleはそんなときにも便利です。

【関連記事】スキマ時間にスマホでKindle。重さゼロ・厚さゼロ・片手で読めるメリットを活かそう | EX-IT
リンク

ただし、そのスキマ時間にゲームやFacebook、Lineで遊ばないように気をつけなければいけません。

11 資料を見る

お客様の資料を確認する場合、ノートPCを使いますが、いざというときはiPhoneでも確認できます。
一昔前なら、「(税理士)事務所に戻ってから確認します」「外なので、戻ったらFAXします!」ということがありました。

Dropboxを使えば、資料の確認も可能です。
もちろんセキュリティ面には重々気をつける必要があります。
紙も本来セキュリティに気をつけるべきものですし、100%安全なものではありません。

【関連記事】ひとりでも1台のPCでもDropboxを使い続けるメリット&よくある質問 | EX-IT
リンク

12 スケジューリング

お客様とのスケジュール調整は、iPhoneのカレンダーでやることが多いです。
PCで打ち合わせ時にはPCを使います。

一昔前は、「スケジュール帳をみてから・・」ということが多かったり、うろ覚えでスケジューリングし、スケジュールがパッティングすることもありました。

アプリは、Mocaを使っています。
【関連記事】時刻付きの月表示がみやすい!Mac&iPhoneアプリの「月特化カレンダーMoca」 | EX-IT
リンク

13 「iPhoneを使っていること」

税理士におけるiPhone活用法として、最後に挙げるのは、「iPhoneを使っていること」自体です。
新しいもの、ITを使うことにより、お客様においつかなければいけません。
そして、最新のテクノロジーを体験することにより、ITスキルを磨くことができます。

お客様側で、ITやシステムを使うことが普通のことになっていますし、理解できていないとサービスが行き届かないケースもあるでしょう。
さらに新しいものが出てきてITが進化することにより、税務や経理上も、新たな課題が増えてきています。
そういったものにも対応しつつ、何よりも、情報提供、ネタ提供することも大事です。
PCやITに関するご質問も多いので、日々精進します。

(新しいものに手を出す大義名分にしているわけではありません・・・)





【編集後記】

先日、二子玉川の蔦屋家電へ。
書店、カフェ、家電店の融合はアリだなぁと思いました。
当然のごとくスタバは満員でしたが。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

スタバフローズンドリンクメーカー
ハリナックス
昇降式テーブル

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』