毎月の数字を見ているのは、不安だから | 「ひとりしごと」で見ておきたい数字

独立以来欠かしていない習慣の1つは、「数字を見ること」です。
その数字を見ている理由、見ている数字についてまとめてみました。
DSC05901
※オフィスにて DSC-RX100M3

数字を見る理由

私が数字を見る理由は、「税理士として当然だから」。

・・・ではありません。

最も大きな理由は、「不安だから」です。

風が吹けば吹き飛ぶ、ひとりしごと。
風が吹かなくても吹き飛ぶ可能性もあります。

だからこそ、数字を見ていないと不安なのです。

・このままで大丈夫か
・お金が足りなくならないか
・仕事を選び続けていられるか、そんなこと言ってられないのか
・どのくらい売上を上げなくてすむか
・新しいものにどのくらい投資できるか
・今の時間の使い方でいいか
・新しいビジネスを立ち上げられるか
などなど不安はつきません。

「独立9年目で安定しているのでは?」
「もう大丈夫なのでは?」
「軌道に乗っているのでは?」
と思うことはできず、仮にそう言われたとしても、数字の裏付けがなければ怖くてしかたないのです。

だからこそ数字を見ていますし、見るなといわれても見ます。

数字を見るようになったきっかけ

数字を見るようになったのは、これまで4回あった、お金の危機の影響もあります。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

やばい・・ということが4回あったのです。

1回目は、公務員を辞めて、税理士受験に1年専念しようとしたとき。
収入ゼロで、1年間暮らせると思いつつも不安で、当時つけていた家計簿をより深く見るようになりました。

月に18万円ずつ使うと、1年後にはお金が足りなくなる計算。
当時家賃が65,000円だったので、食費3万、光熱費1万、その他3万くらいで、14万円くらいにおさえつつ、減っていく残高を見ていました。

2回目は、税理士事務所を辞めて、再度、税理士受験に専念したとき。
試験が終わっても転職(社会復帰)が決まらず、焦るし残高は減るし・・で、このときに、さらに数字を見るようになりました。
残高30万円をきるかきらないかで、再就職が決まったのでなんとか生き残っています。

3回目は、独立後。
独立時には100万円くらいしかなく、借入もしましたが、残高は目減りしたのです。
売上もないくせに「このくらいは必要だろう」と無駄にお金を使っていました。

5ヶ月後に資金が尽きるな・・という不安と戦いつつ、独立後のお金の使い方を見直し、数字をより見るようにならざるを得なかったのです。
家計と事業の数字を両方見ることにも慣れてませんでした。

4回目は、独立3年目の年末、大口の仕事がなくなったとき。
計算すると、7ヶ月後に資金がなくなることがわかりました。
数字を見直し、
・システム利用料
・家賃
・仕事のとり方、スタンス
などを改善し、今に至る基礎ができました。

こういった危機があるたびに、数字の見方がかわってきています。
税理士として学んだことなんて机上の空論でした。
「数字を見る」といいますが、それは数字ではなくお金であり、お金が尽きたら食べていけなくなりますので、見ているのは、命そのものです。
(その数字の見方は、お客様にも提供しているものです)

私が毎月見ている数字

昨日は、9月1日。
8月分の数字を整理して見る日です。
経理は日々やっていますので、全体のチェック、預金の処理、Amazonの計上などをやります。
毎月見ているのは次のような数字です。

・お金

今、いくら持っているか。
これが第一です。
前月と比べて増えているか減っているか、去年と比べて増えているか減っているかも確認します。

このお金は、毎月だけではなく、毎日確認しています。
iPhoneアプリ「Moneytree」は、ネットバンクを登録しておけば、その都度残高を見ることができるものです。
クレジットカードも登録しておけば、カードでいくら使ったかもわかります。

【関連記事】iPhoneアプリ≪Moneytree》 レビュー
リンク

この場合の「お金」は事業(会社、個人事業)とプライベート双方です。
どちらかしか見ていないというのでは、ひとりしごとの場合、意味がありません。
両方とも自分自身だからです。

・利益

次は利益。
8月の売上と経費をチェックします。

この場合の売上と経費は、8月分です。
8月に売り上げて、9月に入ってくるものも含めます。
8月のセミナーで7月に入金があるものも、8月分です。
9月のコンサルティングで、8月に入金があるものは、9月分に入れています。
8月にカードで買って、9月に引き落とされるものは、8月分です。

出版、本は、発売日に売上としています。
入ってくるのは、出版社によってまちまちなのですが、完成し店頭に並んだ時点で仕事が完了したと考えるからです。

このようにしないと、正しく「8月分」の利益が出ません。
入金や支払いは、ずれるものだからです。
【関連記事】規模が小さいからこそ「○月分」の数字を把握しよう
リンク

売上と経費も前年と比べたり、今年の推移を見たりします。
8月分単月と、1月〜8月までの累計という単位で見ることも大事です。

私の場合、
・すべての業績(ビジネス、プライベート)
・ビジネス(個人事業)
・ビジネス(会社)
・プライベート(家計)
という単位でも数字を見ています。

売上(収入)だけ見ても意味がありません。
売上だけを上げるのは簡単だからです。
長時間働き、広告宣伝費を使い、どんな仕事でもやれば売上は上がります。
ただ、それを自分が望むのかどうかを考えなければいけません。

そのために、利益(売上ー経費)と時間を見なければいけないのです。
【関連記事】売上目標よりも時間目標。時間を考慮した売上をつくる。
リンク

・業績予測

業績の予測は、1月〜12月で見ています。
8月までの数字はあるので、9月〜12月を予測し、数字を入れて、どのくらいで2016年を終えるかを見るものです。

ざっくりとでも予測をしておくと、もうちょっとがんばるべきか、このままでいいかを判断できます。

・資金繰り

お金に関しては、どのくらい入ってきたか、どのくらい出て行ったかの資金繰りも大事です。
8月までの資金繰りと、今後1年くらいの資金繰りも見ています。

たとえば、こんな感じだと、お金はちょっと目減りするわけです。
なんらかの対策を練らなければいけません。
9月以降は、大きな支出や入金を加味して見ています。

EX IT

【関連記事】Excel資金繰り表&テンプレート。ひとりでビジネスするならなおさら必須。
リンク

・税金

気になるし、心理的な負担の大きい税金。
業績予測をすれば、税金がどのくらいかかるかがわかります。
会社は6月決算でこないだ払ったばかりですので、今は個人の税金を主に見ているところです。

・バランス

売上のバランスをグラフにしています。
(数字は架空です)
EX IT 1

収入の柱を複数もつことをおすすめいますし、自分自身も例外ではありません。
【関連記事】Excel円グラフの作り方。円グラフを見て売上のバランスをとる
リンク

・移動年計

移動年計とは、月ごとの売上が変動するときに有効な数字の見方です。
私の場合も、セミナー売上やコンサルティング売上は変動が大きく、出版売上は水物ですので、移動年計が欠かせません。

【関連記事】売上が変動・不安定なら見ておきたい数字【移動年計】とExcelテンプレート
リンク

がっつり稼げれば、数字なんて見なくてもかまいません。
ただ、そうでないのなら、不安があるのなら、数字を見てみましょう。

漠然とした不安の中、
・仕事をとり続ける
・働き続ける
・我慢し続ける
というのでは何も解決しません。

不安な人こそ、毎月の数字を見ましょう。
その不安はゼロにはなりませんが、限りなく減らすことはできます。

無駄遣いもありますし、数字を見ると心が痛いですけどね・・。





【編集後記】
最近、立ってブログを書くこともあります。
コワーキングスペースのテーブルがちょうどいい高さで、立ったまま仕事をやりやすいんです。
外国人の方がよくやっているので真似てみました。

自宅にもスタンディングデスクはあるんですけどね・・。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

渋谷 チャオタイ
田町 CRAFTMEAT
WithingsGo

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』